• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年08月27日 07:00

中国経済新聞に学ぶ~コロナ時代に変わった若者の金銭感

 お金を使うべき時には使い、使わなくてもいい時は使わない。これは、若者の「ポストコロナ時代」における一般的な考え方だ。

 中国平安銀行がこのほど2020年上半期の「90後」(1990年代生まれ)の購買行動について調査研究を行った。その関連データによると、「90後」が平安銀行のクレジットカード、デビットカードで京東や拼多多などのECプラットフォームで消費する金額は企業活動の再開後に急速に増加し、6月の取引額は2月比5.5倍に増えた。

 これと同時に、中国国外で新型コロナウイルス感染症の厳しい状況が続いていることから、中国国外での「爆買い」に慣れ親しんできた90後の多くが、海南省に目を向けるようになった。3月以降、「90後」の三亜国際免税城での消費総額は感染症発生前の水準に戻り、6月の消費総額は2月比約32倍に激増した。暮らしをこよなく愛する若者は、もう待つことをやめ、消費を享受するのが1つの習慣になっている。

 米マッキンゼー・アンド・カンパニーが発表した「2020年中国消費者報告」では、「中国の若くて自由な消費者は多くの項目で支出を増やしている。新鮮な牛乳、スキンケア、ファーストフード、レジャー用の衣類などだ。実際、この年代は人口の約4分の1でありながら、支出増加の60%をになう」と伝えられた。

 感染症の収束後、若者の消費行動がより理性的になった。平安銀行の調査研究データによると、今年6月にソーシャルメディアを使った共同購入プラットフォームの拼多多で買い物をした「90後」の人数は、1月と比べて12倍近くに増えている。「ポストコロナ時代」は、ますます多くの若者が新商品の発売や値下げをただ「待っている状態」から、共同購入者を誘って安く商品を買おうと「拼多多で多くの買い物をする状態」へと変わり、「お得なショッピング」を心ゆくまで楽しんでいることがわかる。

お金を使うのが上手で稼ぐ力もある 若者の資産運用は柔軟で堅実

 別の調査研究によると、「ポストコロナ時代」の若者は支出を惜しまず、またお金を稼ぐ力もあるという。 上述した平安銀行の調査研究データによると、今年上半期には「90後」の多くが貯金の習慣を維持し、6月に定期預金をした人数は年初に比べて約12%増加し、若い人も災害などの時期には貯金が保障の役割をはたすと認識したことが見て取れる。また調査に回答した「90後」は銀行の資産運用商品を選択することが多く、1回あたりの投資金額は平均で6万元(約90万円)を超え、運用期間が180日以内で、相対的に柔軟で安定した商品を選ぶ傾向があるという。

 広州市出身の「90後」の陳映華氏は「お金を使うのが上手で稼ぐ力もある」若者の1人だ。同市の老舗レストラン「陳添記」の3代目で、祖父の代に始まった同店は40年間1日も休んだことがなかったが、新型コロナ感染症のため今回は初めて店を閉め、2カ月間休業した。

 新型コロナ感染症の影響で商売ができなくても、払うべき家賃が減るわけではなく、多くのレストランのオーナーが店を閉めるか商売替えすることを考え始めた。陳氏も非常に不安で、毎日隣の店のオーナーと世間話をしては、お互いに励まし合っていた。感染症予防・抑制の対応レベルが引き下げられると、この老舗レストランはついに再び客を迎え入れるようになった。

 店を守り続けることは店を始めることよりも難しい。今回の感染症により、陳氏は味を守り続けることの大切さをよりはっきりと自覚し、技術を守り続けるだけでなく、時代の流れに応じて速やかに計画を立て、「老舗も時代に追いつくようにしなければ、店がさらに発展し、味がさらに向上することはない」と考えるようになった。

