変貌しつつある大阪港~IRという“バクチ”で儲かるのは誰か?(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月14日 07:00

変貌しつつある大阪港~IRという“バクチ”で儲かるのは誰か?(後)

裏と表の世界をつなぐ、カジノビジネス

 IR誘致はすでに既定路線となっているが、「ギャンブル依存症、破産者が増える」「マネーロンダリングの温床になる」「日本人の所得が外資に吸い取られる」など国民からの批判も依然根強い。
 ギャンブル依存症や破産者については、カジノ事業者に一定の抑制ノウハウがあるだろうが、ギャンブルである以上、ゼロにすることは不可能だ。セラピストなどによるケアを充実させたとしても、最終的には自己責任で終わるのがオチだろう。つまり、リスクはカジノが営業を続ける限り、いつまでも残る。

 マネーロンダリングの根絶も難しい。カジノには、「ハイローラー(1回1,000万円以上賭ける客)」のほか、1回1億円以上賭ける客「ウェール(鯨)」と称される客が存在する。そういう客のなかには、カジノで買った(負けた)ことにして、数億円をキレイな金にしてやりとりする者たちがいる。つまり、カジノには裏の世界の人間たちが、汚れた金をキレイにしてやりとりできる金融機関的な役割があるわけだ。某国が輸出した武器の送金手段として、カジノが利用されているという話もある。裏の世界と表の世界をつなぐのがカジノビジネスの本質であることは忘れてはならない。

 「日本人の所得が外資に吸い取られる」のは、その通りだ。それこそが、カジノ事業者が日本参入する理由だからだ。実施法では、外国人は入場無料なのに対し、日本人(日本在住者)は6,000円の入場料をとられる。一定の抑制にはなるが、自国民の入場を禁止する韓国などのカジノに比べると、効果は限定的だ。入場規制は、依存症や破産にも関わるポイントだが、今回、日本政府はそれをしなかった。その理由は、カジノ事業者にとって、日本人の所得を吸い取るという“ウマ味”が減るからだ。

 新型コロナウイルスの影響により、IRをめぐる政府などの動きは停滞しつつある。たとえば、国土交通大臣によるIRに関する基本方針の策定は、当初は今年1月の予定だったが、7月以降に延期された。カジノ運営に関する許認可、監督審査などを行うカジノ管理委員会(北村道夫委員長)は当初の予定通りに今年1月に発足していることを考えると、IRをめぐる足並みが乱れ始めていることがうかがえる。

 コロナ禍は、加熱していたIRの動きを一気に冷やしたといえる。今年1月、秋元司衆議院議員のIR汚職逮捕などの比ではない。たとえば、横浜IRに色気を見せていたラスベガス・サンズが今年5月になって撤退を表明したのも、コロナ禍と無関係ではない。大阪府市は今年6月、26年度を予定していたIRの開業時期を1~2年延期すると発表した。「事業者との協議が進んでいない」ことを理由に挙げているが、儲かるかどうかわからなくなったビジネスに対して、営利企業が取る態度はどこか似通っている。

 1兆円以上を目論んだ大阪IRの経済波及効果も、もはや「取らぬ狸の皮算用」に過ぎなくなっている。つまり、IRそのものが儲かるかどうかわからない“バクチ”に成り下がっているわけだ。そう考えると、我々国民は図らずも、コロナ禍によって、IRビジネスの本当の姿を垣間見つつあるのかもしれない。

(了)

【大石 恭正】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月07日 18:24

【8/8~21】お盆期間の飲み会は1次会、2時間まで 福岡県が要請

 福岡県は8~21日、県民に対して、接待をともなう飲食店、居酒屋など酒類を提供する飲食店やカラオケでの滞在を2時間以内とし、1次会のみの利用を要請する...

2020年08月07日 18:23

新型コロナウイルスが直撃~旅客運輸会社は生き残ることができるのだろうか

   来週、お盆を迎える。「今年は帰省を控えるべきか、それとも帰省すべきか」と、ぎりぎりまで迷っている人が多いといわれているが、旅客運輸業界の株価、経営状況などをみて...

2020年08月07日 17:55

【横田一の現場レポート】〈解散・総選挙は今秋〉説が無視できない理由 維新人気で「Go To改憲」

 コロナ禍にあってもなお、今秋の解散・総選挙説が永田町では囁かれている。7月15日には維新副代表の吉村洋文・大阪府知事が、地方分権の超党派勉強会「新しい国のかたち(分...

2020年08月07日 16:57

厚生労働省公表の「ブラック企業」 7月31日発表 九州地区(福岡を除く)

 20年7月31日に公表(20年6月30日更新分)された福岡を除く九州地区分は下記の通り...

2020年08月07日 16:39

史上最悪の経済情勢下で進むアメリカの大統領選挙(前)

 政治、経済、軍事とあらゆる分野で世界最強の地位を誇ってきた超大国アメリカの土台が崩れ始めている。新型コロナウィルスの感染者数でも死亡者数でも世界最悪の記録を更新中だ...

2020年08月07日 15:30

福岡アジアビジネスセンターが令和2年度「海外バイヤーとのBtoB ウェブマッチング支援事業」参加者募集中!

 「アジアをはじめ世界29カ国のバイヤーに、御社の製品を売り込んでみませんか?」「新型コロナウイルス感染症が世界中で猛威を振るっている昨今、海外に向けて自社商品を売り...

2020年08月07日 15:00

日本再生シリーズ(1)企業の労働者不足解消には、人材獲得先の見直し革新が急務

 人口減少に歯止めがかからず労働者不足が深刻化する日本では、企業が取り組むことができる救済策が必要だ。労働不足を解決する外国人高度人材の積極的受入れにいち早く着目し、...

2020年08月07日 14:25

復活の道が見えない日産自動車の研究(1)

 日産自動車(株)を新型コロナウイルスの感染拡大が直撃した。世界販売台数は半減し、2021年3月期の純損益が、2年連続となる6,700億円規模の赤字に陥る見通し...

2020年08月07日 13:30

ニューヨークは必ず再起する(後)

 ロックダウンがあっても潰れなかった飲食店や小店は、今では少し楽になっているはずだ。ニューヨーク人にとって今もっとも関心の高い問題は、むしろ学級閉鎖だ...

2020年08月07日 13:00

「新型コロナ」後の世界~大学の本来あるべき姿を考察する!(5)

 「2000年代以降「平成の失われた30年」の様相が次第にはっきりしてくると、日本の大学の劣化が明らかになり、多くの大学が『改革を進めても、大学は少しも良くならない』...

pagetop