わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年04月16日 16:27

所有のコスト背負わず所有する無敵の「方程式」~星野リゾート(2)

ライター 黒川 晶

開発・建設コストを負わずに所有、宿泊施設「再生」事業

星野リゾート トマム たとえば、メディアで美談のように語られることの多いリゾートや温泉旅館の「再生事業」である。実家の「星野温泉旅館」の改革を行い、社名も改めて新たな歩みを踏み出した星野氏が、2000年代初頭、バブル経済崩壊による景気後退のなかで経営破綻に陥った3つの大型リゾートを次々と引き受け(「リゾナーレ小淵沢」(現・「リゾナーレ 八ヶ岳」)、「磐梯リゾート」(現・「アルツ磐梯」)、「アルファリゾート・トマム」(現・「リゾナーレ トマム」))、瞬く間に経営を立て直した(再生させた)ことは周知の通りである。

 「再生事業」といえば聞こえはいいが、「再生」させることそのもので報酬を得るといった話ではない。平たくいえば、物件を「買収」して種々の「リノベーション」を施し、今度は自社に収益をもたらすようにしたということだ。

 「運営」面がどれほどフォーカスされようと、それは「所有」を前提している。それも元のオーナーに生じた災厄、経営破綻があったからこそ可能になった開発・建設の初期コストのかからない大型物件の「所有」である。

 「運営」特化を目指す企業が、その手腕をアピールするための1ステップであったと捉える向きもあるだろう。実際、星野リゾートはこれを機に、さまざまな宿泊業者から運営を委託されるようになった。

 だが、そうして「本業」を軌道に乗せていく傍ら、星野リゾートは「再生事業」をビジネスモデルの中心に据えていく。つまり、米ゴールドマン・サックスと提携し(05年)、今度は経営難の老舗温泉旅館を次々と買収して、「リノベーション」を加えていくようになったのである。

 まずは、ゴールドマン・サックスがオーナー、星野リゾートがオペレーターというかたちでスタートしたようだが、石川・山代温泉「白銀屋」(現・「界 加賀」)、静岡・伊東温泉「いづみ荘」(現・「界 伊東」)、長野・信濃大町温泉「仁科の宿 松延」(現・「界 アルプス」))、島根・玉造温泉「華仙亭 有楽」(現・「界 出雲」)、静岡・舘山寺温泉「花乃井」(現・「界 遠州」)など、全国の有名旅館が続々と星野リゾートの「所有」「運営」するところとなっていった。

 09年以降は星野リゾートのサブブランド名を冠した名称に改名し、大々的にリニューアルオープン。積極的な宣伝活動も功を奏し、同社に大きな収益をもたらした。

 ただ、誕生して日の浅いリゾート物件とは異なり、星野リゾートによる「再生」を当該旅館の「再生」とみなさない客も多い。同社は取得した老舗旅館の再建にあたり、「リノベーション」のかけ声の下に運営体制の変革を断行し、徹底的なコストカットを行った。

 なかでも大胆な「リノベーション」は、旅館スタッフの「マルチタスク」制と、提供する料理の「セントラルキッチン」化である。

 「マルチタスク」制は、従来はそれぞれ専用のスタッフが担当していた調理、客室清掃、フロント、レストランサービスの4つの仕事すべてに、1人の従業員が時間帯に応じて入るというもの。人件費を削減する狙いがある。だが、人には向き不向きがあるうえ、1つの仕事に腰を据えて取り組めないため、各業務に熟達したスタッフがなかなか育たない。

 しかも、清掃や接客を行うスタッフが時間帯によっては厨房にも立つわけである。旅館の宿泊客にとっての最大の楽しみは、お抱えの板前による料理であることはいうまでもない。だが、プロの料理人でもないスタッフがどうするのかといえば、千葉県にある「セントラルキッチン」で調理され、冷凍されて運ばれてくるものをベースに、地元の食材・料理をコーディネートするのだという。まるでチェーンのレストランやコンビニのレジ前デリカのように。ネットの「口コミ」サイトや掲示板は、宿泊料金の高額さも相まって、接客や食事のクオリティーに対する怒りの声であふれかえることになった。

