わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年02月26日 13:32

本社売却、史上最大の赤字・・・大きく揺れる電通(3)

 「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす 奢れる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし、猛き者もついにほろびぬ、ひとへに風の前の塵におなじ」(平家物語)。
 新型コロナウイルスの猛威に晒され、再び緊急事態宣言に揺れるなか、衝撃的なニュースが飛び込んできた。広告業界の巨人・電通グループが、ステータスシンボルとしてきた本社ビルを売却するというのだ。「猛き者もついにほろびぬ」。「電通王国」崩壊の鐘の声か。

権謀術数を振るう帝王として小説のモデルに

 鷹匠裕著『帝王の誤算 小説 世界最大の広告代理店を創った男』(角川書店刊)は、権謀術数、策略と欲望渦巻く広告業界の舞台裏を描いていると話題になった。

 主役は日本最大の広告代理店「連広」(電通)の城田毅(成田豊)。花形部門の新聞媒体部を歩き、営業統括の常務取締役に就任。さまざまな事業の陣頭指揮を執る。

 各業界のトップ企業の広告扱いを独占、業界2位「弘朋社」(博報堂)の蹴落としなど、時にはブラック人脈も使い権謀術数を振るう。満を持して社長に就任。都知事選への介入、日韓W杯の実現、不祥事隠蔽、腹心の裏切りと見どころ満載。フィクションならば「電通の暗黒史」といったところだ。

 著者は博報堂の元社員だっただけに業界に通じており、「電通の帝王」に恨み骨髄のところがある。たとえば、こんなくだりだ。

 トモダ(トヨタ)の高級車「マークZ」の広告は、連広(電通)が一手に扱っていたのに、弘朋社(博報堂)が勝ち取った。怒った連広の城田(成田)は奇策を打つ。社員を使って、次々に購買予約をさせた。会社から支援金を奮発した。さらに、パブリシティ費用を連広が負担して、雑誌や新聞といったメディア各社に「新マークZはすばらしい」という記事を書かせまくる。

 すると、どうなったか。生産が追いつかなくなって、トモダは、手に入らないものを大々的に広告することは消費者への不義であるとして、マークZの広告キャンペーンを中止。すでに押さえてあった広告枠は、別の車種に切り替えたという。広告業界の凄まじい抗争を描いて迫力満点だ。

 「天皇」と呼ばれた成田豊氏は、今日の「電通王国」を築いた功労者であるが、成田氏が敷いたグローバルシフトが「電通王国」の崩壊をもたらすことになる。

「のれん」と無形資産は純資産に匹敵

 持株会社電通グループの2020年12月期の連結決算(国際会計基準)は、最終損益が1,595億円の赤字(前期は803億円)と過去最大だった。売上高にあたる収益は前期比10%減の9,392億円、営業損益は1,406億円の赤字(前期は33億円の赤字)。営業損益、最終損益とも2期連続の赤字だ。

 大赤字の原因は、海外企業のM&A(合併・買収)に関連して、「のれん」の減損損失を計上したことによる。「のれん」とは、電通が買収を進めた企業価値のうち、無形の営業資産が占める部分を指す。具体的には、その会社のもつブランドや取引先関係、ノウハウや営業権など多岐にわたる。電通の財務諸表の最大の特徴は、国際会計基準による「のれん」と無形資産の計上にある。

 電通の2020年12月期における資産額は3兆3,804億円だが、このなかには「のれん」5,933億円と無形資産2,071億円が含まれる。その疑似資産の合計は8,004億円。同期末の資本合計(純資産)8,203億円に匹敵する。

 電通は日本有数の「のれん保有企業」なのである。どうして、こんな歪な財務内容になったのか。

(つづく)

【森村 和男】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年05月06日 07:00

【特別対談】ピエトロ新工場を起点に、賑わい&活力を古賀市全域へ――(後)NEW!

 『この地区にある「古賀グリーンパーク」周辺ではもともと、道の駅の整備に向けての調査・検討を行ったうえで、19年8月末に道の駅の整備は行わないという決断をしました。と...

2021年05月06日 07:00

【熊本】暮らしに付加価値を、ミリーヴグループが提案する「よりよい住まい」NEW!

 『15年以上前になりますが、ミリーヴグループ(当時は明和グループ)各社が宅建業許可を取得し、不動産売買の仲介を行っていた時期があります。グループの中核企業である(株...

2021年05月06日 07:00

熊本トップクラスの管理戸数、豊かなまちづくりに貢献するコスギ不動産NEW!

 『私の叔父が不動産売買を目的に小杉不動産を創業したのが、当社の始まりです。その後、当時熊本県警に勤めていた父が退職後に合流し、法人化をはたしました。同時に、売買中心...

2021年05月06日 07:00

【熊本】城下町の面影残す中心市街地、九州第3位・熊本市の今昔――(5)NEW!

 戦後、熊本市では戦災復興計画基本方針に基づいて、恒久的復興計画を策定した。これは、都市機能の向上や衛生面および都市美の増進など、近代都市としての形態を整えながら急速...

2021年05月06日 07:00

大西一史・熊本市長に聞く、ポスト震災まちづくりの進捗(4)NEW!

 『昔の熊本駅周辺は、線路によって東西に分断されていたエリアでした。とくに新幹線口周辺は、人の行き来がない住宅地でした。県が事業主体となった連続立体交差事業が18年に...

2021年05月05日 08:00

コロナ拡大後に「自宅で食事を食べる回数」が増えた人は35.5%~農水省の調査

 農林水産省がこのほど公表した2020年度「食育に関する意識調査」結果から、新型コロナウイルス感染症の拡大前と変化した点について、「自宅で食事を食べる回数」の増加を挙...

2021年05月05日 08:00

西鉄「パークサンリヤン大橋」耐震強度問題~仲盛昭二氏、弁護士懲戒請求を提出!(7)

 前回に続き、原告側弁護士からの質問に対する仲盛氏の回答を以下に紹介する...

2021年05月05日 07:00

【特別対談】ピエトロ新工場を起点に、賑わい&活力を古賀市全域へ――(前)

 『当社では現在、古賀市の食品加工団地内に3つの工場を構え、ここですべての製品の製造を行っています。一番新しい第三工場は昨年竣工したばかりなのでまだ大丈夫ですが、第一...

2021年05月05日 07:00

【熊本】城下町の面影残す中心市街地、九州第3位・熊本市の今昔――(4)

 1891年7月には、九州鉄道の高瀬(現・玉名駅)~春日(現・熊本駅)間が開通。このとき、植木駅、池田駅(現・上熊本駅)も同時に開業している。当初の計画では、中心地に...

2021年05月04日 08:00

九大と丸紅、医療・ヘルスケア分野などで協定締結

 九州大学と丸紅(株)は「医療・ヘルスケア」「新技術・新素材」などの分野で「連携・協力の推進に関する基本協定書」を締結した...

pagetop