• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月15日 16:21

『脊振の自然に魅せられて』「梅雨の花 ヤマアジサイ」

渓谷沿いのヤマアジサイに魅了される

 梅雨時の山の花といえば、「ヤマアジサイ」だろう。花(顎)の色は、園芸種のアジサイと比べて、可憐で淡い紫色だ。花(萼)が4枚のヤマアジサイがほとんどだが、時には5枚や6枚のものも見かける。花(萼)のかたちは楕円形がほとんどだが、星型のものを見かけることもある。ヤマアジサイは全体的に小ぶりで、たくさんの花をつけて山で静かに咲いている。

山に咲く可憐なヤマアジサイ

 ヤマアジサイの写真の背景は渓谷が相応しいと思い、糸島市の井原山の洗い谷に50代初めのころ何度も通った。洗い谷は、沢沿いの厳しい登山道で、大小の滝がいくつもある魅力的な渓谷だ。渓谷の最終地点は瑞梅寺川の源流で、山深い谷で清流は美しい光景をつくり上げている。

 登山道の5合目あたりの渓谷の岸辺は、ヤマアジサイの写真を撮るにはピッタリの場所だった。渓流の冷風に吹かれ、可憐なヤマアジサイが静かに揺れている。カメラをセットして、風が止まる「一瞬」を狙って撮影した。 
 水の流れが写り込むようスローシャッターで何度も撮影を試みた。手ぶれ防止のため、風が止まる一瞬は息を止めてレリーズのボタンを押した。

 後日、カメラ店で受け取った現像済フィルムを、不安と期待が入り交じる思いで広げてみると、イメージ通り仕上がっていて感動で心が弾んだ。

 当時の撮影の1コマは、写真集『脊振讃歌』の1ページに掲載している(2008年2月出版)。ポジフィルムとネガフィルムの違いは、色の再現の美しさにある。ポジフィルムは、露出を間違うと色再現が違ってくる繊細なフィルムのため、かつて、ポジフルムの撮影には技量が必要だった。だがデジタルカメラ全盛になった今、この感動はない。

 7月5日(日)に、脊振山直下の登山道を椎原登山口から矢筈峠方向へ歩いた。
梅雨の合間で、曇が厚く今にも雨が降りそうな天気だったため、日曜にもかかわらず登山者が少なく静かだった。
 絶滅危惧種の花に会いに行くためだったが、久しぶりに、渓谷沿いの登山道に咲いているたくさんのヤマアジサイに魅了された。

 10日前に下見にきた時よりも花の紫色はさらに濃くなり、花もたくさん咲かせていた。前日の雨で露をつけた花は、紫色を一層輝かせていた。登山道の側に両腕を広げても抱えきれないほどのヤマアジサイが咲き、まるで「紫一面のキャンバス」だった。沢の上にも、ヤマアジサイが咲いていた。

 撮影を終えて一息つき、バナナで腹こしらえをした。標高700mあたりの山肌は霧のベールで覆われ、大小の樹木がシルエットとなって静かに佇むなか、ヤマアジサイが私の側で静かに咲いていた。至福の時だった。ほかの希少植物も数を増が増え、元気でいるのを確認し、「また来年に会おうね」と花たちに声をかけて下山した。

渓流に咲く、ヤマアジサイ
渓流に吹き寄せる風で静かに揺れている

下山でハプニング

 長雨で登山道に水が溜まっているだろうと予測し、この日は長靴を履いて歩いた。下山途中に登山道をよぎる沢があり、いつもは岩を乗り越えて回り道している。今回は長靴を履いていたため、流れる水の底にストックを突いて1m先まで沢を飛び超えるつもりだったが、思わずストックが沈み込んでバランスを崩し、沢の深みに両足が沈んだ。

