• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年06月11日 16:00

「韓日関係の真の和解と友好は九州から」 九州の両国友好親善の基盤をさらに強固に(後)

 新型コロナウイルスの影響で人的往来が大幅に制限され、大きな影響を受けている九州―韓国関係。昨年、駐福岡大韓民国総領事として着任した李熙燮氏は、コロナ禍でも日韓社会の将来を展望し、草の根・民間レベル、自治体レベルで多分野の交流を促進することにより、日韓関係を先導することを提唱する。李総領事に話を聞いた。

新たな発展モデルを模索、デジタル化で日韓連携を

 ――コロナ禍は韓国にどのような変化をもたらしていますか。

服部誠太郎・福岡県知事表敬訪問
服部誠太郎・福岡県知事表敬訪問

 李 コロナ禍による社会変化は、大きなデジタル転換の加速化と脱グローバル化に表れていると思います。脱グローバル化の加速化にともない、世界の貿易・経済の秩序も転換期を迎える可能性が高いでしょう。このような変化は輸出主導型の韓国経済には相当不利に働くと予測されます。従って韓国はポストコロナ時代の変革に備え、昨年にはデジタルニューディール政策とグリーンニューディール政策を2つの軸として打ち出し、先導的な発展戦略を確立して推進しようとしています。

 デジタルニューディール政策は、電子政府・サービスなど韓国の強みである情報通信技術(ICT)を基盤とした経済全般に革新と躍動性を広くもたらすものであり、グリーンニューディール政策は、コロナ禍を契機に気候変動への対応と低炭素社会への転換がより急速に求められるという時代の変化に応じたものです。韓国政府は5月末に世界から総勢68名の首脳クラスと国際機構首長を招いて、気候・環境分野の多国間首脳会議「2021P4Gソウル首脳会議(ソウルグリーン未来首脳会議)」を開催しました。

 ポストコロナ時代に起きる世界秩序変革に関連して関連して予想されるもう1つの大きな変化は、技術覇権をめぐる米中間のグローバル競争の激化です。韓日両国が政治的葛藤にばかり焦点を合わせ続ければ、技術覇権を争う米中に隷属する可能性もあるでしょう。日本は今年デジタル庁の設置をはじめとする関連法の整備を行うなど、デジタル計画を加速化しています。韓日両国は4次産業革命時代に技術協力で相互補完し協力できる部分が多くあり、相互協力を通じて、米中とは異なる第3の軸の形成も模索できると捉えています。韓日関係が政治的葛藤を克服し正常な軌道を探るとすれば、このような技術協力は両国に共生と共同繁栄の促進をもたらす核心的要因になるのではと考えています。

 ――韓国のサービス産業はどう変わりましたか。

 李 コロナ以降、伝統的な対面サービスから非対面サービスへの転換が急速に進み、オンライン化とデジタル革新の加速にともなう個人主義志向と、IT技術などを活用したデジタルトレンドが最近のニューノーマルとなっています。これは韓国のみならず世界に共通する現象でしょう。

 このような傾向により、韓国の一般市民の間でもオンラインショッピング、eコマースなどが活性化され、オンライン教育、遠隔治療およびスマートヘルスケア、スマートバンキングおよびフィンテック、オンラインゲーム、ウェブコミック、動画視聴などが日常化しています。たとえば宅配サービスを利用して、生鮮食品やレトルト食品を自宅に居ながら消費する機会が多くなっています。また、業務形態の変化としてオンライン会議、業務メッセンジャーなどの拡大が挙げられます。これらに関わる産業分野が急速に成長しています。

 ――昨年、韓国の人口が減少に転じました。

 李 韓国の人口減少は当初の政府予想より10年以上早く訪れており、いわゆる「人口絶壁」という用語が日常化するほど深刻な状況に陥っています。昨年の合計特殊出産率は0.9で、OECD加盟国のなかで最下位であり、1.0を下回ったのは韓国のみでした。