 陳氏は昨年、父親にデリバリー業務を始めるよう何度も求めたが、こだわりの強い2代目はよしとしなかった。父親に言わせると、デリバリーは味が落ちるので、店の評判に響くのだという。感染症が徐々に緩和された3月、店での飲食が完全には回復しないなか、デリバリーの売上は順調だった。ビジネスを向上させようと、陳氏はデリバリーのパッケージと調理技法を改良し、看板料理である「魚の皮を使った和え物」をデリバリーしても食材の食感が変わらないように工夫した。

 しかし、新型コロナ感染症の影響を前にしては、デリバリーのみではまだまだ足りなかった。営業は再開したものの、陳添記の店の売上高は以前の20~30%ほどになり、帳簿上の資金が消えていく事態に直面して、張氏は焦りを隠せなかった。

 友人の助けを得て、陳氏一家は改めて店の資金運営計画を立て、資金の一部を銀行の資産運用商品に投入し、経営で直面するキャッシュフローの負担を軽減しようとした。陳氏は、「陳添記は外食産業が回復すると固く信じている。そのときになれば、すべてのことが元通りになっているだろう」と今後への期待を語った。


中国経済新聞を読もう

<連絡先>
(株)アジア通信社
所在地:〒107-0052 東京都港区赤坂9-1-7
TEL:03-5413-7010
FAX:03-5413-0308
E-mail:china@asiahp.net
URL:http://china-keizai-shinbun.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年11月30日 17:46

【王毅外相の訪日】約9カ月ぶりの日中政府高官直接会談、習近平の国賓訪日は

 24日、中国の王毅国務委員(副首相級)兼外相が訪日し、茂木敏充外相との会談、翌25日に菅義偉首相への表敬訪問などを行った。2月に楊潔篪中国共産党政治局委員(外交担当...

2020年11月30日 17:34

1人ひとりが社会を動かすプレーヤーに 市民社会への変容が世界を変える(中)

 『ハチドリ電力は、電力の小売業者です。家庭やオフィス・工場などに、自然エネルギーを販売しています。先ほども触れましたが、現在、もっとも大きな社会的課題は地球温暖化。...

2020年11月30日 17:21

アメリカ大統領選挙後の世界秩序を模索する!(4)

 第3部の「グリーン・ニューディールの制度設計と日本の道」では、下記の3名の報告が行われた...

2020年11月30日 17:10

10月の東証システム障害で宮原社長が引責辞任

 日本取引所グループ(JPX)は本日、(株)東京証券取引所代表取締役社長・宮原幸一郎氏が本日付で辞任すると発表した...

2020年11月30日 17:06

【凡学一生のやさしい法律学】詭弁の論理学(3)

 この文言は橋下氏の発言を批判したものではないため、橋下氏は反論する立場にない。それにもかかわらず橋下氏は、この前川氏の表現を強く非難した。まるでテレビ局の弁護人であ...

2020年11月30日 16:48

オンワード、芝浦の倉庫を住友不動産へ78億円で売却

 オンワード樫山(東京都中央区)は、保有する「オンワード樫山芝浦第2ビル」を78億円で住友不動産(東京都新宿区)へ売却する...

2020年11月30日 16:35

九州有力通販 低迷からV字回復への道

 九州を代表する通販企業として知られる(株)エバーライフ。健康食品通販市場の黎明期に急成長したが、類似品や競争激化により失速。しばらく低迷が続いていたが、最近は化粧品...

激化するコロナ用ワクチンの開発レース 隠蔽された副作用のリスク(前)

 世界中で新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者が5,500万人を突破し、死者も130万人を超えたため、治療薬や予防用ワクチンへの期待は高まる一方だ。ワクチン...

2020年11月30日 16:07

500名を上回る新規患者が韓国で3日連続発生(前)

 11月24日に、韓国人にとって意外なニュースが発表された。ブルームバーグ通信による「コロナ時代、世界で最も安全・危険な国・地域-レジリエンスランキング」だ...

2020年11月30日 15:52

いい部屋ネット・住みたい街ランキング2020~福岡市が全国第1位!

 賃貸住宅建設大手の大東建託(株)は25日、「いい部屋ネット 街の住みここち&住みたい街ランキング2020<全国版>」を同時に発表した。住みたい街(自治体)ランキング...

pagetop