 長靴のなかは、水浸しだ。行き道は岩を乗り越えたのだが、帰り道で「近道をしようとした」報いだった。
 溜まった水を急いで長靴から吐き捨てたが、ズボンや靴下から流れ落ちる水で、歩くたびに長靴のなかで「グシュグシュ」と水の音がした。何度か長靴を脱いで水を吐き捨てたが、相変わらず長靴のなかは水が溜まったままだった。

 車に戻り、急いで長靴を脱いで素足になり、スニーカーに履き替え、汚れた長靴と靴下を横に流れる沢の水で洗ったが、運転中も濡れたズボンの不快感が続いた。「急がば回れ」という言葉が当てはまるかわからないが、近道をしようとして痛い目にあった日でもあった。

2020年7月15日
脊振の自然を愛する会
代表 池田友行

キーワードタグ:脊振  ※記事へのご意見はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月25日 07:00

新コンセプトStore 「#ワークマン女子」 SNSとリアル店舗の一体化を図る

 作業用品専門店ワークマンは、18年9月、一般客向けの「WORKMAN Plus(ワークマンプラス)」の店舗展開を開始、2年余りで222店舗まで拡大し注目を集めたが、...

2020年10月25日 07:00

【凡学一生の優しい法律学】日本学術会議推薦無視事件(4)

 高橋氏は「『日本学術会議問題』が、いま本当に必要な議論の妨げになっている…!のコラムを発表した翌10月13日に内閣官房参与に任命されたため、事実上、内閣官房参与の立...

2020年10月24日 07:00

構造スリットの第一人者・都甲栄充氏が来福~構造設計一級建築士・仲盛昭二氏とベルヴィ香椎の施工不具合問題を対談(4)

 「築後10年といえば、マンションはほとんど劣化しておらず、構造スリットの不具合という重大な瑕疵が隠れているとは誰も考えないでしょう。しかし、外観がきれいであっても、...

2020年10月24日 07:00

イズミ8月中間決算、経費減で経常17.5%増を確保 売上は11.8%減

 イズミの8月中間連結決算は、営業収益が前年同期比11.8%の減収であっだが、粗利益率の改善と販管費削減で経常利益は17.5%の増益を確保した...

2020年10月23日 18:30

第一生命が詐欺容疑で『実録 頭取交替』登場の元社員を刑事告発 (20) 甲羅万蔵とは

 『実録 頭取交替』で維新銀行を舞台に登場する主人公の甲羅万蔵について触れる。【表1】、【表2】を見ていただきたい。甲羅のモデル・田中耕三・山口銀行特別社友に関する資料だ。

2020年10月23日 18:09

ストラテジーブレティン(263)~コロナパンデミックの経済史的考察(1)

 100年に一度の金融危機(グリーンスパン元FRB議長)と評されたリーマン・ショックは、その後の順調な回復を振り返れば、大げさすぎた表現であった。しかし今進行している...

2020年10月23日 17:30

『脊振の自然に魅せられて』レスキューポイント設置に向けて(4)

 プレートには、「早良区役所」「脊振の自然を愛する会」のロゴを入れるようドコモから指示があり、あわせてドコモのロゴと「ドコモの携帯電話がご利用できます」との文字を表示...

2020年10月23日 16:55

国際金融誘致へ~福岡市が国際金融に特化したワンストップサポート窓口「Global Finance Centre」を開設

 20日、福岡市は国際金融に特化したワンストップサポート窓口「Global Finance Centre」を開設した...

2020年10月23日 16:41

福岡商工会議所 次期副会頭に西日本FHの谷川社長ら

 福岡商工会議所の役員が11月に任期満了と迎えるが、次期副会頭に西日本フィナンシャルホールディングスの谷川浩道代表取締役社長らが就任する予定であることがわかった...

2020年10月23日 16:34

音楽に見る日本人の正体(3)総集編(後)

 マスコミそのものが筆者身近な読者同様、「敵性音楽の使用」に関心がないのかもしれない。そのように考えてみると、戦後この問題に触れたのは、管見の限りでは長田暁二氏(大衆...

pagetop