わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月01日 07:00

強欲者同士の対立が 「破滅」か「延命」かを突きつける

(株)データ・マックス 代表取締役社長 児玉 直

新型コロナ禍がもたらした大変革

 人類の文明史上、600年サイクルで世界大変革が行われてきたことは歴史が示すとおりだ。前回はルネサンス(キリスト教からの解放思考)に始まる、西欧の世界制覇のスタートだった。それを鑑みれば、今回の新型コロナ禍は神が差し向けた警告であるようにもみえる。「人類たちよ、おまえたちはあまりにも強欲すぎるのではないか!」と。

人類を危機に追い込む、自分勝手な振る舞い

 強欲の対立とは、世界人口のわずか1%にも満たない富裕層(富者)が世界を制圧しようとする欧米中心の独占資本体制と、アジアの覇者である中国共産党・習近平独裁体制の激突を指す。この激突の行方がいまだ不透明なままなのは、アメリカ社会の変質にある。

 新型コロナによるアメリカ国内の死亡者はついに30万人を超え、さらに連日のように約19万人の新規感染者が確認されている。毎日3,000人超が新型コロナウイルスに関連する疾患によって亡くなっており、これはかたちを変えた戦争とみることもできる。かつてのアメリカであれば、これだけ自国の犠牲者を出したのであれば国全体がひとつになって対コロナ戦に立ち向かっていったはずだが、実際はアメリカ大統領選に象徴される国家分断のさなかにあり、効果的な対策がとれていない。

 死亡者のうちかなりの割合が、適切な医療を受けられなかった生活困窮者(貧者)だった可能性もある。かの国の所得格差や身分格差はトランプ政権下でますます加速し、ごく少数の成功者たちが自分勝手に生きて我が世の春を謳歌しているのだ。
では、中国はどうか。習金平独裁政権の構想は次のようなものだろう。

 ――近代200年の恨みを晴らすために、まず2040年をメドに経済力で米を圧倒する布石を着実に打つ。それと同時に、隙あらば〈植民地〉拡大を図りたい――

 共産党独裁ではなく、あえて「習近平独裁」政権と呼んだのは、この戦略に習近平国家主席の個人的資質が色濃く反映しているからだ。2021年は、強欲者同士の自分勝手な振る舞いによる武力激突さえ予測される。

翻って日本――統治能力ゼロの政権

 安倍前首相の立ち居振る舞いを見て、どう感じたであろうか。コロナ禍に対してまともな対策も打てないまま、同盟国アメリカから「中国との局地戦の可能性まで含めた軍事力強化」の要請を受けて精神的にも肉体的にも追い込まれ、2007年に続いてまたしても首相ポストを投げ捨てた。要するに、責任感も胆力も皆無の人間なのだ。そんな人間がまた、菅首相の体たらくを受けて偉そうに発言を始めたという。羞恥心という言葉を知っていれば自ら引退宣言すべき人間なのに、である。

 どさくさに乗じて政権を打ちたてた菅首相はさて、何をしたいのかさっぱり見えてこない。どんな国にしたいのかというビジョンや日本が進むべき方向性すら国民に提示できない、本来であれば2流以下の政治家だ。コロナ対策では、支持率を横目で見ながら場当たり対応に終始する間抜けぶりを露呈する始末。まさしく統治能力ゼロで、しかも政権を支えてきた官僚たちも劣化しているから救いようがない。

南海トラフ巨大地震など大災害に備えよ

 日本が直面する最も深刻な課題は、人口の激減である。2019年は過去最多51万5,000人の自然減で、2020年はこれを上回る70万人近い人口減という衝撃的数字が待ち受けている。全国津々浦々で、その地域の歴史を紡いできた集落が次々と消滅しているのだ。さらに、いつ起きても不思議ではないとされる南海トラフ巨大地震についても対策を怠るべきではない。国民一人ひとりが危機感を持つこと、そして企業を舵取りする経営者は相当な覚悟をもって経営に専念すべきだ。この未曾有の危機を突破するのは、容易なことではないのだ。

(了)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年04月15日 14:25

【4/21】無料オンラインセミナー「私たちに本当に必要なDXのカタチ」NEW!

 無料オンラインセミナー「私たちに本当に必要なDXのカタチ」が4月21日に開催される。DXに地域企業が取り組むべき理由について、事業脚本家・渋谷健氏が解説する...

2021年04月15日 14:00

東芝・車谷社長が事実上のクビ、CVCと仕掛けた救済策が大炎上(1)NEW!

 「策士、策に溺れる」。東芝の車谷暢昭社長が辞任した。事実上の解任である。「ものいう株主」に追い込まれた車谷社長を救済するため、「プロ経営者」の藤森義明氏が英投資ファ...

2021年04月15日 13:00

豊洲市場訴訟、東京高裁が原告・仲卸業者の控訴を棄却(前)NEW!

 豊洲市場の仲卸業者5者が東京都を相手取り、豊洲市場の建築基準法違反の是正を求めた裁判は、1審で請求が却下され、原告が控訴していたが、3月22日、東京高等裁判所は「本...

2021年04月15日 11:55

GWはお得感満載!マリノアシティ福岡がゴールデンセールなどの各種セール、イベントを開催NEW!

 福岡地所グループの(株)エフ・ジェイエンターテインメントワークスは、マリノアシティ福岡(福岡市西区小戸)において「SHOPPING TREASURE MARINOA...

2021年04月15日 11:14

西日本新聞が不動産強化、地場オフィス仲介会社を傘下にNEW!

 西日本新聞の子会社・西日本新聞ビルディング(福岡市中央区)が、地場オフィス仲介の九州リアルティ・アソシエイツ(福岡市博多区、以下、九州RA)を子会社化したことがわか...

2021年04月15日 11:00

『脊振の自然に魅せられて』ヤマザクラの下で喜寿祝い(後)NEW!

 蛤岳の山頂から脊振方面へ15分ほど歩くと、ヤマザクラのある場所に着いた。登山道から入り込んだこの場所は、明るく静かでのんびりできる場所である...

2021年04月15日 07:00

成功するための身だしなみ「Dress for Success」とは(2)

 『東京経済大学大学院教授時代の2002年に米国コロンビア大学経営大学院に客員研究員として留学した際、同大学院のMBAコース在学中の島津さんと偶然お会いし、ルーツが同...

2021年04月15日 07:00

イオン九州、リテール、MrMax2月期、予想大幅に上回る 22年は巣ごもり一巡で減収か

 上場3社の2021年2月期は巣ごもり消費で予想を大幅に上回り過去最高になる見通しだ。3社とも好業績で増配に踏み切る。22年はコロナ特需が一巡し、業績は後退する可能性...

2021年04月14日 18:00

TKP 21年2月期は35億円の赤字、今期は黒字転換を予想

 14日、TKP(東証マザーズ)が2021年2月期の決算発表を行った。同期は売上高431億円(前期比20.6%減)、経常赤字23億円(前期は47億円の黒字)、当期赤字...

2021年04月14日 17:42

柏崎刈羽原発が「運転禁止」、テロ対策不備問題で原子力規制委員が命令

 東京電力の柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)のテロ対策不備問題について、原子力規制委員会は14日、再稼働に関する行政処分の是正措置命令を決めた...

pagetop