いよいよ今年度中の事業者公募へ 九大・箱崎キャンパス跡地再開発(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年12月01日 07:00

いよいよ今年度中の事業者公募へ 九大・箱崎キャンパス跡地再開発(前)

貝塚駅東側にJR新駅、2025年に開業へ

 九州旅客鉄道(株)(以下、JR九州)が10月16日、鹿児島本線の千早~箱崎駅間において、新駅を設置する旨を発表した。これは2019年10月に、九大跡地利用4校区協議会()から市とJR九州へ提出された設置要望を受けて検討を行っていたもので、福岡市との協議が整ったことで、今回の新駅設置の発表となった。

 新駅は西鉄貝塚線および福岡市地下鉄・貝塚駅の東側付近に設置予定で、現在はJR線の踏切がある場所の踏切を廃止して設置される。既存のJR箱崎駅からは約1.7km、JR千早駅からは約2.3kmの距離だ。事業費は概算で約13億円を見込んでおり、JR九州が半分、残りを九大と都市再生機構(以下、UR)が負担する。また、新駅の東西は歩行者らの往来のため、市によって自由通路が整備される方針。新駅の開業目標は、2025年となっている。

※箱崎校区自治協議会、筥松校区自治協議会、東箱崎校区団体協議会、松島校区自治協議会で構成 ^

跡地再開発をめぐって協議・検討を重ねる

 1911年に九州帝国大学(現・九州大学)が創立した“九州大学発祥の地”である箱崎キャンパス跡地は、古くから筥崎宮の門前町や唐津街道の宿場町として栄えてきた。都心部からも近く、交通利便性にも優れた場所だ。91年に九州大学が「伊都キャンパス」(福岡市西区)への統合移転を決定し、2005年の工学系を皮切りに3つのステージに分けて段階的な移転が進行。18年9月末をもって統合移転は完了し、現在の箱崎キャンパス跡地は、旧工学部本館などの一部保存が決定している建物を除いて解体が進み、ほとんどが更地化している。土壌対策を含めた更地化の完了は、21年度を予定している。

 箱崎キャンパス跡地は、周辺エリアも含めると約50haにもおよぶ広大な跡地。その利活用・再開発をめぐっては、移転完了前からさまざまな協議が重ねられてきた。13年2月には、箱崎キャンパス跡地の計画的なまちづくりの方針や将来構想などの大きな方向性について、検討委員会が九州大学と福岡市に対して「跡地利用将来ビジョン」を提言。15年3月、土地利用転換の実現に向けた「跡地利用計画」が策定された。これら将来ビジョンと跡地利用計画を踏まえて18年7月、九州大学と福岡市は「九州大学箱崎キャンパス跡地グランドデザイン」を策定・公表した。これは、良好な市街地形成と新たな都市機能を導入するため、まちづくりに共通する整備ルールや将来の絵姿などを示すことや、将来にわたって持続的に発展していくための指針となることを目的としている。

 グランドデザインでは、「福岡市基本構想」と「第9次福岡市基本計画」を上位計画としたうえで、これまで検討されてきたまちづくりの方針や将来構想をベースに、「まちづくりの基本的な考え方」として「イノベーションを生み出す新たな拠点の創出」と「高質で快適なライフスタイルや都市空間づくり」の2つを設定。まちづくりの方向性として、平面・立体・複合的につながる多様な都市機能の誘導を図るほか、“ここ箱崎だからこそできるまちづくり”に向けてのまち全体の一体感を創出する空間整備や環境と共生した持続可能なまちの形成、良好なコミュニティを形成するマネジメントの仕組みづくり―などが示されている。

 加えて、市が16年秋にスタートさせた「FUKUOKA Smart EAST」の考え方も取り入れられている。これは、最先端の技術革新の導入などにより、快適で質の高いライフスタイルと都市空間を創出し、未来に誇れるモデル都市を創造しようという市のプロジェクトで、その先駆けとして箱崎のまちづくりにおいて進めていき、いずれ全市にまでその取り組みを拡大していきたい考えだ。

(つづく)

【坂田 憲治】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月25日 17:59

【立憲民主党/稲富修二】選挙で国民の支持を得るために何が必要か

 福岡2区選出で立憲民主党の稲富修二衆議院議員(50)が23日、データ・マックス本社でインタビューに応じ、次期総選挙に向けた抱負を語った...

2021年01月25日 16:30

【2/14】「令和」の考案者、中西進氏講演会を開催~太宰府市史跡指定100年記念

 太宰府市の大宰府跡、水城跡が国からの史跡指定を受けて本年で100周年を迎える。同市はそれを記念して、2月14に「令和」の考案者とされる中西進氏を招いて講演会を開催す...

2021年01月25日 16:16

自民党厚生労働部会が健康保険の法改正案を審査~後期高齢者給付を1,880億円削減

 自民党厚生労働部会は1月21日、全世代対応型の社会保障制度を構築するため、健康保険法などの一部を改正する法案の審査について議論を行った。給付は高齢者中心、負担は現役...

2021年01月25日 15:44

【基山町】トラスト不動産開発と連携し、子育て世代の移住・定住を促進。保育施設を完備したマンションを建設

 佐賀県基山町は25日、トラスト不動産開発(株)と「まちづくりに関する協定」を締結した。トラスト不動産が基山町において18年ぶりとなる分譲マンションを建築することを契...

2021年01月25日 15:06

【特別インタビュー】再分配機能の強化で貧困をなくす コロナ禍で「小さな政府」は終焉(前)

 『前の安倍政権も菅政権も、コロナ対応に関して失政続きだったと思います。冬になれば感染が拡大するのが明らかだったにも関わらず、ほとんど準備をしていなかったことなど、両...

2021年01月25日 15:00

ネットバブルの寵児、折口雅博氏の自伝『アイアンハート』を読む~逃避先の米国で、あのトランプ前大統領の知遇を得て再起!!(1)

 ネットバブルの寵児が戻ってきた。人材派遣大手グッドウィル・グループ(株)元会長・折口雅博氏が自伝『アイアンハート』を出版した。副題は「ゼロから12年で年商7,700...

2021年01月25日 14:00

シェア争いが激しい韓国フードデリバリー市場(前)

 韓国人の日常生活は、コロナ禍で変化を余儀なくされている。そのなかでも、飲食店利用の減少と在宅時間の増加により、食生活に大きな変化が起こり、フードデリバリーアプリ市場...

2021年01月25日 13:34

【特集】これでいいのか産廃処理(2) 「正直者が馬鹿を見る」中間処理業界

  安定型処分場で埋立できる産業廃棄物(産廃)は、“安定型5品目”と呼ばれる、「廃プラスチック類、ゴムくず、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず、がれき類」など。廃...

2021年01月25日 13:00

【長期連載】ベスト電器消滅への道(7)

 ベストはなぜ負けたか。ヤマダ電機、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、コジマ、エディオンなどの競合量販店が九州に食指を伸ばした、デフレと不況で消費者の購買意欲が薄れた、そ...

菅義偉首相の致命的欠陥とは

 1月21日、英紙タイムズ電子版が、ある与党関係者の話として、政府が非公式に新型コロナウイルスの影響で東京五輪の開催を中止にする必要があると結論付けたと報じた。これに...

pagetop