わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年02月26日 15:46

【BIS論壇 No.342】世界平和の基盤としての経済

 NetIB‐Newsでは、日本ビジネスインテリジェンス協会会長・中川十郎氏の「BIS論壇」を掲載している。
 今回は2021年2月24日の記事を紹介。

(1)コロナ禍での革命的なパラダイムシフト

 2月22日付の『日経新聞』朝刊には、6段抜きのトップ記事で「世界裂く『K字の傷』」と題し、2035年には「中国+香港」の名目GDPが「米国+日本」を逆転するとの衝撃的な特集が掲載された。世界の経済、社会に甚大な影響を与えつつあるコロナ禍により、世界は革命的なパラダイムシフト(社会基盤の変容)を迫られている。

 戦後のブレトン・ウッズ体制(世界銀行、IMF、GATTの創設)を超える世界規模の社会変革が必要となっている。それには、世界政治の下部機構である経済システムの再構築、加えて、それに基づく新たな平和の構築が必須だ。

 これまでの経済利益の追求1点張りであった資本主義―大量生産、大量消費、大量廃棄、大量エネルギー消費、環境破壊に大きな変革が必要だ。

 そのためには環境保護を中心として、国連が30年を目標に推進するSDGs(持続可能な開発目標)に協力し、21世紀のアジアの世紀の到来に向けて、倫理、道徳を中核として万民の幸福を追求する新たな平和の構築が求められている。ユーラシア、シルクロードの文化や、宗教、経済、平和交流を視野に入れて、コロナ後の世界経済において平和を構築する構想を世界に向けて日本から発信することは意義がある。

 コロナ後に重要性を増すアジア、ユーラシア、さらにはアフリカを中心に展開する中国主導の広域経済圏構想「一帯一路」、ASEANを中心とする「RCEP(東アジア地域包括的経済連携)」「TPP(環太平洋経済連携)」などの経済を基盤とする新たな世界平和の構築において、とくにアジア、ユーラシアの重要性を強調したい。

(2)21世紀の経済発展の中心はアジア、ユーラシアへ移動

 ユーラシア、アフリカの人類の歴史は、チグリス・ユーフラテス川、ナイル川、インダス川、黄河流域で発展してきた。シュメール文明、ギリシャ文明、ローマ文明、エジプト文明、インダス文明、黄河文明を経て、中国では秦、隋、唐、さらにユ-ラシア大陸に世界最大の帝国を築いたモンゴルが覇を競った。海のシルクロ-ドでは、明の鄭和の大商船隊がアフリカ、アラブ、アジアにおける貿易通商で活躍した。

 英国の経済学者、アンガス・マディソン氏によると、1820年代には中国、インドのGDPは世界の60%を占めるほどに発展したという。しかし18世紀後半になると、世界経済発展の軸は、織機、機関車、船舶など内燃機関の発明で産業革命を達成した英国、20世紀半ばには、世界のGDPの50%を占める自動車、石油産業、航空機、情報通信産業を主導する米国へ移った。

 しかし、IoT、AI、5G、ロボット、電気自動車(EV)、デジタル、医療、バイオなどを主力産業とする21世紀の経済発展の中心は、アジア、中国、ユーラシアへ移動し、パクス・アシアナ後の22世紀にはアフロ・ユーラシアの時代が到来する。アフロ・ユーラシア大陸は、陸地の60%(約8,500万Km2)、全人類の85%、57億人を占める(2006年)。アジア・ユーラシアは21世紀、アフリカは22世紀に最大の発展をするとみられている。筆者は、アフロ・ユーラシアから将来の経済発展、平和希求を目指すべきだと考えている。


<プロフィール>
中川 十郎(なかがわ・ じゅうろう)

 鹿児島ラサール高等学校卒。東京外国語大学イタリア学科・国際関係専修課程卒業後、ニチメン(現:双日)入社。海外駐在20年。業務本部米州部長補佐、米国ニチメン・ニューヨーク開発担当副社長、愛知学院大学商学部教授、東京経済大学経営学部教授、同大学院教授、国際貿易、ビジネスコミュニケーション論、グローバルマーケティング研究。2006年4月より日本大学国際関係学部講師(国際マーケティング論、国際経営論入門、経営学原論)、2007年4月より日本大学大学院グローバルビジネス研究科講師(競争と情報、テクノロジーインテリジェンス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年04月21日 15:01

福島原発事故、アルプス処理水を海洋放出して良いのか~報道では語られない諸問題と私の提案(4)NEW!

 グリーンピース「東電福島第一原発 汚染水の危機2020」の14ページでは、汚染水に含まれる放射性炭素14Cの問題を取り上げています。この件は、次の項目「放射性炭素1...

2021年04月21日 14:38

全国ノーマスクピクニックデー、全面中止にNEW!

 全国各地で連休中の5月1日(土)・2日(日)の連日開催が予定されていたイベント「全国ノーマスクピクニックデー」は、全面中止となった...

2021年04月21日 14:33

【飲食事業者の独立心、自尊心を育てよ!(4)】福岡の老舗ロシア料理店「ツンドラ」~閉店惜しみ午前中から長蛇の列NEW!

 20日、老舗ロシア料理店「ツンドラ」が5月7日に閉店すると報道された。同店は1960年創業と福岡におけるロシア料理店の草分け的な存在で、看板メニューのボルシチなどが...

2021年04月21日 13:44

【佐賀】原材料が100%佐賀産ビールの『佐賀アームストロング醸造所』NEW!

 佐賀市諸富町に立地する千葉県のプラントメーカーが、100%佐賀県産ビール大麦を使う製麦工程併設のクラフトビール工場『佐賀アームストロング醸造所』の建設を進めている...

2021年04月21日 13:26

【福岡市】「感染症対応シティ促進事業」~空気清浄機『Aura Air』も補助金対象製品にNEW!

 福岡市は、感染症対策に取り組む市内の店舗などを支援する「感染症対応シティ促進事業」を行っている...

エコモ・インターナショナル(株)(福岡)/水素水生成器卸NEW!

 同社は、4月9日、福岡地裁飯塚支部より破産手続開始決定を受けた...

2021年04月21日 11:35

アレルギー表示制度の役割、「卵」は妥当と評価~食品安全委員会NEW!

 内閣府の食品安全委員会は20日、加工食品のアレルギー表示制度で「卵」の表示を義務づけていることよって、鶏卵アレルギーの患者がアレルギー症状の誘発を防止できているとす...

2021年04月21日 11:29

【4/25~】昭和の記憶を回想 「博多どんたく」画像の吊り下げバナー企画~川端通商店街NEW!

 福岡市博多区の川端通商店街(上川端商店街振興組合、川端中央商店街振興組合)において、吊り下げバナー企画「博多どんたく昭和の記憶」が25日から5月末まで(終了日未定)...

2021年04月21日 11:00

東芝のキングメーカーになった永山治取締役会議長~迷走を続ける東芝の救世主となるか(前)NEW!

 東芝への唐突なファンドからの買収提案は、わずか1週間で社長退任劇に発展した。東芝の社長交代会見には、会長から社長に復帰した綱川智氏と取締役会議長・永山治氏が出席し、...

2021年04月21日 10:17

【企業研究】九州卸の雄・ヤマエ久野(2)

 流通業を取り巻く環境は、少子高齢化に加えて、新型コロナウイルス感染拡大というゲリラ的に発生した逆風に見舞われ、今や乱世ともいうべき様相を呈している。さらなる問題は...

pagetop