2024年05月27日( 月 )

福岡商工会議所 次期副会頭に西日本FHの谷川社長ら

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 福岡商工会議所の役員が11月に任期満了と迎えるが、次期副会頭に西日本フィナンシャルホールディングスの谷川浩道代表取締役社長らが就任する予定であることがわかった。5人いる副会頭のうち、4人が交代する見通し。
 11月13日に予定している臨時議員総会で正式に決定される。

 藤永憲一会頭の続投は内定済み。副会頭候補として谷川氏以外に名前が挙がっているのは、福岡県運輸事業協同組合連合会の眞鍋博俊理事、(株)カンサイホールディングスの忍田勉代表取締役社長、(株)インターナショナルエアアカデミーの永江静加代表取締役社長。

 現任の副会頭で退任見込みなのは、福岡地所(株)の榎本重孝取締役副会長、(株)アキラ水産の安部泰宏代表取締役会長、三友機器(株)の柴田暢雄顧問、(株)松本組の松本優三代表取締役社長。ふくやの川原正孝代表取締役会長のみ留任の見通し。

 会頭は七社会から選出されることが多いとされており、次期体制で谷川氏以外に七社会出身の副会頭がいないことから、谷川氏は次の会頭への就任が有力視される。

【茅野 雅弘】

関連記事