• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月25日 10:57

【検証】トクホ“復権”に向けた消費者庁の検討会、失敗に終わる可能性も

 機能性表示食品の登場により、影が薄くなった特定保健用食品(トクホ)。トクホ制度をテコ入れするため、消費者庁は昨年12月に「特定保健用食品制度(疾病リスク低減表示)に関する検討会」を立ち上げた。ところが、これまでの検討状況を見ると、議論は迷走し、検討会は失敗に終わると予想される。その原因を検証する。

議論が成り立たない状況

 トクホ制度は1991年にスタート。2019年度時点の許可件数は1,072件を数える。これ対し、15年に導入された機能性表示食品制度の届出は3,673件に上り、トクホを圧倒している。

 どちらも「血圧が高めの方に」などの機能性を表示できるが、トクホはその範囲が限定的。一方、機能性表示食品では、トクホに見られない機能性表示が次々と登場。商品開発の費用もトクホと比べて格段に安い。業界の“トクホ離れ”が進むのも当然といえる。

 トクホの凋落ぶりに危機感を抱くのは、トクホ業界だけでない。制度を所管する消費者庁や審査する消費者委員会も同様。そこで、消費者庁が打ち出したのが、トクホだけに認められている「疾病リスク低減表示」の拡充だ。これにより、機能性表示食品との差別化を図るという狙いがある。

 疾病リスク低減表示は、具体的な疾病名を表示できる。この点がほかの機能性表示と大きく異なる。現在、「カルシウムと骨粗しょう症」と「葉酸と神経管閉鎖障害」の2つがある。

 疾病リスク低減表示の拡充へ向けて、消費者庁は検討会を設置。昨年12月25日に初会合を開き、今月22日に2回目の会合をもった。

 通常、国の検討会は所管官庁が示した論点や案を議論し、一定の方向性を取りまとめる。ところが、22日の第2回検討会では、多数の委員から、議論自体が成り立たないという旨の発言が相次いだ。

 検討の中心的なテーマは、欧米で認められている疾病リスク低減表示をトクホに導入すること。消費者庁は具体案として「カルシウム、ビタミンDと骨粗しょう症」「ビタミンDと転倒」などを提示。また、摂取量を減らすことによる「ナトリウムと高血圧症」、対象成分を限定しない「穀物・果物・野菜とがん」なども検討課題に挙げた。

 具体案に対し、多くの委員が「トクホと海外の制度はかなり異なり、海外の例は参考にしてはいけない」などと指摘。「ビタミンDを入れてほしいというのではなく、食事摂取基準を考えたうえで丁寧に議論すべき」といった批判が寄せられた。

 消費者庁が出した論点や具体案に対し、多くの委員が真っ向からダメ出しするという異例の展開となった。

ミスだらけの論点

 国の検討会で、所管官庁が示した論点をめぐり、議論さえも成り立たないというケースは極めて珍しい。その原因について考察する。

 そもそも今回の施策は、水面下で業界側から持ちかけられたもの。消費者庁が犯した最大のミスは、海外の制度とトクホ制度の設計が異なるにもかかわらず、「欧米のように表示を広げてほしい」という業界の要望に沿って動いたことだ。

 トクホ制度は日本独自の基準に基づいて運用されている。このため、欧米の事例をそのまま反映させることには無理がある。そのことをもっとも理解しているはずの消費者庁が、今回の案を持ち出したこと自体が驚きといえる。

 次に、国の栄養政策と整合性を取る必要があるにもかかわらず、その配慮が完全に欠如していたこともミスの原因だ。

 18年4月~19年3月に行われた厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2020年版)」策定へ向けた検討では、ビタミンDについて時間を割いて議論した。ビタミンDは食事で摂取する以外に、日光を浴びることによって体内でも産生される。判断を誤ると、国民を過剰摂取に導く恐れがあることから、慎重にビタミンDの摂取基準を決めた経緯がある。

 一方、疾病リスク低減表示の場合はどうか。欧米で認められているという理由だけで、ビタミンDを追加しようとしているようだ。過剰摂取につながる恐れもあり、国の栄養政策と矛盾する。

 「減塩」による疾病リスク低減表示や、関与成分を限定しない野菜・果物の疾病リスク低減表示も、トクホの定義や制度設計を見直さない限り、議論の俎上に乗せることさえできないはず。本来、今回の検討会で論点に挙げるようなテーマではないとみられる。

 多くの委員が議論にならないと反発したのも、以上のようなことが背景にある。

 検討会は3月に開く最終会合で、今後の方向性を取りまとめる。しかし、論点や具体案には致命的なミスがある。具体的な施策を打ち出すことは困難と考えられる。

 さらにいえば、今回の検討会を設置したことに意味があるのかという疑問も湧く。意味があるとすれば、トクホ制度を拡充するためには、制度設計を根本から見直す必要があることが明確になった点だけといえそうだ。

【木村 祐作】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月07日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(2)

 日本の総広告費はGDPの拡大とともに年々増加の一途をたどり、今や7兆円に迫る規模に達している。電通は商業テレビがスタートした1953年以来、そうした日本の総広告費の...

2021年03月07日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(5)

 『別府市付近には、西日本を横断する断層帯である「中央構造線」に連なる断層帯がいくつもあります。大分県のホームページでは別府付近の断層を震源とする地震や南海トラフを震...

家族的な風土で社員の信頼関係を高め さらなる組織力強化を図る

 少子化に歯止めがかからないなか、政府は「働き方改革」を掲げ、IT活用による生産性の向上や労働環境の改善を促進。こうした取り組みによって離職率の低下と人材が確保できる...

2021年03月06日 08:00

極細1mmのふわふわ金糸モンブラン、太宰府天満宮参道で話題のソフトクリーム

 福岡の観光地・太宰府天満宮の参道にある金糸モンブラン専門店「香菓(かぐのこのみ)」が話題となっている。昨年12月25日のオープン以来3日間で1,000人を超える人気...

2021年03月06日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(1)

 圧倒的な力を背景に、長期にわたりマスコミを支配し続けてきた広告代理店・電通グループ。だが、「驕れるもの久しからず」。広告料不正請求事件や過労死事件に象徴されるように...

2021年03月06日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(4)

 『「構造特性係数(Ds)」とは、保有水平耐力計算においてその建物に必要とされる「必要保有水平耐力(Qun)」を求める際の係数であり、Dsの値が大きいほど、その建物に...

誠実・勤勉に仕事を全うし地場総合建設業の使命をはたす

 (株)末永工務店は地場総合建設業として、1957年4月の創業以来63年間、地元・福岡を中心に、数多くの実績と信頼を積み上げている。今日も現状に甘んじることなく研鑽を...

いつの時代も正直に まちづくりに貢献し続ける

 福岡県内トップクラスの総合建設業として、地域のまちづくりに貢献し続ける照栄建設(株)。1972年6月、前畑一人氏によって創業され、2代目の中村悦治氏、そして2017...

企画が強みのアメイズマンション 機会を捉え新規事業にも挑戦

 九州の地方都市では、実家から独立して持ち家を求める若者や、通院に便利なようにインフラが整った街中に住みたいと望む老夫婦が、「2つ目の住宅」としてマンションを購入する...

2021年03月05日 17:19

会計法人代表らを逮捕、1.8億円脱税の疑い(福岡地検)

 福岡地検は4日、法人税や消費税など約1億8,000万円を脱税したとして、法人税法違反などの疑いで、(株)会計法人SASパートナーズ(東京都渋谷区)の武藤貴弘・代表取...

pagetop