• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年06月20日 07:00

新型コロナ後の世界~「将棋」を通して俯瞰する!(5)

棋士九段・日本将棋連盟常任理事 森下 卓 氏

 「新型コロナウイルス」後の世界は一変し、先が見えない時代が到来するといわれる。しかし、先が見通せないからと言って、不安になってばかりいては、私たちは前に一歩も進むことができない。今後の羅針盤となる、何か良い知恵はないものだろうか。
森下卓・棋士九段・日本将棋連盟常任理事に話を聞いた。陪席は山川悟・東京富士大学教授(経営学部長)である。山川氏はマーケティング論が専門だが、一方で詰将棋作家としての顔をもつ。東京富士大学は正規科目として「将棋」を開講している。

「大局観」とは、極限まで磨き抜かれた「直感」

 ――将棋の世界では「大局観」(「先を見通す力」「俯瞰する力」)という言葉をよく聞きます。私たちが新型コロナ後の「不透明な時代」を生き抜くにあたって大切な言葉のような気がしています。

 森下 将棋を指すにあたって、「読み」の能力、すなわち「何手まで先を読めるか」はとても重要です。たとえば、10手先まで読めば、3の10乗で約6万通りになります。では、たくさん読めれば、それだけ強いかというとそうではありません。そのなかで、どの局面がいいのかを判断しなければなりません。この局面を評価する力を「大局観」と呼んでいます。大局観が優れていれば、それほど多くの局面を読む必要がなくなります。とくに将棋の序盤では「大局観」をもっているかどうかが勝敗を大きく左右します。言い換えると、「読み」が戦術、「大局観」が戦略ということになるのかも知れません。

 「大局観」は、極限まで磨き抜かれた「直感」ともいえます。すなわち、常に緊張感をもって、鍛錬に鍛錬を重ね、「負けたら後がない」真剣勝負をしていないと磨かれません。アマチュアで縁台将棋をいくらやっても、それだけでは強くなれない原因がここにあるのかも知れません。この真剣勝負をしていく過程でもっとも大事にしなければいけないのは、将棋でいえば「定跡」、一般的には「基本ロジック」ということになります。大局観があると、局面を「ぱっと見た瞬間に、ここは飛車を動かすしかない」ということが頭に浮かんできます。その直感はまず狂いません。しかし、その理由を他人に説明することは難しいのです。

「生命と経済」という一見相対立するものの、両立を考える

 ――最後に読者へのメッセージをお願いします。

 山川 今回の新型コロナが人類に投げた命題は「生命を守ること」と「経済の立て直し」という相対立すると思えるものの、両立です。これらが両立できないと、生きてもいけないし、楽しいことも、面白いことも生まれません。将棋の世界でも、デジタルな読みの能力と、戦略方針を言語化する能力を1人の人間が兼ね備えていなければいけません。詰将棋では論理性と芸術性という両方の要素を備えたものが評価されます。今後は学問の世界でも、理系、文系などお互いの専門領域の共通部分を探る動きが加速していくものと思えます。
今後、AIと人類との関係と同様、新型コロナ(新しい感染症)と人類とは、そのつきあい方のコンセプトがとても重要になっていくものと考えています。

今再び、本来的なものを大事にするチャンスが到来した

(左)山川教授 (右)森下九段

 森下 新型コロナ後の不透明の時代を生き抜いていく知恵として「大局観」はとても大事であると改めて認識しています。昨今は、価値観の転換など、世の中の変化が急で激しく、驚くばかりです。しかし、一方で、再び本来あるべき姿を見直し、大事にするチャンスが到来したともいえます。それは、職業に関しても、個人の生活に関しても、共通しています。たとえば、電話は空間を超えた会話をするためのものであり、食事は自分の身体を健康に保つためのものであり、靴は足を怪我しないで歩くためのものであり、傘は雨に濡れないためのものであります。この本来の機能以外は、あってはいけないとは言いませんが、なくてもよいものです。 

 将棋でいえば「定跡」(ある局面において双方にとって最善とされる一定の指し方)になりますが、このような物事の根本を見失うことさえなければ、どんな「不透明な時代」であっても、進んでいく方向を間違うことはないと考えています。

(了)

【金木 亮憲】


<プロフィール>
森下 卓(もりした・たく)

