• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年08月26日 13:49

アメリカの長期戦略の凄まじさを知る1コマ 耳より情報 

 ある美術家から「米国債を換金してくれないか、できるだろうか」と相談を受ける場に立ち合った。「いかがわしい話ではないか」と当初はうさん臭さを感じていたが、美術家から故事に由来する説明を聞き、背筋が思わずピンと伸びる思いがした。美術家は「この米国債は、佐藤栄作元総理大臣から、『何か役に立つこともあろう』と言われていただいたものだ」と真剣なまなざしで語った。

 筆者の友人は米国債の由来書を鑑定し、「驚いた。これは本物だ。1936年に発行された米国債だ!」と興奮気味に大声を上げた。筆者はすぐにその意義を理解できず、「84年前に米国債がなぜ発行されたのか」と問うと、友人は「これは、IMF(国際通貨基金)設立のための軍資金調達に発行された国債だ。アメリカには参った。アメリカのトップらはここまで先を読んで物事を考えているのか」とため息をついた。

 筆者なりに、無知丸出しを承知で質問したことだが、友人の説明から以下のことがわかった。

 (1)36年当時、第二次世界大戦はまだ始まっていないが、アメリカのトップらは戦後体制をすでに練り上げていた。もちろん、アメリカなどの連合国陣営が勝利することを前提としての構想である。

 (2)戦後構想の根本策の1つとして、疲弊が想定される世界経済を立て直す戦略が練られていた。つまり、アメリカは早くから、IMFを創立する構想を確定していたのだ。

 IMFを創立するにあたり準備資金が不可欠であるため、資金調達の手段として米国債が発行され、この米国債の一部が、美術家の手に流れていたということだ。その経緯も興味深いが、より印象深かったことは、アメリカが第二次世界大戦前の36年の段階で「第二次世界大戦以降を構想するプロジェクト」をすでに練り上げていたことだ。

 このアメリカには、中国もとてもかなわないということを痛感した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

販路拡大と従業員教育に注力し 次世代にレールを繋ぐ

 ビルやマンション建設の要となる鉄筋コンクリート。そのコンクリートのなかにある鉄筋の部材を繋ぐ、いわゆる「継手」を専門として請け負うのが(株)アクティスだ…

時代の荒波を乗り越えるためホールディングス制導入

 2020年1月、福岡市中央卸売市場の鮮魚市場で仲買を営む(株)アキラ水産は、新たに(株)アキラホールディングスを設立し、持株会社体制へと舵を切った…

資産税の「フロントランナー」 さらなる高みを目指して

 (税)アイユーコンサルティングは、全国的にも数少ない資産税案件を専門としたコンサルティング型(税)で、全国でもトップクラスの実績を誇っている(2019年度実績:47...

入居者目線とオーナー満足度を高めるアパートづくりで全国展開

 昨今のコロナ禍において、会社経営者やサラリーマンなどから投資対象として一際関心が高まっている、賃貸アパートの経営。家賃収入で資産を増やしていくアパート経営では、いか...

2020年11月27日 16:41

クイーンズヒル田原司氏の人となり

 当サイトで複数回にわたり発信している、名門の「クイーンズヒルゴルフクラブ」の運営会社・(株)ザ・クイーンズヒルゴルフ場をめぐる騒動。元理事6名の発起により「クイーン...

2020年11月27日 16:34

九経連などが「ベトナムスマイルフェア」を実施

 27日、渡辺通り電気ビルにて「ベトナムスマイルフェア~がんばろう!! ベトナム留学生応援企画~」が開催された...

2020年11月27日 16:24

三井不動産、東京ドームにTOB実施か

 三井不動産が東京ドームに対して株式公開買い付け(TOB)を行おうとしていることがわかった。買収総額は1,000億円規模になるとみられている...

2020年11月27日 16:15

1人ひとりが社会を動かすプレーヤーに 市民社会への変容が世界を変える(前)

 「ソーシャル」というキーワードをこれほど耳にした年はなかったのではないだろうか。しかし、今回は一世を風靡した「ソーシャルディスタンス」ではなく、本来の意味での「ソー...

2020年11月27日 15:04

負けを認めないトランプ大統領に見る精神的若さの可能性と限界(3)

 しかも、そんな“アンチ・エイジング社会”アメリカで今、新たな進化が見られるようになった。何かといえば、「リバース・エイジング」という発想法である...

2020年11月27日 14:40

『脊振の自然に魅せられて』すばらしい脊振の紅葉(2)

 山の季刊誌『のぼろ』の記者から、「池田さん、脊振山系で一番紅葉のきれいな所はどこですか」と電話が入った。来年の『のぼろ』の秋号の紅葉特集は、脊振にするという...

pagetop