わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年02月26日 15:46

【BIS論壇 No.342】世界平和の基盤としての経済

 NetIB‐Newsでは、日本ビジネスインテリジェンス協会会長・中川十郎氏の「BIS論壇」を掲載している。
 今回は2021年2月24日の記事を紹介。

(1)コロナ禍での革命的なパラダイムシフト

 2月22日付の『日経新聞』朝刊には、6段抜きのトップ記事で「世界裂く『K字の傷』」と題し、2035年には「中国+香港」の名目GDPが「米国+日本」を逆転するとの衝撃的な特集が掲載された。世界の経済、社会に甚大な影響を与えつつあるコロナ禍により、世界は革命的なパラダイムシフト(社会基盤の変容)を迫られている。

 戦後のブレトン・ウッズ体制(世界銀行、IMF、GATTの創設)を超える世界規模の社会変革が必要となっている。それには、世界政治の下部機構である経済システムの再構築、加えて、それに基づく新たな平和の構築が必須だ。

 これまでの経済利益の追求1点張りであった資本主義―大量生産、大量消費、大量廃棄、大量エネルギー消費、環境破壊に大きな変革が必要だ。

 そのためには環境保護を中心として、国連が30年を目標に推進するSDGs(持続可能な開発目標)に協力し、21世紀のアジアの世紀の到来に向けて、倫理、道徳を中核として万民の幸福を追求する新たな平和の構築が求められている。ユーラシア、シルクロードの文化や、宗教、経済、平和交流を視野に入れて、コロナ後の世界経済において平和を構築する構想を世界に向けて日本から発信することは意義がある。

 コロナ後に重要性を増すアジア、ユーラシア、さらにはアフリカを中心に展開する中国主導の広域経済圏構想「一帯一路」、ASEANを中心とする「RCEP(東アジア地域包括的経済連携)」「TPP(環太平洋経済連携)」などの経済を基盤とする新たな世界平和の構築において、とくにアジア、ユーラシアの重要性を強調したい。

(2)21世紀の経済発展の中心はアジア、ユーラシアへ移動

 ユーラシア、アフリカの人類の歴史は、チグリス・ユーフラテス川、ナイル川、インダス川、黄河流域で発展してきた。シュメール文明、ギリシャ文明、ローマ文明、エジプト文明、インダス文明、黄河文明を経て、中国では秦、隋、唐、さらにユ-ラシア大陸に世界最大の帝国を築いたモンゴルが覇を競った。海のシルクロ-ドでは、明の鄭和の大商船隊がアフリカ、アラブ、アジアにおける貿易通商で活躍した。

 英国の経済学者、アンガス・マディソン氏によると、1820年代には中国、インドのGDPは世界の60%を占めるほどに発展したという。しかし18世紀後半になると、世界経済発展の軸は、織機、機関車、船舶など内燃機関の発明で産業革命を達成した英国、20世紀半ばには、世界のGDPの50%を占める自動車、石油産業、航空機、情報通信産業を主導する米国へ移った。

 しかし、IoT、AI、5G、ロボット、電気自動車(EV)、デジタル、医療、バイオなどを主力産業とする21世紀の経済発展の中心は、アジア、中国、ユーラシアへ移動し、パクス・アシアナ後の22世紀にはアフロ・ユーラシアの時代が到来する。アフロ・ユーラシア大陸は、陸地の60%(約8,500万Km2)、全人類の85%、57億人を占める(2006年)。アジア・ユーラシアは21世紀、アフリカは22世紀に最大の発展をするとみられている。筆者は、アフロ・ユーラシアから将来の経済発展、平和希求を目指すべきだと考えている。


<プロフィール>
中川 十郎(なかがわ・ じゅうろう)

 鹿児島ラサール高等学校卒。東京外国語大学イタリア学科・国際関係専修課程卒業後、ニチメン(現:双日)入社。海外駐在20年。業務本部米州部長補佐、米国ニチメン・ニューヨーク開発担当副社長、愛知学院大学商学部教授、東京経済大学経営学部教授、同大学院教授、国際貿易、ビジネスコミュニケーション論、グローバルマーケティング研究。2006年4月より日本大学国際関係学部講師(国際マーケティング論、国際経営論入門、経営学原論)、2007年4月より日本大学大学院グローバルビジネス研究科講師(競争と情報、テクノロジーインテリジェンス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年05月06日 07:00

【特別対談】ピエトロ新工場を起点に、賑わい&活力を古賀市全域へ――(後)NEW!

 『この地区にある「古賀グリーンパーク」周辺ではもともと、道の駅の整備に向けての調査・検討を行ったうえで、19年8月末に道の駅の整備は行わないという決断をしました。と...

2021年05月06日 07:00

【熊本】暮らしに付加価値を、ミリーヴグループが提案する「よりよい住まい」NEW!

 『15年以上前になりますが、ミリーヴグループ(当時は明和グループ)各社が宅建業許可を取得し、不動産売買の仲介を行っていた時期があります。グループの中核企業である(株...

2021年05月06日 07:00

熊本トップクラスの管理戸数、豊かなまちづくりに貢献するコスギ不動産NEW!

 『私の叔父が不動産売買を目的に小杉不動産を創業したのが、当社の始まりです。その後、当時熊本県警に勤めていた父が退職後に合流し、法人化をはたしました。同時に、売買中心...

2021年05月06日 07:00

【熊本】城下町の面影残す中心市街地、九州第3位・熊本市の今昔――(5)NEW!

 戦後、熊本市では戦災復興計画基本方針に基づいて、恒久的復興計画を策定した。これは、都市機能の向上や衛生面および都市美の増進など、近代都市としての形態を整えながら急速...

2021年05月06日 07:00

大西一史・熊本市長に聞く、ポスト震災まちづくりの進捗(4)NEW!

 『昔の熊本駅周辺は、線路によって東西に分断されていたエリアでした。とくに新幹線口周辺は、人の行き来がない住宅地でした。県が事業主体となった連続立体交差事業が18年に...

2021年05月05日 08:00

コロナ拡大後に「自宅で食事を食べる回数」が増えた人は35.5%~農水省の調査

 農林水産省がこのほど公表した2020年度「食育に関する意識調査」結果から、新型コロナウイルス感染症の拡大前と変化した点について、「自宅で食事を食べる回数」の増加を挙...

2021年05月05日 08:00

西鉄「パークサンリヤン大橋」耐震強度問題~仲盛昭二氏、弁護士懲戒請求を提出!(7)

 前回に続き、原告側弁護士からの質問に対する仲盛氏の回答を以下に紹介する...

2021年05月05日 07:00

【特別対談】ピエトロ新工場を起点に、賑わい&活力を古賀市全域へ――(前)

 『当社では現在、古賀市の食品加工団地内に3つの工場を構え、ここですべての製品の製造を行っています。一番新しい第三工場は昨年竣工したばかりなのでまだ大丈夫ですが、第一...

2021年05月05日 07:00

【熊本】城下町の面影残す中心市街地、九州第3位・熊本市の今昔――(4)

 1891年7月には、九州鉄道の高瀬(現・玉名駅)~春日(現・熊本駅)間が開通。このとき、植木駅、池田駅(現・上熊本駅)も同時に開業している。当初の計画では、中心地に...

2021年05月04日 08:00

九大と丸紅、医療・ヘルスケア分野などで協定締結

 九州大学と丸紅(株)は「医療・ヘルスケア」「新技術・新素材」などの分野で「連携・協力の推進に関する基本協定書」を締結した...

pagetop