• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年09月11日 14:00

新型コロナワクチンの開発に成功したと豪語するプーチン大統領と世界の反応(中)

 NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」から、一部を抜粋して紹介する。今回は、2020年9月11日付の記事を紹介する。


 実は、アメリカ政府が後押しし、オックスフォード大学やビル・ゲイツ財団が資金を提供するモデルナ社のワクチンの場合は3万人が参加する臨床試験が最終段階に入っている。

(略)

 一方、ロシアの「スプートニクV」の場合はたった38人での治験である。プーチン大統領の娘が39人目になり、以下に紹介する貿易大臣が40人目となる。いずれにせよ、あまりにも少ない治験データであることは懸念材料であろう。しかし、ロシア保健省では「このワクチンは極めて効果が高く、安全である。人類がCOVID-19との戦いに勝利するうえで、大きな第一歩になるだろう」とプーチン大統領の援護射撃に余念がない。そのうえで、国際社会からの疑問を払拭するためにも、「ワクチンに関するデータを8月末に学術専門誌に公開する」ことを明らかにしていたが、9月になっても公表されていない。

 これでは国際的な不信感は高まるばかりであろう。状況を改善しようということで、ロシアの貿易大臣であるマントゥロフ氏も国内のテレビに登場し、「自分もこのロシア製のワクチンを接種した。初日は少し熱が出たが、3日目には正常に戻った。抗体ができたものと確信している」と安全性と効果の程をPRしている。

 そうした安全性のPR活動の極めつきは北京にあるロシア大使館の動きであろう。同大使館は8月20日に声明を発表した。それによれば、中国の感染症研究の第一人者で、国家衛生健康委員会専門家グループ長を務める鍾南山(チョン・ナンシャン)博士がこのロシア製のワクチンを高く評価し、「ワクチンは安全であり、治験が無事に完了することを期待する」旨を述べたという。

 さらに、鍾博士は「この機会にロシアと中国の専門家がCOVID-19用のワクチンを共同で開発、製造する必要性にも言及した」とのこと。しかも、一連の鍾博士の発言は中国外務省がオンラインで開催した「COVID-19感染症予防対策会議」でなされたものである。

※続きは9月11日のメルマガ版「新型コロナワクチンの開発に成功したと豪語するプーチン大統領と世界の反応(中)」で。


著者:浜田和幸
【Blog】http://ameblo.jp/hamada-kazuyuki
【Homepage】http://www.hamadakazuyuki.com
【Facebook】https://www.facebook.com/Dr.hamadakazuyuki
【Twitter】https://twitter.com/hamada_kazuyuki

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年11月26日 13:23

ダイナム、パチンコ事業は287億円の減収NEW!

 (株)ダイナムジャパンホールディングスは、25日、2021年3月期の中間決算を発表した。当期のパチンコ事業収入は、前年同期比で287億1,500万円の減収となる45...

2020年11月26日 13:10

未回収となった工事代金5.7億円をめぐり、JR九州子会社が前社長を提訴NEW!

 JR九州(東証一部)の子会社・JR九州住宅(株)が、前社長・松尾純一氏を訴えていたことがわかった。発端となったのは、エステート・ワン(株)からの工事受注...

2020年11月26日 12:12

アメリカ大統領選挙後の世界秩序を模索する!(2)NEW!

 下記2名が「岡倉天心記念賞」の受賞者として選出された...

2020年11月26日 10:30

【企業研究】ロイヤルホールディングス~コロナ禍で飛行機が飛ばず、創業事業の機内食事業が壊滅的な打撃!(3)NEW!

 ロイヤルHDは、何ごとも業界に先駈けて実施してきた。それは、創業者の(故)江頭匡一(えがしら・きょういち)氏の遺伝子である。江頭氏は1923年3月25日、福岡県三潴...

2020年11月26日 10:00

【凡学一生のやさしい法律学】詭弁の論理学(1)NEW!

 日本社会は崩壊の危機に瀕している。しかし一見すると、高度の科学や文芸をもち、大量消費生活を謳歌する大多数の国民は、日本の文明が崩壊の危機に瀕しているなど夢にも思って...

2020年11月26日 09:46

2020年マックス忘年会~万全の感染対策を講じて開催NEW!

 データ・マックスは11月24日、ホテルオークラ福岡で「2020年マックス忘年会」を開催した...

2020年11月26日 08:59

オンライン結婚式という選択、ディライトの取り組みNEW!

 奈良を拠点に、結婚式場やレストランの運営などを手がけるディライト(株)。同社は、コロナ禍で求められる「ニューノーマル」に対応したサービスとして、『オンライン結婚式』...

孤独と向き合い、撃退するための文化芸術

 「良い意味での宗教と文化芸術でしか、もう人間は救えないのかもしれない」とおっしゃるドクターに出会ったのが30歳のころでした。「人間にとって最大の病は何ですか?」と質...

グローバリズムの次のステージに コロナで激変・移行する世界

 現在、新型コロナ蔓延による影響で、国内外のさまざまな動きがストップ、もしくは停滞しているような状況です。そうしたなかで我々建築家が今何をすべきかを考えたとき...

2020年11月25日 16:42

【凡学一生の優しい法律学】熊本典道元裁判官の死

 筆者は幼少のころ、たびたび小銭を握って闇米買いの小使いをさせられた。その度「闇米などの違法な米を食することはできない」として餓死した裁判官の話を父から聞かされた...

pagetop