 人口減少は、消費マインドの萎縮、成長への活力の低下、財政および社会保障システムの悪化、自治体の消滅など、多方面にわたり国家経済を脅かす影響をおよぼすことが予測されます。「人口減少-経済の萎縮-雇用悪化-少子化-人口減少」といった悪循環を断ち切ることが重要な課題であり、総合的な対策を長期的な視点で講じることが大事です。

 韓国は人口減少の根本原因である低出生率問題の対策をはじめ多角的に努力を行っていますが、少子高齢化のスピードが速いため対策への効果を実感できていないのが実情です。一方で、先進国のなかで最も早く少子高齢化に直面し、2005年には人口が減少に転じた日本は、内閣において少子化対策担当大臣、一億総活躍担当大臣を設け、総合的かつ体系的な政策を行ってきました。このように日本と韓国は少子高齢化と人口減少という共通の課題を抱えており、官民一体となって共同研究ならびに協議を活性化すべきだと思います。

(了)

【茅野 雅弘】


<プロフィール>
李 熙燮(
イ・ヒソプ)
1962年生まれ。85年延世大学校卒業、87年外交部入部。北東アジア課長、駐オーストラリア大使館公使参事官、駐インドネシア大使館公使、大統領秘書室勤務、駐日本国大使館公使などを経て、2020年11月に駐福岡総領事として着任。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年06月19日 06:00

さらば、新自由主義~2度目の「焼け野原」から立ち上がるために(6)NEW!

 しかし、社会において人的資本としての存在意義しか与えられない以上、人々は「自分の活動や人生設計を自由に選択することなどできないし、欠乏と不平等の世界にいながら...

2021年06月19日 06:00

旅の本質に見え隠れするもの(後)NEW!

 明治期以前の旅は馬や駕籠を利用するという方法もあったが、自分の足で歩くことが基本だった。旅とは、「住む土地を離れて、一時ほかの土地に行くこと。旅行。古くは必ずしも遠...

2021年06月18日 17:52

【6/16~27】イムズが閉店前イベントを開催「BOOK at ME」

 8月末に閉館するイムズにおいて、ファイナルイベントの1つとなる「BOOK at ME」が今週から開催されている...

2021年06月18日 16:30

コロナ用ワクチンは安全か?世界で広がる疑念や疑問の声

 世界各地でコロナ用ワクチンの争奪戦が繰り広げられている。今やワクチン・メーカーにとっては「売り手市場」と言っても過言ではないだろう。菅総理も先のワシントン訪問の折、...

2021年06月18日 16:00

2050年代を見据えた福岡のグランドデザイン構想(29)~新福岡空港島(案)配置のオリジナル検討(4)

 さて、ここで確認しておかなければならないのは、実はこれまでは、滑走路配置をクロースパラレル方式で、空港島の大きさを約530haで検討を行っていたということだ...

菅義偉氏が必ず不幸になる理由

 菅義偉氏も最低最悪の首相。最低最悪の首相が続く。だが、原因をつくったのは日本の国民。選挙で自公に多数議席を与えた結果として現在の状況がもたらされている...

2021年06月18日 14:18

さらば、新自由主義~2度目の「焼け野原」から立ち上がるために(5)

 日本だけでなく、新自由主義を導入した先進資本主義諸国はことごとく、豊かな社会を実現するどころか不正と貧困の蔓延する不幸な分断社会に堕している。しかも、肝心の「世界大...

2021年06月18日 13:41

【福岡県】中小企業へ月次支援金を給付

 福岡県は新型コロナ感染症緊急事態措置またはまん延防止等重点措置にともなう、飲食店の休業・営業時間短縮や外出の自粛等の影響により、売上が大きく減少している中小企業者に...

2021年06月18日 13:32

【福岡県】緊急事態宣言解除、7月11日までまん延防止等重点措置へ移行 協力金を引き続き支給

 政府は17日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け10都道府県に発出している緊急事態宣言について、20日をもって沖縄県を除く9都道府県の宣言を解除し、うち福岡県を含む...

pagetop