• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月30日 16:45

日本発明振興協会・日刊工業新聞主催 第46回「発明大賞」募集開始!

 日本発明振興協会の「発明大賞」の募集が7月より始まった。優秀な発明や研究を通じて産業の発展、国民の生活向上に寄与した中堅・中小企業、個人を表彰するもので、今年で46回目となる。

 1976年(昭和51年)に行われた第1回「発明大賞」は、日本自動制御(株)(現・レーザーテック(株))が開発した「顕微鏡の自動焦点装置」。
 同社は、まだオートフォーカスカメラも世に出ていない時代に「世の中にないものをつくり、世の中のためになるものをつくる」という経営理念のもと、さまざまな「世界初製品」を開発し、2004年にジャスダック上場、13年には東証一部上場をはたしている。

 主催者の日本発明振興協会は「これからも人類には、感染症以外にもさまざまな困難が襲ってくる可能性があります。ただ、発明という武器が人類にある限り、きっと課題や問題を解決して、新たな社会や世界を築いていくことでしょう。ぜひ、発明を通じて、その未来を切り拓く人々の輪に加わっていただければと願っています」と、幅広く候補者を募っている。

■第46回「発明大賞」募集要項

<応募案件>
 特許・実用新案を登録済み、または公開された発明考案
<応募資格>
 中堅・中小企業(資本金10億円以下)および個人、またはグループ
<募集期間>
 20年7月1日(水)~9月30日(水)(当日消印有効)
<審査>
 学識経験者らによる審査委員会が発明考案の革新性や社会的意義などを厳正に審査
<受賞者の発表と表彰式>
 審査の結果は21年3月初旬に受賞者および推薦者に通知するとともに、日刊工業新聞紙上に発表。 表彰式は、同3月中旬に東京にて開催。なお、主な受賞者の発明発表会を科学技術週間参加行事(21年4月中旬)として実施の予定。

【TMS】

<問い合わせ・申請書の提出先>
(公財) 日本発明振興協会 発明大賞推進委員会
所在地:東京都渋谷区桜丘町4-22
TEL:03-3464-6991
FAX:03-3464-6980
URL:http://www.jsai.org/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月04日 10:22

城南警察署庁舎新築、13.8億円で溝江JVが落札NEW!

 福岡県警察本部施設課発注の「城南(仮称)警察署庁舎新築工事」を、溝江建設(株)を筆頭とする溝江建設・香椎建設・広田工務店特定JVが落札した...

2020年08月04日 07:00

行政・企業・住民をつなぐ九住協が新体制~新理事長「コロナ禍には最善の施策を」(中)NEW!

 「コロナ禍で、社会は大きな転換期を迎えていると思います。新型コロナウイルスは、人命への影響にともない、人・モノの動きの世界的な遮断、国内の経済活動抑制、雇用減少によ...

2020年08月04日 07:00

市民の安全・安心のために―最前線で尽力する“地域の守り手”(前)NEW!

 「当会は、土木建設業を生業(なりわい)とする会員企業で構成される一般社団法人です。前身となる福岡市土木請負業組合(1950年5月設立)から数えると今年で創立70周年...

2020年08月04日 07:00

豪雨災害が頻発する福岡県~復旧の現状と災害への備えは――(後)NEW!

 毎年のように豪雨災害によって被害が発生している福岡県だが、その一方で、復旧だけではなく、災害に備えた取り組みは常に行われている...

2020年08月04日 07:00

「海抜ゼロm」「木密」対策~大都市・東京の整備計画とは(3)NEW!

 30年以内に約70%の確率でM7クラスの首都直下地震が起こると予想されている東京では、大震災に備えた防災対策も進められている...

2020年08月03日 17:23

韓国ウォンの暴落と通貨危機は再び起こるのか(前)

 韓国経済がおかれている環境は、厳しさを増している。まず、昨年から起こっている米中貿易摩擦により、韓国経済は大きなダメージを受けてきた...

2020年08月03日 17:23

日経平均2万2,000円台回復~九州地銀の株価も上昇

  【表1】を見ていただきたい。日経平均株価の推移表である。 ~この表から見えるもの~ ◆【表3】の通り、7月31日(金)のニューヨーク株式市場におけるダ...

2020年08月03日 17:01

「新型コロナ」後の世界~大学の本来あるべき姿を考察する!(1)

 新型コロナウイルスは「世界の軌道」を止めた。私たちは今避難を余儀なくされ、物質的な考えを止めさせられ、自分が生きることだけを考えている...

2020年08月03日 16:44

【縄文道通信第41号】縄文道―天職ガイド 縄文陶工と現代の陶工との関係性 縄文道―武士道―未来道(前)

 将棋界で18歳の天才棋士、藤井聡、7段が話題を呼んでいる。棋聖戦を史上最年少で制した。瀬戸出身と聞く。筆者の遠い祖先―瀬戸の陶祖・加藤藤四郎景正が開祖した縁のある地...

2020年08月03日 16:32

ポストコロナ時代の新世界秩序と東アジアの安全保障(1)

 「新型コロナウイルス危機」が起こってから、感染拡大防止のために都市封鎖や外出自粛が行われる一方で、経済活動が長期停滞するのを恐れて都市封鎖の解除や外出自粛の緩和が行...

pagetop