開通に向けラストスパート 新阿蘇大橋(仮称)建設工事の進捗を追う(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月12日 07:00

開通に向けラストスパート 新阿蘇大橋(仮称)建設工事の進捗を追う(前)

 国土交通省九州地方整備局が、2021年3月ごろの開通に向けて急ピッチで進めている「新阿蘇大橋(仮称)」の建設工事。9月中旬、渡河部の橋桁がつながり、黒川をまたぐ橋の骨格ができあがった。
 かつての阿蘇大橋は、16年4月の熊本地震により落橋。新たな阿蘇大橋の架橋は、震災からの復旧復興のシンボルとみなされており、地元住民の期待は高い。
 渡河部の中央閉合を機に、阿蘇大橋工事の進捗などについて、工事を所管する同局熊本復興事務所の大榎謙所長に話を聞いた。 

進捗はすこぶる順調

 ――阿蘇大橋渡河部の工事が完了したそうですが、工事の進捗などをお願いします。

国土交通省九州地方整備局 熊本復興事務所
大榎 謙 所長

 大榎 9月14日に新阿蘇大橋(仮称)渡河部で、橋桁閉合ブロックのコンクリート打設(中央閉合)を行い、橋桁がつながりました。その際、施工業者である大成建設・IHIインフラ建設・八方建設地域維持型JV(以下、大成JV)の主催で、地元南阿蘇村5校の小学生による最終コンクリート打設イベントを行いました。

 イベントに参加した小学生からは、「こんなに大きな橋が人の手によってつくられていることを知って感動しました」とか、「橋ができあがったら、家族でわたってみたい」「橋から見たふるさと阿蘇の景色の美しさを改めて感じた」といったコメントをいただきました。我々としても、それらのコメントに非常に感じ入った次第です。

 進捗についてですが、関係各位の努力により、21年3月ごろの開通に向け、工事はすこぶる順調に進んでいます。9月末には橋桁内の外ケーブル緊張が完了し、現在は橋桁上面の地覆工、落下防止柵の設置、超大型移動作業車の解体、黒川左岸側の巨大エレベーター「インクライン」の解体作業などを行っているところです。今後は、引き続き附属物の設置を進めるとともに、橋前後の土工事、伸縮装置設置、橋面防水、舗装工等を行います。「1日でも早く」が我々のスローガンですので、引き続き早期供用開始に向け、工事を推進してまいります。

橋桁がつながった新阿蘇大橋(撮影時期は今年8月下旬、熊本復興事務所提供)

コロナ対策のキモは人々の意識

 ――新型コロナや豪雨による影響はありませんでしたか。

 大榎 熊本県では今年2月22日に、1例目の新型コロナ感染者が確認されました。工事関係者に感染者が発生すると、最低2週間は工事をストップせざるを得ません。災害復旧事業に支障をきたしかねませんので、新型コロナへの対応方針や事業継続計画を作成、周知し、「もらわない、うつさない」を合言葉に、事務所全体で感染防止対策などに取り組んでいます。大成JVも同様、日頃から高い意識をもって感染防止対策などに努力し、この国家的非常事態のなか、予定工程に沿って支障なく工事を進めていただいています。

 「令和2年7月豪雨」は、熊本県南部などで大きな被害をもたらしました。当施工現場周辺でも、例年並みの降雨がありましたが、集中的な降雨にはならなかったので、工程に大きな影響をおよぼすような事象は起きませんでした。コロナ感染症対策で大事なのは、やはり1人ひとりの意識のもちようだと思います。

 ――活断層区間の橋桁の工夫も無事完了したわけですね。

 大榎 そうですね。阿蘇大橋には一部、やむを得ず推定活断層をまたぐ区間(P3~PR1)があり断層変位が生じた際、構造体で抵抗するのは不可能であるため、復旧性や渡河部への影響を考慮して単純桁としました。また、断層変位が生じた場合に上下部構造が損傷する力が伝わらないよう、橋桁を支えるP3とPR1の支承取付けボルトは、レベル2を超える地震動が発生すると、あえて損傷するように設計されています。これにともない、落橋防止対策として橋桁を受ける張りの部分を断層変位量相当(1.4m)の拡幅を施しています。これらは被害を最小限にとどめ、迅速に復旧するための工夫です。

 ――今後の工事の留意点、ポイントなどは。

 大榎 これから冬場を迎えますが、積雪や凍結、強風など厳しい気象条件のなか、舗装工事等を行っていくことになります。天候を把握しながら、遅れを出したり品質低下を招かないよう、施工時の適切な温度管理や、冬ならではの事故対策がポイントになると考えています。

(つづく)

【大石 恭正】

               

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月07日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(2)

 日本の総広告費はGDPの拡大とともに年々増加の一途をたどり、今や7兆円に迫る規模に達している。電通は商業テレビがスタートした1953年以来、そうした日本の総広告費の...

2021年03月07日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(5)

 『別府市付近には、西日本を横断する断層帯である「中央構造線」に連なる断層帯がいくつもあります。大分県のホームページでは別府付近の断層を震源とする地震や南海トラフを震...

家族的な風土で社員の信頼関係を高め さらなる組織力強化を図る

 少子化に歯止めがかからないなか、政府は「働き方改革」を掲げ、IT活用による生産性の向上や労働環境の改善を促進。こうした取り組みによって離職率の低下と人材が確保できる...

2021年03月06日 08:00

極細1mmのふわふわ金糸モンブラン、太宰府天満宮参道で話題のソフトクリーム

 福岡の観光地・太宰府天満宮の参道にある金糸モンブラン専門店「香菓(かぐのこのみ)」が話題となっている。昨年12月25日のオープン以来3日間で1,000人を超える人気...

2021年03月06日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(1)

 圧倒的な力を背景に、長期にわたりマスコミを支配し続けてきた広告代理店・電通グループ。だが、「驕れるもの久しからず」。広告料不正請求事件や過労死事件に象徴されるように...

2021年03月06日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(4)

 『「構造特性係数(Ds)」とは、保有水平耐力計算においてその建物に必要とされる「必要保有水平耐力(Qun)」を求める際の係数であり、Dsの値が大きいほど、その建物に...

誠実・勤勉に仕事を全うし地場総合建設業の使命をはたす

 (株)末永工務店は地場総合建設業として、1957年4月の創業以来63年間、地元・福岡を中心に、数多くの実績と信頼を積み上げている。今日も現状に甘んじることなく研鑽を...

いつの時代も正直に まちづくりに貢献し続ける

 福岡県内トップクラスの総合建設業として、地域のまちづくりに貢献し続ける照栄建設(株)。1972年6月、前畑一人氏によって創業され、2代目の中村悦治氏、そして2017...

企画が強みのアメイズマンション 機会を捉え新規事業にも挑戦

 九州の地方都市では、実家から独立して持ち家を求める若者や、通院に便利なようにインフラが整った街中に住みたいと望む老夫婦が、「2つ目の住宅」としてマンションを購入する...

2021年03月05日 17:19

会計法人代表らを逮捕、1.8億円脱税の疑い(福岡地検)

 福岡地検は4日、法人税や消費税など約1億8,000万円を脱税したとして、法人税法違反などの疑いで、(株)会計法人SASパートナーズ(東京都渋谷区)の武藤貴弘・代表取...

pagetop