2022年06月29日( 水 )
by データ・マックス

シェアプラスαの利便性、セットアップオフィス(後)

今後の市場性

 小田氏は、「IT業界では、優れたエンジニアを採用し定着率を高めることが重要なため、福利厚生の一環としてオフィス環境に投資をする傾向は、今後も変わらないとみる。一方、先行きが不透明であるため、短期間で規模拡大、縮小やエリアの変更など、柔軟に動けるオフィスが求められてくるだろう。当社が提供するセットアップオフィスは、そのニーズにお応えできていると感じる。

 また、イノベーションを生み出すことが成長に欠かせないスタートアップ企業などは、テレワークではコミュニケーションが活性化せず、アイデアを生むオフラインの場として、オフィスの必要性が再認識されている」と語る。

 なお、セットアップオフィスは内装にかかる投資額が大きいため、現時点では、市場規模が大きい東京都心のみに展開する予定だという。

アートで部屋を選ぶ、セットアップオフィス

 A YOTSUYA 

 サンフロンティア不動産が運営する「A YOTSUYA((エー・ヨツヤ)」(新宿区四谷本塩町)は、「ブルックリン」「アート」「コーヒー」というスタートアップ好みの世界観を再現した。有名テーマパークを手がけたデザイナーが内装に携わり、エイジング加工を施したこだわりのシェアラウンジを備えた全22室の1棟シェアオフィス。各専有部分にはミューラルアート(壁画)が描かれ、中心にはラウンジがあり、フロアはアートギャラリーのようになっている。

 築40年の元外資系メーカー本社ビルをリノベーションした建物は、地上4階、地下1階で計22室(1部屋6~12名、うち2室は曜日オフィス「WEEK」)、延床面積1,130m2でラウンジやルーフトップなどの共用部はシェア。ミューラルアートというエッジの効いたコンテンツのため、趣味の合うテナントが集う場となることで、コミュニティが活発化し、企業の成長が加速するオフィスを目指す。

 コロナ禍で執務空間としてのオフィスの価値が見直されるなか、オフィスに集うからこそ生まれる特別な体験を提供している。

https://yotsuya-office.jp/

(了)

【石井 ゆかり】

(前)

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、建設・不動産業界に関すること、再開発に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

記事の企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は別途ご相談。

現在、業界に身を置いている方や趣味で建築、土木、設計、再開発に興味がある方なども大歓迎です。

また、業界経験のある方や研究者の方であれば、例えば下記のような記事企画も募集しております。
・よりよい建物をつくるために不要な法令
・まちの景観を美しくするために必要な規制
・芸術と都市開発の歴史
・日本の土木工事の歴史(連載企画)

ご応募はこちら(nagaue@data-max.co.jp)まで。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事