【流域治水を考える】流域治水への転換とは何を意味するのか?(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月22日 07:00

【流域治水を考える】流域治水への転換とは何を意味するのか?(後)

議論は最適なダム選びへ

 今年10月、球磨川で流域治水協議会が設置され、議論がスタートした。新たな会議体に場所を移したとしても、球磨川流域の治水を考えるうえで、川辺川ダムが焦点なのは変わりない。ただ、もはや川辺川ダムを建設するかどうか予断を許さないという状況でもない。

 すでに過去の会合で、ダムによる治水効果は高いが、ダム以外の治水対策の効果は低いことが明示されている。流域市町村に至っては、ダム建設を含めた治水対策の早期実現に関する決議も行っている。少なくとも地元行政レベルでは「ダム建設しかない」という空気が支配的なのは明らかだ。いまだに「ダム建設反対」を主張し続けているのは、市民団体など「ダム反対ありき」の特定のセクトしかいないのが現実だ。今後の流域治水の議論の軸は、ダム建設の是非ではなく、最適なダム選びへとシフトしていくと予想される。

 川辺川に最適なダムとはどういうものか。それが流水型ダム、いわゆる穴あきダムだ。堤体に穴を設けることで、平時はダムに水を貯めず、洪水時の水を貯めるダムだ。水質など河川環境などへの影響を軽減できるらしいということで、一部の流域市町村メンバーから流水型ダムを推す声が挙がっている。ダムによる川辺川の水質悪化など、河川環境への懸念を払拭できるからだ。

 かつて川辺川ダム建設がストップした際、一部の流域市町村トップなどが理由として挙げたのが、水質悪化への懸念だ。ダムができれば、河川の水量が下がって水質が悪化し、清流が失われるというものだった。この手の懸念は、一部の流域市町村の間で、いまだにくすぶり続けている。「ダムによる治水効果は疑いがない。ただ、水質悪化への懸念がある。だったら、水質への影響が少ない流水型にすれば良いじゃないか。そもそも同じ県内ですでに建設しているじゃないか」。流水型ダムをもってくると、こういうわかりやすい話になる。

 ただ、流水型ダムが環境への影響が比較的少ないとしても、堤高90m、堤頂長200m、堤体積40万m3という構造物を建設する以上、当然、環境への影響がゼロになるわけではない。この辺の是非を判断するには、専門家による科学的な検証が待たれるところだ。

地元負担で再び揉める懸念も

 仮に、川辺川上流に流水型ダムをつくることを軸に、球磨川の流域治水プロジェクトが取りまとめられたとしよう。その場合、気になるのは、建設にかかるコストだ。

 既存の川辺川ダム建設計画を復活させるのであれば、すでに多くの事業が完了しているので、2,000億円程度の追加投資でできるようだが、流水型ダムへの変更によって、コストが増加する可能性は高い。財務省が首をタテに振るのか、流域自治体にこの負担増を受け入れる覚悟があるのか。総論にはしぶしぶ賛成するが、負担増になるなら、反対に回る自治体が出てこないとも限らない。流域治水プロジェクトはできたものの、地元負担で揉めて、事業が前に進まないという事態も考えられなくはない。この点、何しろ過去に実績がある。

 いつ完成するのかも気になるところだ。これも既存のダム計画であれば、早ければ数年で完成する見込みが立ちそうだが、流水型に変更する場合は、調査の段階からすべてやり直しになる可能性がある。少なくとも完成まで10年、ヘタをすればそれ以上の年月がかかる可能性もある。そうなると、流域治水が整う前に、再び水害に見舞われるリスクも高くなる。これも、つい数カ月前に実際に経験したことだ。

 ところで、報道によれば、蒲島知事は川辺川ダムを容認し、流水型ダムの建設を要望する方針らしい。これも報道ベースだが、国土交通省も、流水型ダムによる川辺川ダム建設に前向きらしい。事実だとすれば、ダム以外に有効な治水対策がない以上、唯一残されたまともな選択だといえる。12年前に同じ人物が真逆の判断を下したことを考えれば、隔世の感がある。流水型ダムでの建設再開が決まれば、球磨川の流域治水をめぐる議論も、現実味を増し(生々しさも増すだろうが…)、一気に加速することが期待される。

 流域治水プロジェクト策定まで、約4カ月。決して十分な時間とはいえないが、約12年間にわたる“あさっての方向”を向いたムダな議論と比べれば、より有意義な議論が聞けそうだ。蒲島知事の言動を含め、引き続きこれらの動きを追っていきたい。

(了)

【大石 恭正】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年11月26日 13:23

ダイナム、パチンコ事業は287億円の減収NEW!

 (株)ダイナムジャパンホールディングスは、25日、2021年3月期の中間決算を発表した。当期のパチンコ事業収入は、前年同期比で287億1,500万円の減収となる45...

2020年11月26日 13:10

未回収となった工事代金5.7億円をめぐり、JR九州子会社が前社長を提訴NEW!

 JR九州(東証一部)の子会社・JR九州住宅(株)が、前社長・松尾純一氏を訴えていたことがわかった。発端となったのは、エステート・ワン(株)からの工事受注...

2020年11月26日 12:12

アメリカ大統領選挙後の世界秩序を模索する!(2)NEW!

 下記2名が「岡倉天心記念賞」の受賞者として選出された...

2020年11月26日 10:30

【企業研究】ロイヤルホールディングス~コロナ禍で飛行機が飛ばず、創業事業の機内食事業が壊滅的な打撃!(3)NEW!

 ロイヤルHDは、何ごとも業界に先駈けて実施してきた。それは、創業者の(故)江頭匡一(えがしら・きょういち)氏の遺伝子である。江頭氏は1923年3月25日、福岡県三潴...

2020年11月26日 10:00

【凡学一生のやさしい法律学】詭弁の論理学(1)NEW!

 日本社会は崩壊の危機に瀕している。しかし一見すると、高度の科学や文芸をもち、大量消費生活を謳歌する大多数の国民は、日本の文明が崩壊の危機に瀕しているなど夢にも思って...

2020年11月26日 09:46

2020年マックス忘年会~万全の感染対策を講じて開催NEW!

 データ・マックスは11月24日、ホテルオークラ福岡で「2020年マックス忘年会」を開催した...

2020年11月26日 08:59

オンライン結婚式という選択、ディライトの取り組みNEW!

 奈良を拠点に、結婚式場やレストランの運営などを手がけるディライト(株)。同社は、コロナ禍で求められる「ニューノーマル」に対応したサービスとして、『オンライン結婚式』...

孤独と向き合い、撃退するための文化芸術

 「良い意味での宗教と文化芸術でしか、もう人間は救えないのかもしれない」とおっしゃるドクターに出会ったのが30歳のころでした。「人間にとって最大の病は何ですか?」と質...

グローバリズムの次のステージに コロナで激変・移行する世界

 現在、新型コロナ蔓延による影響で、国内外のさまざまな動きがストップ、もしくは停滞しているような状況です。そうしたなかで我々建築家が今何をすべきかを考えたとき...

2020年11月25日 16:42

【凡学一生の優しい法律学】熊本典道元裁判官の死

 筆者は幼少のころ、たびたび小銭を握って闇米買いの小使いをさせられた。その度「闇米などの違法な米を食することはできない」として餓死した裁判官の話を父から聞かされた...

pagetop