 かつての旅館を知る人や旅慣れた人にとって、女将も仲居も板前さえもいなくなれば、たとえハコはそのままでも、もはや別のものにほかならない。また、食材の仕入れという面でも、取引の減少や打ち切りなど地元の業者に少なからぬ影響があったことは想像に難くない。

 「和のおもてなし」や「地域との共存」をうたうからには、今後そうした点を考慮した再「リノベーション」をと、日本旅館好きの筆者としては切に願うのだが、そうでなければ、一部の業界関係者や宿泊客にささやかれているような「経営難に乗じた乗っ取り屋」や「ハゲタカビジネス」の謗(そし)りを免れないだろう。

 ところが、星野リゾートは18年からシティホテル分野に参入するなど、むしろ新規「所有」を加速的に拡大させている。「運営特化」の方針との矛盾をどう説明するのか、何より保有のコストはどうするのか。その星野流解決策が、投資法人の設立だったように思われる。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年05月13日 17:54

Robot Home 21年12月期Q1で黒字転換、通期予想は上方修正

 (株)Robot Home(東証一部、旧TATERU)は13日、2021年12月期第1四半期の決算発表を行った...

2021年05月13日 17:24

【読者ご意見】山口FG・吉村会長への内部告発状について

 NetIB-Newsでは、読者のご意見を積極的に紹介し、議論の場を提供していきたい。今回は「山口FGの吉村猛会長に対する『内部告発状』を検証する」について寄せられた...

2021年05月13日 17:15

内装業界に風穴を開ける 自ら動きアイデアを生むクリエイティブ集団

 有名企業のブランド戦略を牽引するクリエイティブデザイナー・佐藤可士和氏の個展や、飲食施設「大濠テラス 八女茶と日本庭園と。」などを手がけるクレアプランニング(株)。...

2021年05月13日 17:00

菅首相、「禁酒法」を検討?

 菅首相は饅頭に目がないとか!ところがアルコールに関しては、まったくの下戸であるという!そこで囁かれ始めたのが、「禁酒法」がだされるのではないか、という情報。 

2021年05月13日 16:55

萃香園ホテル再生へ、久留米の金子建設が名乗り

 1882年の創業以降、格調高い雰囲気にふさわしいきめ細やかなサービスで、139年にわたって愛されてきた久留米の萃香園ホテルは、事業譲渡により運営を新会社に引き継ぐこ...

2021年05月13日 16:06

岩田屋三越、21年3月期 14億円の最終赤字に

 三越伊勢丹ホールディングス傘下の(株)岩田屋三越の2021年3月期決算は、売上高が前期比21.2%減の844億1,300万円、営業赤字が10億2,000万円、経常赤...

2021年05月13日 16:01

三越伊勢丹HD、2021年3月期決算 410億円の赤字

 百貨店最大手の(株)三越伊勢丹ホールディングスは12日、2021年3月期決算を発表した...

2021年05月13日 15:52

企業倒産を追う「F-Power」~大和証券と経営陣のお家騒動の果て(前)

 福島第一原子力発電所事故から10年。電力業界に大きなインパクトを与えたのが小売全面自由化だ。電力小売は2000年から段階的に大手電力以外にも解禁されてきたが、16年...

2021年05月13日 15:36

山口FGの吉村猛会長に対する「内部告発」を検証する (4)

 内部告発状は「3.女子行員Aとの関係」について、次のように記述している。「吉村猛氏は女子行員と不適切な関係を結んでいました。吉村猛の家族にもその事実は知られていて、...

2021年05月13日 13:53

ソフトバンクグループ、2021年3月期連結 国内で過去最高の純利益

 ソフトバンクグループは12日、2021年3月期連結決算を発表した。売上高5兆6,281億円(前期比7.4%増)、当期純利益4兆9,879億円(前年は9,615億円の...

pagetop