• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年09月24日 07:00

リチウムイオン電池の世界シェア1位に躍り出たLG化学(後)

 電気自動車(EV)時代の到来とともに、世界では電気自動車のコア部品であるリチウムイオン電池にますます熱い視線が注がれている。各自動車メーカーも、電気自動車の性能を左右するリチウムイオン電池の開発に社運をかけている。

 リチウムイオン電池市場で世界シェア1位は韓国のLG化学。同社は電気自動車シェア1位のテスラをはじめ、自動車(完成車)メ-カー上位20社のうちフォルクスワーゲン、ルノー、ボルボ、GM、現代自動車など13社に電池を供給しており、高く評価されている。

完成車メーカーの電池開発の動向

 完成車メーカーの動きを見てみる。トヨタはパナソニックと合弁会社を設立し、電池の研究開発に取り組んでいる。将来の本命の電池として注目が集まっている全固体電池の開発において、トヨタがもっとも先行しているという評価である。米国のGMもLG化学と合弁会社を設立し、電池開発の主導権を握ろうとしている。また電気自動車1位のテスラも、BMWと提携して電池の開発に挑んでいる。

 完成車メーカー各社は、現在は合弁会社を設立して電池の供給を受けているが、5年以内に独自の電池を開発することを目指して電池会社を買収するなど、さまざま動きを見せている。しかし、電池の開発はそれほど簡単ではないという意見もある。たとえば原価の問題、正極材や陰極材の問題、火災の危険性など、課題は山積みのため、完成車メーカーといえども、参入に時間がかかるため、開発が先行している既存の電池メーカーが有利であろうと専門家は指摘する。

 最後に、リチウムイオン電池の現状の弱みについて触れておく。それは爆発の危険性があることだ。リチウムイオン電池の液体の電解質は電気を良く通すメリットはあるものの、高温になると膨れ上がって爆発したり、外部から衝撃が加えられると液が漏れて爆発したりする可能性がある。全固体電池は、液体の電解質を固体化にすることで、爆発の危険性を減らすだけでなく、エネルギー密度の向上や軽量化を実現できる。さらに、充電時間が短くなるため、いいことずくめと言われている。大量生産に向けてはさまざまな課題があったが、来年頃には大量生産の目途も立っているという。全固体電池の開発では、世界でトヨタが先頭を走っているが、サムスンもトヨタを追いかけている。

次世代はリチウム金属電池とリチウム硫黄電池が有力

 次世代の電池として、リチウム金属電池とリチウム硫黄電池が候補に上がっている。リチウム金属電池の強みは、なんと言っても耐久性がある点だ。リチウム金属電池は、リチウムイオン電池に比べて2倍の耐久性があるようだ。リチウム金属電池は、外見こそリチウムイオン電池と変わらないが、陰極材には黒鉛やシリコンの代わりにリチウム金属が使われており、エネルギー密度を1,000Wh以上に高めた電池である。

 リチウム硫黄電池は正極材に硫黄を利用した電池である。リチウム硫黄電池の特徴は、リチウムイオン電池に比べてエネルギー密度が6倍以上高くなることだと言われている。しかし、硫黄の伝導率が低い点、充電と放電を繰り返すと体積が変化する点、反応性物質が電解質に溶解してしまう現象がある点など、商用化に向けての課題も多かった。ところが、最近ではオーストラリアの会社がリチウム硫黄電池の開発に成功したと発表し、業界の注目が集まっている。この電池が商用化されると、電気自動車の走行距離は2,000kmを超えるといわれるほど目覚ましい技術である。激しい技術開発の競争が繰り広げられる世界の電池市場の動向から、今後も目が離せない。

(了)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年11月30日 17:46

【王毅外相の訪日】約9カ月ぶりの日中政府高官直接会談、習近平の国賓訪日は

 24日、中国の王毅国務委員(副首相級)兼外相が訪日し、茂木敏充外相との会談、翌25日に菅義偉首相への表敬訪問などを行った。2月に楊潔篪中国共産党政治局委員(外交担当...

2020年11月30日 17:34

1人ひとりが社会を動かすプレーヤーに 市民社会への変容が世界を変える(中)

 『ハチドリ電力は、電力の小売業者です。家庭やオフィス・工場などに、自然エネルギーを販売しています。先ほども触れましたが、現在、もっとも大きな社会的課題は地球温暖化。...

2020年11月30日 17:21

アメリカ大統領選挙後の世界秩序を模索する!(4)

 第3部の「グリーン・ニューディールの制度設計と日本の道」では、下記の3名の報告が行われた...

2020年11月30日 17:10

10月の東証システム障害で宮原社長が引責辞任

 日本取引所グループ(JPX)は本日、(株)東京証券取引所代表取締役社長・宮原幸一郎氏が本日付で辞任すると発表した...

2020年11月30日 17:06

【凡学一生のやさしい法律学】詭弁の論理学(3)

 この文言は橋下氏の発言を批判したものではないため、橋下氏は反論する立場にない。それにもかかわらず橋下氏は、この前川氏の表現を強く非難した。まるでテレビ局の弁護人であ...

2020年11月30日 16:48

オンワード、芝浦の倉庫を住友不動産へ78億円で売却

 オンワード樫山(東京都中央区)は、保有する「オンワード樫山芝浦第2ビル」を78億円で住友不動産(東京都新宿区)へ売却する...

2020年11月30日 16:35

九州有力通販 低迷からV字回復への道

 九州を代表する通販企業として知られる(株)エバーライフ。健康食品通販市場の黎明期に急成長したが、類似品や競争激化により失速。しばらく低迷が続いていたが、最近は化粧品...

激化するコロナ用ワクチンの開発レース 隠蔽された副作用のリスク(前)

 世界中で新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者が5,500万人を突破し、死者も130万人を超えたため、治療薬や予防用ワクチンへの期待は高まる一方だ。ワクチン...

2020年11月30日 16:07

500名を上回る新規患者が韓国で3日連続発生(前)

 11月24日に、韓国人にとって意外なニュースが発表された。ブルームバーグ通信による「コロナ時代、世界で最も安全・危険な国・地域-レジリエンスランキング」だ...

2020年11月30日 15:52

いい部屋ネット・住みたい街ランキング2020~福岡市が全国第1位!

 賃貸住宅建設大手の大東建託(株)は25日、「いい部屋ネット 街の住みここち&住みたい街ランキング2020<全国版>」を同時に発表した。住みたい街(自治体)ランキング...

pagetop