• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年09月11日 15:31

【読者ご意見コーナー(2)】米中戦争で金価格暴騰か

 NetIB-Newsでは、読者のご意見を積極的に紹介し、議論の場を提供していきたい。今回は米中関係が国際金相場におよぼす影響についてのご意見を紹介する(京子氏投稿)。


金を買い占める中国

 新たな火種が頻繁に勃発している米中貿易戦争は、2020年金相場の「買い要因」として注目されています。

 金の世界は中国抜きには考えられないものです。中国には、山東省と新疆ウイグル地区に大きな金の産地があります。中国は豊富な金の埋蔵量を誇り、生産量では世界で圧倒的な1位であり、さらに需要量も1位です。国内生産だけでは足りないために他国からも輸入しています。

 中国の金需要には、大きく分けて「官」と「民」の2つの側面があります。
 中国人には娘の結婚や孫の誕生、あるいは自分へのご褒美として人生の節目に金製品を買う慣習があることはよく知られています。いうなれば「金大好き人間」が14億人近くいるわけで、この状況は中国特有の需要を生み出していると考えています。

 中国の外貨準備高の約7割はドルと言われています。しかし、中国にしてみれば大事な資産を「仮想敵国」である米国の通貨として保有するのでは居心地がよくありません。また、通貨の価値はその国の経済に依存しているため、米国が経済政策を変える度に、ドルの価値が増減するリスクもあります。
 このように、消去法で考えていくと「無国籍通貨」である金が残ります。

 金はナショナリズムの匂いのしない世界共通の通貨です。ドルをもつということは米国経済圏の傘下に入ることを意味しますが、発行体のない金なら、通貨とは異なり発行国のイデオロギーや信用度に左右されることはありません!

 日本人は「本当に金で大丈夫なのか」と感じるかもしれません。しかし、中国では紀元前3世紀にすでに金貨が使われており、金には2300年近い歴史があります。一方で、人民元は使われ始めてから、たかだか70年です。

 このような理由から、中国人民銀行はこれまでに貯めた外貨準備の一部を金に換えようと、21世紀に入ってからひっそりと金の購入を始めました。現代の投資家は売買を繰り返しますが、国は発想が異なっており、外貨準備でいったん購入した金を売却することはまずありません。何十年、場合によっては何百年と国の資産として保有することになります。

米国との戦争に際して金を掌握

 このような状況のなかで、「米中貿易戦争」が勃発しました。習近平国家主席としては、手持ちのドルを少しでも減らして金に換えようと考えるのは当然のことであると筆者は考えています。米中貿易戦争が悪化するなかで、「経済安全保障」として金の保有量はますます増加していくと考えられます。

 2018年の世界の金の年間産出量は、3,260tと言われています。同年末の中国の外貨準備としての金の保有量は1,852tですが、筆者は、あと3年後にはその保有量が5,000tに達すると予想しています。世界産出量のほぼ1年分に当たる金を中国人民銀行が買い占めることは、金価格上昇の要因になるでしょう。

 一方で、米中貿易戦争の相手国である米国でも、金が安全資産として注目されています。結論からいうと、トランプ大統領の今後の行動は予想がつかないため、資産運用のプロは、トランプ大統領がどのような行動をとっても問題が起こらないように対策を講じておく必要があります。

 たとえば、トランプ大統領の就任以降、その発言により株価が暴落することが増えましたが、株価の暴落時に値上がりするものとして金が浮かび上がってきます。資産を守るために金を保有することが、トランプ大統領就任後、日本、米国、中国に限らず、世界的に増加しているのです!

 米国では「トランプ不安」から金が買われ、中国では経済安全保障などの独自の理由から官・民による金買いが行われています。金価格上昇の背景には、このような米中それぞれの金をめぐる事情があると考えられます。

 9月10日も、ニュースでは米中の不穏な雰囲気が伝えられていたようです。筆者は、来年ごろが金相場のピークとなり、金価格は暴騰すると予測しています(単なる推測ですが)。金に関心がある方は、金の価格相場をしっかりと研究することをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年11月30日 17:46

【王毅外相の訪日】約9カ月ぶりの日中政府高官直接会談、習近平の国賓訪日は

 24日、中国の王毅国務委員(副首相級)兼外相が訪日し、茂木敏充外相との会談、翌25日に菅義偉首相への表敬訪問などを行った。2月に楊潔篪中国共産党政治局委員(外交担当...

2020年11月30日 17:34

1人ひとりが社会を動かすプレーヤーに 市民社会への変容が世界を変える(中)

 『ハチドリ電力は、電力の小売業者です。家庭やオフィス・工場などに、自然エネルギーを販売しています。先ほども触れましたが、現在、もっとも大きな社会的課題は地球温暖化。...

2020年11月30日 17:21

アメリカ大統領選挙後の世界秩序を模索する!(4)

 第3部の「グリーン・ニューディールの制度設計と日本の道」では、下記の3名の報告が行われた...

2020年11月30日 17:10

10月の東証システム障害で宮原社長が引責辞任

 日本取引所グループ(JPX)は本日、(株)東京証券取引所代表取締役社長・宮原幸一郎氏が本日付で辞任すると発表した...

2020年11月30日 17:06

【凡学一生のやさしい法律学】詭弁の論理学(3)

 この文言は橋下氏の発言を批判したものではないため、橋下氏は反論する立場にない。それにもかかわらず橋下氏は、この前川氏の表現を強く非難した。まるでテレビ局の弁護人であ...

2020年11月30日 16:48

オンワード、芝浦の倉庫を住友不動産へ78億円で売却

 オンワード樫山(東京都中央区)は、保有する「オンワード樫山芝浦第2ビル」を78億円で住友不動産(東京都新宿区)へ売却する...

2020年11月30日 16:35

九州有力通販 低迷からV字回復への道

 九州を代表する通販企業として知られる(株)エバーライフ。健康食品通販市場の黎明期に急成長したが、類似品や競争激化により失速。しばらく低迷が続いていたが、最近は化粧品...

激化するコロナ用ワクチンの開発レース 隠蔽された副作用のリスク(前)

 世界中で新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者が5,500万人を突破し、死者も130万人を超えたため、治療薬や予防用ワクチンへの期待は高まる一方だ。ワクチン...

2020年11月30日 16:07

500名を上回る新規患者が韓国で3日連続発生(前)

 11月24日に、韓国人にとって意外なニュースが発表された。ブルームバーグ通信による「コロナ時代、世界で最も安全・危険な国・地域-レジリエンスランキング」だ...

2020年11月30日 15:52

いい部屋ネット・住みたい街ランキング2020~福岡市が全国第1位!

 賃貸住宅建設大手の大東建託(株)は25日、「いい部屋ネット 街の住みここち&住みたい街ランキング2020<全国版>」を同時に発表した。住みたい街(自治体)ランキング...

pagetop