わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月17日 13:50

「後出しジャンケン」のニトリが勝利~DCMとの島忠争奪戦の顛末(2)

 (株)ニトリホールディングス(以下、ニトリ)とDCMホールディングス(株)(以下、DCM)による(株)島忠の争奪戦では、島忠がDCMと一度結んだ経営統合の合意を撤回し、より好条件を提示したニトリに乗り換えた。 北海道発祥の2社による異例な買収劇となった。DCMによる友好的なTOB(株式公開買い付け)が進んでいたなか、「後出しジャンケン」のニトリに軍配が上がった。

島忠と大塚家具は、桐たんすの三大産地、春日部市が発祥

 島忠と大塚家具の発祥の地である埼玉県春日部市は家具の歴史をもつ街であり、静岡県藤枝市、新潟県加茂市と並んで、桐たんすの三大産地である。
 春日部はなぜ、桐たんすを主産業としてきたのか。その由来を江戸初期までさかのぼると、17世紀前半に日光東照宮の造営にかかわった宮大工が、桐が自生していた「糟壁(かすかべ)」に住み着いたのが始まりとされる。

 春日部で生まれた家具専門店には、桐たんす職人を創業のルーツにしているという共通点がある。島忠は1893年に島村忠太郎氏が「島村箪笥製造所」を立ち上げたことが起点。大塚家具は1928年に、桐たんす職人の大塚千代三氏が開業した工房が前身。両社とも桐たんすの製造から家具の小売に転じた。

 島忠は90年代まで、家具専門店として日本一の売上高を誇っていたが、2000年に大型店を次々とオープンした大塚家具に首位の座を奪われた。08年のリーマン・ショック後には、その覇者は低価格を標榜するニトリホールディングスへと移っていった。

 大塚家具は(株)ヤマダホールディングスの傘下に入り、創業家出身の大塚久美子社長は退任し、島忠もニトリの完全子会社になる。奇しくも、春日部発祥の2社は、その歴史を閉じる。

島忠は家具とホームセンターの関係が悪かった

 島忠は1960年以降、家具製造から家具小売に転じ、78年にホームセンターに進出した。「家具の島忠」という圧倒的な知名度をもつ島忠が大塚家具やニトリに敗れた原因は、家具とホームセンターが、互いにライバル視する関係であったことによる。家具出身者は、祖業の家具と後発のホームセンターを一緒にすることに抵抗があった。島忠の取締役や社長はかつて家具出身者で占められており、2017年に就任した岡野恭明社長も家具閥だ。

 「家具と日用品は一緒に会計できません」。島忠の店舗にはこのような注意書きまで掲載されており、本社の商品開発や人事、営業、仕入れから会計、販売スタッフまですべて別々であった。

 島忠の家具事業の落ち込みは激しく、17年8月期は、ホームセンターは前期比で5%増えたのに対し、家具の売上は(同)10%減った。加えて、家具の売上はホームセンターの4割しかない。18年にようやく部門統合に踏み切り、好調のホームセンターが不振の家具を救済した。創業事業である家具出身者のプライドの高さが、島忠の凋落の原因であった。

 新型コロナの感染拡大で、日用品や園芸などを扱うホームセンターの需要が伸びたため、島忠の20年8月期決算は、営業収益は前期比5%増の1,535億円、純利益は同6%増の64億円と増収・増益となったが、それでも生き残りをかけて、買収提案を受け入れた。
 ホームセンター部門は同業のDCM、家具部門はやはり同業のニトリの傘下入りを望んでいたという。

ホーマックを中核にホームセンターが統合

 ホームセンター業界は2000年代に入り、市場の成熟化で伸びが止まった。ドラッグストアの市場規模は、03年度まで4兆円弱とホームセンターと拮抗していたが、現在は7.5兆円を超える。
 ドラッグストアは採算の良い医薬品や化粧品という「ドル箱」をもち、さらに日用品や飲食料品を安く販売して、スーパー、コンビニ、ホームセンターから顧客を奪ってきた。

 その状況に危機感を抱いたホームセンター企業は再編に動いた。06年9月、業界6位のホーマック(株)(札幌市)、同7位の(株)カーマ(愛知県刈谷市)、同9位のダイキ(株)(松山市)が経営統合し、持株会社DCMジャパン・ホールディングス(株)(現・DCMホールディングス)を設立した。

