• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年04月30日 07:01

神の怒り、自然の破壊力の慢心人間無力(6・中)

特別取材・南海トラフ最前線(3)

<被害想定最大の静岡県に次ぐ三重県>

 静岡県の駿河湾沖から四国南部沖に渡って広がる大規模な海溝「南海トラフ」。この断層に沿って、東日本大震災レベルのマグニチュード9クラスの地震が発生すれば最大32万3,000人が死亡する被害想定を内閣府中央防災会議が公表している。最大は静岡県の10万9,000人、三重県は4万3,000人と想定されている。被害の7割が津波によるもので、県内で津波の高さの最大予測は鳥羽市の27m。浸水域は最大1,015km2と東日本大震災の1.8倍で、1m以上の浸水域は三重県で112km2に広がる。
 津波が最初に押し寄せる同県沿岸部では水産業が盛んで、伊勢湾から答志島にかけてはノリ、答志島から的矢湾にかけてカキ、英虞湾では真珠やアオサの養殖が行なわれる。津波が押し寄せれば水産業は甚大な被害が発生することが予想できる。

20160428_033 奥には採石場などが立地する志摩諸島の菅島が見える。そのさらに沖には三島由紀夫の小説の舞台にもなったことで有名な神島がある。

20160428_034 波に侵食されてできたリアス式海岸が続き、この辺りの沿岸部は比較的高台であることから、津波の人的被害は回避できそうだ。

20160428_035

20160428_036 パールロードシーサイドラインを伊勢方面へ進んだ鳥羽市勝村町では、牡蠣の養殖が盛んで、いたるところに牡蠣小屋が点在。旅館などの宿泊施設も数多く、好天に恵まれた取材日には穏やかな景色が広がっていた。太平洋に面した海岸線とは対照的に、ここから伊勢湾沿岸までは多くの建物が集積。水族館などの観光施設もあり、津波が押し寄せてきた際の避難経路の整備が急がれる。

20160428_037 全国の神社の本宗とされる伊勢神宮。天照大御神を祀る内宮そして外宮、2つの正宮があるが、外宮は比較的平地にあることから津波による被害が懸念される。

【永上 隼人】

特別取材・南海トラフ最前線(4)

<被害想定最大級の静岡県>

 「南海トラフ」と接する陸地面積が最も広く、この海溝の開始地点でもある駿河湾沖を持つ静岡県。最悪の揺れと津波が起った場合、死亡数は10万9,000人、津波の高さは最大で30m超(下田市)、浸水面積は150.5 km2、全壊建物31棟9,000棟、直接被害額は19兆円9,000億円と、最大級の被害が想定されている。
 予測される浸水地域では、下田市、焼津市、牧之原市、御前崎市、磐田市、浜松市などの被害が目立つ。

20160428_038

 しかし、これらの被害想定は原発事故を除いたケースである。最大の問題は、砂丘の上に立地し、「砂上の楼閣」と称される浜岡原発である。南海トラフに近く、東海大地震の中央部分に位置しながら、地盤は軟弱という危険度最悪の原発に対し、さすがの管直人元首相も、東日本大震災約1カ月後に停止要請を出した。

20160428_03920160428_040

 広範囲に渡って浸水することが予想される御前崎市。沿岸部には低い堤防が一帯に広がっている。

20160428_041 南遠大砂丘から続く浜岡砂丘の先に、浜岡原発は立地している。手前には風力発電施設があるが、取材日には風が少なかったのか、まったく動いていなかった。

20160428_042 浜岡原発の沿岸部に見える防波壁。昨年12月には18mの設置工事が完了した。これから22mにかさ上げするという。この地域で予想される津波の高さは19mとなっている。

20160428_04320160428_044

 浜岡原発の入り口。浜岡原発が停止した影響か、原発周辺には廃墟となったホテルやスナックがそのままになっていた。

20160428_04520160428_046

 浜岡原発に隣接する浜岡原子力館。5月5日に開催された「こどもの日イベント」には多くの家族連れが訪れ、防波壁などの津波対策など、再稼働に向けた取組みを地元住民にアピールしていた。

【山本 剛資】


(つづく)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月02日 07:00

筑紫野市が旧上下水道庁舎で 公募型プロポーザル「市民のために」NEW!

 2019年1月から新庁舎での行政サービスの提供を行っている筑紫野市だが、以前使われていた旧庁舎の今後の利活用の動向に注目が集まっている...

2020年10月02日 07:00

【国交省答申】激甚化する災害~港湾の防災・減災対策はソフト面でもNEW!

 国土交通省交通政策審議会は8月、「今後の港湾におけるハード・ソフト一体となった総合的な防災・減災対策のあり方(答申)」(以下、答申)を発表した...

2020年10月02日 07:00

唐戸商店街と学生が連携する地域事業~教育を通じた「まちづくり」(前)NEW!

 『私は2008年に下関市立大学に赴任しましたが、財政学と地域経済学を専攻していることから、何らかの地域活動を行いたいという思いを抱いていました。そのなかで、ご縁があ...

2020年10月02日 07:00

歴史・交通・人をつなぐ結節点~海峡都市下関市のこれから(3)NEW!

 終戦後の49年11月に、下関に本社を置いていた大洋漁業(現・マルハニチロ(株))が母体となり、プロ野球団「まるは球団」(後の大洋ホエールズ、現・横浜DeNAベイスタ...

2020年10月01日 18:09

生死の境界線(1)肺癌宣告

 筆者は毎年4月、適正健康検査(1日ドック)を受けてきた。かれこれ20年になるであろう。これまで致命的な勧告を受けたことはなかった。今年は新型コロナウイルスのため定期...

2020年10月01日 17:10

【IR福岡誘致特別連載9】海外投資企業にもっとも高評価なのは既存の交通インフラ網

 交通網は全国のIR(カジノを含む統合型シティリゾート)の候補地において、もっとも重要かつ不可欠であり、IR誘致開発事業の要である。その目的地までの集客力が重要であり...

2020年10月01日 16:28

新型コロナの防疫対策で世界の先頭を走る台湾と意見交換(1)

 2020台湾最新ビジネスセミナー「withコロナ時代‐日台で切り拓く新ビジネスチャンス」が9月15日、TKP品川カンファレンスセンターで開催された。今回のセミナーは...

2020年10月01日 15:17

42号店「三宅店」をオープン~唐揚げ専門店「博多とよ唐亭」

 本日、唐揚げのテイクアウト専門店「博多とよ唐亭」の新たな店舗「三宅店」がオープンした。同店の42号店で、南区エリアでは6店舗目となる...

2020年10月01日 15:12

【縄文道通信第48号】「今なぜ縄文道なのか」―縄文道 ユートピア論―縄文道――武士道――未来道―今も息づき未来に活かせる(後)

 前回で紹介した日本列島から生まれた普遍性の道と併せて4つの大和の道に触れる。この4つの道は、紀元前660年の日本の最初の天皇誕生以前に約1万4,000年にわたって形...

2020年10月01日 14:37

マンション管理のIT化推進 大和ライフネクストが「IT総会」実証実験

 大和ハウスグループの大和ライフネクスト株式会社(東京都港区、石﨑順子代表取締役社長)は、一般社団法人マンション管理業協会(以下、「マンション管理業協会」)が検討を進...

pagetop