• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月09日 17:38

あと2時間豪雨が続いていたら・・・7月8日の大牟田市内の状況

九州全体に豪雨

 7月4~7日、九州の南部から北部におよぶ記録的大雨で各地に大きな傷痕を残した九州豪雨。豪雨により、各地の一級河川が氾濫し、街中が浸水に襲われた。豪雨は、絶命する人々、流される自動車、家屋建物の床上浸水、農地の汚損など、多くの犠牲者を生み、多大な被害をもたらした。
 福岡県内においても、筑後川および支流河川が氾濫するなどして、大牟田市・久留米市など福岡南部エリアにおいて甚大な被害が発生した。豪雨はその後も勢いを止めず、本州に移動して同様に被害をもたらしている。

線状降雨帯による豪雨

 九州南部豪雨の原因について、福岡管区気象台は「7月3日に東シナ海の梅雨前線上に低気圧が発生し4日未明には九州北部地方に進んだ。低気圧の東進にともなって3日夜には梅雨前線が九州北部地方まで北上、低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州では大気の状態が非常に不安定となった。4日未明から朝にかけ、熊本県と鹿児島県では記録的な大雨となった」と分析している。端的に、「雨雲が次々と発生し、風の流れで帯状に連なる線状降水帯が要因となった。近年線状降水帯による豪雨は、相ついでおり、全国各地で警戒が必要である」と分析する気象専門家もいる。

生命の危険と背中合わせ

なお浸水したままの地域も(8日時点)

 大きな被害を受けた地域の1つ、大牟田市の8日の様子を伝える。6日から大雨に見舞われ、大雨特別警報が発令されたなか、2名の犠牲者が出た。ほかにも、家屋建物浸水、道路浸水・冠水、土砂崩れなど甚大な被害が発生している。

 市内の道路は水浸しであったが、8日には約90%の道路が通常に戻り、車輌の往来などの交通状況も平常どおりに戻っていた。他方、浸水・冠水によって、道路上に浸った水が引いていないエリアも残されており、三川町・上屋敷町・三里町などにおける一部道路が、通行止めとなっていた。水が引いた後の道路・歩道上には、浸水・冠水によって流された住民の所有物やゴミが散乱するという異様な光景がうかがえた。

浸水し救援を待つ自動車

 被害状況は予想していた以上であった。複数の地域住民が「あと2時間程度豪雨が続いていたら、さらに厳しい状況に陥っていたのではないか」と話していたが、これ以上の被害は想像しにくいほどであった。

 三川町・上諏訪町において、いまなお道路が水浸しとなったままのエリアがある。自動車が浸水のため駆動しなくなり、レッカー車を待つ住民が続出した。(一社)日本自動車連盟(JAF)など車輌修理会社のレッカー車が、次々と救援に駆け付ける光景が印象的であった。
 また、あるコンビニエンスストアのオーナーは、「1週間程度で再開したいですね…ただメドは立っていないです。ほかの商店や企業の皆さんも同様かと…」と嘆く。

 南船津町にある(福)しらぬい福祉会不知火保育園は、園舎が床上浸水に見舞われ、一時閉園を余儀なくされている。同園園長は、「ピークであった7日は、腰上あたりまで水に浸かりました。男性がやっと自力で歩けるくらいで、女性には歩くのも厳しい状況でした。園内のなかはご覧の通りです…いつ再び開園できるかは、わからないですね。本日、園のスタッフ全員で、早朝から荷物とゴミ残骸の整理や、泥などを洗い流すことから仕事を始めています。地域の方々や宅峰中学校の生徒さんが手伝いにきていただいて感謝しております。近隣住民の方々も、今後が大変です…」

不知火保育園
みなと小学校

 一時孤立状態となり、一時ライフラインが寸断された上屋敷町のみなと小学校。取材のため同校に向かったものの、許可を受けた者以外の立ち入りが制限されており、メディア各社のスタッフが正門前で待機していた。周辺住民によると、「水位は腰上までありました。当然身の危険を感じ、避難しました。今まで経験したことのない雨でした…」と豪雨について切実に語った。

