わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年02月25日 16:06

本社売却、史上最大の赤字・・・大きく揺れる電通(2)

 「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす 奢れる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし、猛き者もついにほろびぬ、ひとへに風の前の塵におなじ」(平家物語)。
 新型コロナウイルスの猛威に晒され、再び緊急事態宣言に揺れるなか、衝撃的なニュースが飛び込んできた。広告業界の巨人・電通グループが、ステータスシンボルとしてきた本社ビルを売却するというのだ。「猛き者もついにほろびぬ」。「電通王国」崩壊の鐘の声か。

汐留本社ビル3,000億円売却の衝撃

 「電通、本社ビル売却検討」。日本経済新聞電子版(1月20日付)が報じた。売却額は国内の不動産取引として過去最大級の3,000億円規模になるとみられている。みずほ系不動産会社のヒューリックが優先交渉権を得て、3カ月をメドに買収交渉を始めている。

 売却するのは、東京港区汐留のオフィス街にある電通本社ビル。面積5,200坪という広大な敷地にそびえ立つ地上48階建て、高さ213mの超高層ビル。高層部のスカイレストラン、低層部の商業施設部分や劇団四季の常設専門劇場「海」、広告資料館アドミュージアム東京など「カレッタ汐留」と呼ばれる部分を含め、延床面積は7万坪を超える。旧国鉄・汐留貨物跡地の再開発により2002年12月に開業した。

 電通が、その本社ビルを売却するうえで前提としているのが、セール・アンド・リースバックの活用。企業が所有、使用している建物を売却した後、買い主から期間を定めて借り戻す(リースバック)というスキームだ。建物の使用を続けたまま資金調達ができるというメリットがある。

 電通といえば、東京五輪でマーケティング専門代理店に任命された広告会社。東京大会の企画や宣伝活動の中心的役割をはたす、いわば東京五輪のタクトを振る会社だ。それなのに、東京五輪の開催直前に電通本社ビルを売却する。SNSで「東京五輪はやっぱり中止、電通はいよいよカネに困ってビルを叩き売る」と大騒ぎになったのも無理はなかった。

「電通の天皇」と呼ばれた第9代社長、成田豊氏

 汐留の電通本社ビルは、電通の歴史のなかで大きな意味をもつ。電通には、「鬼」や「天皇」がいる。「電通の天皇」と呼ばれたのが(故)成田豊氏。

 「広告と電通を一流の存在にして世間に認められること」に執念を燃やした。東京大学法学部卒業時、結核の既往症から海運、鉱山、鉄道など当時一流とされた企業への就職に失敗。1953年、「不本意ながら」電通に入社。日本の広告業界の礎を築いた第4代社長・吉田秀雄氏の薫陶を受けて頭角を現した。吉田氏は、電通マンの行動規範といえる「鬼十則」をつくり、「広告の鬼」と呼ばれた怪物経営者だ。

 勇将の下に弱卒なし。成田氏は上層部の反対を押し切ってスポーツビジネスを推進し、大きな柱に育てた。93年に9代社長に就任。02年から会長を務め、04年最高顧問、10年名誉相談役、11年に82歳で亡くなった。この間、「電通の天皇」として君臨した。

 01年11月、創業100周年の節目に東証1部に株式を上場。翌02年12月、汐留地区の再開発「汐留シオサイト」の先陣を切り、本社ビルを開業。都内に散らばっていた事業部を本社ビルに集約した。当時、会長だった成田豊氏は竣工の日に「東京の新しい情報・文化の発信地として発信していく」と挨拶している。まさに“電通の顏”ともいえるビルだ。

 02年には、フランスに本拠を置く世界3位の規模を持つ広告代理店ピュブリシスと資本提携を結んだ。電通の株式を公開し、汐留本社ビルを建て、グローバル化に舵を切った。今の電通の方向性を決めたのは「天皇」成田豊氏と言っても過言ではない。

(つづく)

【森村 和男】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年05月16日 06:00

『日本弓道について』(1)NEW!

 今年5月に弓道の写真集を出版した。父を師として、42歳から弓を始め、弓歴は30年を過ぎた。弓を初めた頃から30年かけて撮影してきた、名人といわれる先生、弓道大会、弓...

2021年05月16日 06:00

「パークサンリヤン大橋」耐震強度問題、仲盛氏による弁護士懲戒請求を解説(後)NEW!

 訴外の仲盛氏としては、不当・違法な訴訟行為を故意に実行したことを懲戒請求手続きで問い、当該弁護士の懲戒手続きにおける弁明書などの証拠を残して、次に民事賠償責任を問う...

2021年05月15日 15:41

力の源 HD へ麻生が資本注入

 (株)力の源ホールディングス(東証一部)は 14 日、(株)麻生(飯塚市)へ第三者割当増資を行うことを発表した。調達額は約 16 億円。割当日は 31 日を予定している。

2021年05月15日 06:00

【5/30】国際政治経済学者・浜田和幸氏のZOOM 講演会「ポスト・コロナ時代をたくましく生き抜くヒント」

 メルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者・浜田和幸氏がZoomによる講演会を開催する...

2021年05月15日 06:00

「パークサンリヤン大橋」耐震強度問題、仲盛氏による弁護士懲戒請求を解説(中)

 被告の準備書面で、訴外である仲盛昭二氏の公的資格が争点になること自体、まるで子どもの口げんかのレベルといえる。専門的な言い方をすれば、「争点とは関連性がない」わけで...

2021年05月14日 17:29

西武HD、723億円の赤字~ホテル売却を検討

 西武ホールディングス(HD)は13日、2021年3月期連結決算を発表した。営業収益は前期比39.2%減の3,370億6,100万円、営業損益が515億8,700万円...

2021年05月14日 17:18

【山口FG】続々と内部告発届く 必聴!「社歌」音源付告発状

 「山口FGの吉村猛会長に対する「内部告発状」を検証する」 を読んだ山口FGの元社員から、残念ながらお蔵入りとなってしまったという「社歌候補」の音源が送られてきた...

橋下維新勢力の黒い背景

 東京都の小池百合子都知事にさまざまな問題があることは事実としても、いま、東京五輪を中止するという重大案件に小池百合子氏の貢献余地があるなら、その力を活用することは悪...

「イーロン・マスク氏が先導役を務めるAIビジネスの未来」(前)

 世界中がコロナ騒動で揺れ動いているが、コロナ禍を逆手に取るような人体の能力向上研究が進んでいることは間違いない。コロナ騒ぎが収束した暁には、これまでと違った世界が広...

pagetop