 1966年北九州市生まれ。将棋棋士(九段)・日本将棋連盟常任理事。花村元司九段門下。タイトル戦登場6回、棋戦優勝8回、竜王戦1組16期、順位戦A級10期。居飛車党の正統派で受けの棋風。森下システムを考案し、升田幸三賞特別賞を受賞。棋界の超大御所、大山康晴十五世名人に対し無類の強さを発揮し、通算成績は6勝0敗(大山が生涯一度も勝てなかった唯一の棋士)。優勝は、全日本プロトーナメント1回(第9回-1990年度)、日本シリーズ2回(第28回-2007年度・第29回-2008年度)など多数。将棋大賞として、2000年に将棋栄誉賞(通算六百勝達成)、2010年に将棋栄誉敢闘賞(通算八百勝達成)を受賞。
 著書に『将棋基本戦法 居飛車編』(日本将棋連盟)、『8五飛を指してみる本』(河出書房新社)、『森下の対振り飛車熱戦譜』(毎日コミュニケーションズ)、『なんでも中飛車』(創元社)など多数。


山川 悟(やまかわ・さとる)
 1960年東京都生まれ。法政大学法学部卒。東京富士大学教授(経営学部長・学務部長・経営学研究所所長)。広告会社のマーケティング部門において、広告・販売促進計画、ブランド開発、商品開発などに携わり、2008年より現職。専門は、マーケティング論、創造性開発(企画力育成、事業モデル開発支援など)、コンテンツビジネス論。武蔵野美術大学講師。
 著書に『応援される会社』(光文社)、『コンテンツがブランドをつくる』(同文館)、『不況になると口紅が売れる』(毎日コミュニケーションズ)、『創発するマーケティング』(日経BP企画)、『事例でわかる物語マーケティング』(JMAM)、『企画のつくり方入門』(かんき出版)などがある。
 詰将棋作家としての作品にスマートフォンアプリ「山川悟の詰将棋1~3」(空気ラボ)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月15日 07:00

コロナ禍で苦境となったカプセルホテル、ナインアワーズが再生へ(後)NEW!

 ナインアワーズが再生を手がけるのは、東京、名古屋、大阪、福岡などの大都市圏で、かつターミナル駅徒歩数分の立地に限定している...

2020年08月15日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(後)NEW!

 市担当者は「受け皿となる民間事業者はある。ただ、業務量が膨大なため、単独の企業ではなく、複数企業から成るSPC(特別目的会社)を想定している」と話す...

2020年08月15日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(4)NEW!

 神戸市の人口は、20年6月時点で151万人。阪神淡路大震災の影響により151万人から142万人まで減少したが、その後は回復を続け、2011年には154万人に達したも...

2020年08月14日 07:00

コロナ禍で苦境となったカプセルホテル、ナインアワーズが再生へ(前)

 「今年の春、カプセルホテルやビジネスホテル、民泊などの宿泊特化型施設の売上は昨年同月比で10%以下にとどまったところが多かった。ナインアワーズでは、カプセル内UV照...

2020年08月14日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(中)

 この状況を打破すべく、2017年から大阪市水道局は、当初の5年間で耐震性の低い鋳鉄管を集中的に更新した後、次の5年間でペースを倍化し、古いダクタイル鋳鉄管を更新する...

2020年08月14日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(3)

 基本計画のもう1つの目玉が、都市再生事業(雲井通5丁目再開発)として進めるバスターミナルビルの建設だ...

2020年08月13日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(前)

 大阪市水道局は、配水管の耐震化促進のため、2018年12月に成立した改正水道法に基づく「コンセッション方式(※)」による管路更新(耐震管への取替え)事業を進めている...

2020年08月13日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(2)

 15年、神戸市はようやく重い腰を上げた。同年、三宮駅周辺地区の再整備基本構想を策定し、18年には構想に基づいて『神戸三宮「えき≈まち空間」基本計画』をとりまとめ、駅...

2020年08月13日 07:00

オールラウンドなまち福岡・大橋~整備の歴史と今後の開発計画(4)

 今年5月末に「ダイキョーバリュー大橋店」が閉店したほか、6月10日には「ニューヨークストア大橋店」が閉店。エリア内から一気に2店のスーパーが姿を消した。その一方で...

2020年08月12日 17:00

【スクープ】西日本新聞のスポーツ本部長がセクハラで処分 TNC「CUBE」にも出演

 西日本新聞社の「下半身」不祥事が止まらない。既報の通り、7月に社内不倫に絡む事案で記者2人が懲戒解雇されたのに続き、8月に入ってすぐに、報道番組でコメンテーターも務...

pagetop