 宮原町の三池炭鉱宮原坑専用鉄道敷跡内に、発生した土砂崩れ。樹木が倒れ斜面も崩れ落ちている。同市職員によると、「見学を再開できる時期は未定で、慎重に検討中です。お越しになる方々の安全が、最優先です。9日もしくは10日に、再び大雨となる予報がでております。まだまだ危険な状況が続きますので、大雨への備えを徹底していきます」と今後について語った。

引き続き警戒が必要

 大牟田市内のほとんどのエリアにおける公共インフラ・ライフラインは、平常通りとなっている。一方で前述したように一部エリアは現在も混乱している状態だ。被災したエリアの復旧には相応の時間を要することが予想される。
 週末にかけて、九州地方および本州が再び豪雨に襲われるという予報が出ている。予報がはずれることを願いながらも、避難場所の確認など命を守るための備えをすることが、求められる。「自分は大丈夫」などという無関心が、もっとも危険であることを、自戒を込めて記したい。

 

【河原 清明】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月12日 17:00

【スクープ】西日本新聞のスポーツ本部長がセクハラで処分 TNC「CUBE」にも出演

 西日本新聞社の「下半身」不祥事が止まらない。既報の通り、7月に社内不倫に絡む事案で記者2人が懲戒解雇されたのに続き、8月に入ってすぐに、報道番組でコメンテーターも務...

2020年08月13日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(前)

 大阪市水道局は、配水管の耐震化促進のため、2018年12月に成立した改正水道法に基づく「コンセッション方式(※)」による管路更新(耐震管への取替え)事業を進めている...

2020年08月13日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(2)

 15年、神戸市はようやく重い腰を上げた。同年、三宮駅周辺地区の再整備基本構想を策定し、18年には構想に基づいて『神戸三宮「えき≈まち空間」基本計画』をとりまとめ、駅...

2020年08月13日 07:00

オールラウンドなまち福岡・大橋~整備の歴史と今後の開発計画(4)

 今年5月末に「ダイキョーバリュー大橋店」が閉店したほか、6月10日には「ニューヨークストア大橋店」が閉店。エリア内から一気に2店のスーパーが姿を消した。その一方で...

2020年08月12日 16:41

シノケンとTATERUが中間決算 不動産販売はいずれも減少

 12日、シノケングループ(東証ジャスダック)およびTATERU(東証一部)は、2020年12月期の中間決算を発表した...

2020年08月12日 16:36

ホークス柳田が月間MVP~6度目の受賞

 6、7月度の「大樹生命月間MVP賞」が12日に発表され、パ・リーグ野手部門で福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手が2018年5月度以来、6度目のMVPを受賞した...

2020年08月12日 15:48

「新型コロナ」後の世界~健康・経済危機から国際政治の危機へ!(1)

 東京大学大学院教授の小原雅博氏は近著『コロナの衝撃―感染爆発で世界はどうなる?』で「危機はこれまでは、国家や民族意識を高めてきたが、今の私たちは監視社会でない自由で...

2020年08月12日 14:30

クイーンズヒルゴルフクラブ クラブ会員による再度の民事再生申請(後)

 クイーンズヒルの資金繰りについて「支払不能状態」とする申立人側と、「破綻する状態ではない」とする田原氏との主張は異なる。こうしたなかで、今回明らかになったのがクイー...

2020年08月12日 14:00

コロナショックでも好業績のコンテンツ産業(後)

 韓国系企業は映画のみならず、電子コミック、とくに、アプリ型の電子コミック配信サービス市場でも急成長している...

2020年08月12日 13:30

『脊振の自然に魅せられて』夏の花をめぐる山歩き

 脊振山駐車場を利用すると、脊振山系に咲いている夏の花に簡単に会いに行くことができる。8月6日(木)に向かった。午前8時時点では、脊振山駐車場の気温は23度と市街地の...

pagetop