 中核は売り上げ規模がもっとも大きいホーマック。ホーマックは1951年に北海道釧路市で設立された金物店「石黒商店」を由来とする。これら3社を単純に合算した売上高は、1位のカインズを抜き、業界トップに躍り出る。

 DCMは15年7月には、青森地盤の中堅でジャスダック上場の(株)サンワドー(現・DCMサンワ)を傘下に収め、16年8月には流通大手のユニー(株)から、ホームセンター8社を買収し、16年12月には、山梨県地盤の(株)くろがねや(現・DCMくろがねや(株))を株式交換で完全子会社化した。

 3社統合は“弱者連合”と揶揄されたが、DCMは今やホームセンター業界のトップランナーとして快走してきた。

(つづく)

【森村 和男】

関連キーワード:ニトリ  ※記事へのご意見はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年04月15日 16:23

嘉麻バイパストンネル、東急JVが17.8億円で落札NEW!

 福岡県発注の「国道322号嘉麻バイパストンネル工事」を東急建設・サカヒラ・修成工業JVが17億8,204万円(税別)で落札した...

2021年04月15日 16:16

栄住産業が役員選任~新社長に宇都和光氏NEW!

 4月1日付でヤマエ久野(株)(福岡市博多区)に全発行済み株式を譲渡し、同社の子会社となった(株)栄住産業(福岡市東区)は、同日開催の株主総会で役員を選任した...

2021年04月15日 16:01

【4/20】IPO、M&Aの出口を見据えたスタートアップ成長戦略でオンライン・トークセッション(福岡市)NEW!

 福岡市は20日、スタートアップがIPO、M&Aなどの「出口」を見据えた成長戦略を考えるきっかけとなるトークセッションなどのイベントをオンラインで開催する...

2021年04月15日 14:25

【4/21】無料オンラインセミナー「私たちに本当に必要なDXのカタチ」NEW!

 無料オンラインセミナー「私たちに本当に必要なDXのカタチ」が4月21日に開催される。DXに地域企業が取り組むべき理由について、事業脚本家・渋谷健氏が解説する...

2021年04月15日 14:00

東芝・車谷社長が事実上のクビ、CVCと仕掛けた救済策が大炎上(1)NEW!

 「策士、策に溺れる」。東芝の車谷暢昭社長が辞任した。事実上の解任である。「ものいう株主」に追い込まれた車谷社長を救済するため、「プロ経営者」の藤森義明氏が英投資ファ...

2021年04月15日 13:00

豊洲市場訴訟、東京高裁が原告・仲卸業者の控訴を棄却(前)NEW!

 豊洲市場の仲卸業者5者が東京都を相手取り、豊洲市場の建築基準法違反の是正を求めた裁判は、1審で請求が却下され、原告が控訴していたが、3月22日、東京高等裁判所は「本...

2021年04月15日 11:55

GWはお得感満載!マリノアシティ福岡がゴールデンセールなどの各種セール、イベントを開催NEW!

 福岡地所グループの(株)エフ・ジェイエンターテインメントワークスは、マリノアシティ福岡(福岡市西区小戸)において「SHOPPING TREASURE MARINOA...

2021年04月15日 11:14

西日本新聞が不動産強化、地場オフィス仲介会社を傘下にNEW!

 西日本新聞の子会社・西日本新聞ビルディング(福岡市中央区)が、地場オフィス仲介の九州リアルティ・アソシエイツ(福岡市博多区、以下、九州RA)を子会社化したことがわか...

2021年04月15日 11:00

『脊振の自然に魅せられて』ヤマザクラの下で喜寿祝い(後)NEW!

 蛤岳の山頂から脊振方面へ15分ほど歩くと、ヤマザクラのある場所に着いた。登山道から入り込んだこの場所は、明るく静かでのんびりできる場所である...

2021年04月15日 07:00

成功するための身だしなみ「Dress for Success」とは(2)

 『東京経済大学大学院教授時代の2002年に米国コロンビア大学経営大学院に客員研究員として留学した際、同大学院のMBAコース在学中の島津さんと偶然お会いし、ルーツが同...

pagetop