• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年06月21日 17:23

【九州FG】「遺言代役特約」付きの代理人指定金銭信託発売へ 傘下の肥銀と鹿銀

 九州フィナンシャルグループ(熊本市) 傘下の肥後銀行と鹿児島銀行は6月21日、全国の地方銀行では初めて契約者の希望に応じて「遺言代役特約」を選べる金銭信託商品「代理人指定信託」(商品名「安心みまもり信託」)を、両行の全営業支店で発売する。鹿児島銀行の代理店・ネット支店は含まれない。

遺言 イメージ 代理人指定信託は、契約者の認知機能が低下して資金管理が難しくなった際にあらかじめ指定していた代理人が医療費や介護費など必要な資金を引き出せる。「遺言代役特約」を付けることで、契約者(委託者兼第一受益者)に万一の事態が起こった場合(相続開始時)、あらかじめ指定した受取人(第二受益者)が残った資金を受け取れる。

 信託金額は300万円以上(上限なし)。期間は5年以上、30年以内(1年単位)。元本保証の商品で元本は預金保険の対象。設定時の報酬は当初信託金の2.2%(税込み)。

 肥後銀行(鹿児島銀行)の普通預金口座の開設が必要で、契約者の代理人として原則3親等以内の親族から1人を受益者代理人に指定する。ただし銀行側が認めると、受益者代理人に弁護士や司法書士を指定できる。受益者代理人は、契約者が認知症などで判断能力が低下した際は、代理人として資金引き出しなど信託財産を管理。医療費や介護費などを引き出して支払える。契約者の判断能力に問題がなくても、受益者代理人の同意がないと金銭を引き出せない。

 推定相続人のなかから最大3人の「みまもり人」を指定することもできる。銀行側は、「みまもり人」に信託金の入出金状況を報告するため、資金の流れがわかって相続開始時のトラブル防止につながるという。また「承継受益者代理人」を指定しておくと、受益者代理人が死亡などで役割を果たせなくなった場合、代わって受益者代理人となる。

【南里 秀之】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年07月23日 15:19

【菅独裁政権に学ぶ(3)】2021年8月、東京オリンピックによって「日本沈没」が明らかとなる

 スガ親分!昨日の夜は「日本一の政治権力を握っても虚しいもの。本当に身内も含めて誰もが敵になる」と地団駄を踏み、悔しい思いで眠れぬ一夜を過ごしたことでしょう。

2021年07月23日 06:00

矢西建設の「蹉跌」~絶好調企業に何が起きているのか(2)

 矢西建設の歴史は1952年までさかのぼる。47年に発足した(社)九州道路技術運営会を母体に、52年12月に九州ブルドーザー工事(株)を設立、73年8月に現商号に変更...

2021年07月23日 06:00

パチンコ「キコーナ」は九州に進出するのか

 DステーションによるP-ZONEの買収劇から間もなく4年。九州進出をはたしたDステーションは、旧P-ZONE運営のグループ企業(株)パラダイスだけで600億円超の売...

2021年07月23日 06:00

ドラッグイレブン5月期、売上高472億円 不採算店閉鎖で実質減収減益に

 ツルハHD傘下のドラッグイレブン(旧・JR九州ドラッグイレブン)の2021年5月期決算は売上高が472億1,400万円、経常利益8億4,100万円、当期純利益2億9...

2021年07月22日 19:54

【菅独裁政権に学ぶ(2)】東北人の「強さ・弱さ」

 昔々のことである。友人Aは運送拠点を拡大して秋田まで進出した。待遇にもかなり気をつけていた。

2021年07月22日 19:20

佐賀県武雄市ふるさと納税返礼品に発送遅れ、19年4月にも~アースグロー(株)(旧・(株)ジッパー)

 佐賀県武雄市のふるさと納税返礼品の発送が遅れ、寄付者からの苦情が市や委託事業者に多い日には1日100件ほど寄せられるという事態が発生している。 

首尾一貫した菅首相の行動原理

 市民を犠牲にする五輪に市民が反対している。

2021年07月22日 18:46

西日本シティ銀行広報文化部・中村氏に告ぐ(1)ふくおかFGと西日本FH、「福岡の両雄」に大きな差

  20日の(株)ふくおかフィナンシャルグループ(FG)の株価は、終値で1,831円、一方の(株)西日本フィナンシャルホールディングス(FH)の終値は、611円だった...

2021年07月22日 06:00

矢西建設の「蹉跌」~絶好調企業に何が起きているのか(1)

 特殊重機を数多く保有し、近年では大規模な太陽光発電事業の造成工事を多数受注して増収増益を続けてきた矢西建設。コロナ禍に沈む業界にあって数少ない絶好調企業の1つとして...

2021年07月22日 06:00

【コロナで明暗企業(9)】紳士服はるやまHDの“骨肉の争い”~創業者・父と長女が長男の社長に「レッドカード」(後)

 紳士服専門店で靴やレディースの商品が売られているのは今や当たり前の風景だが、他社に先駆けて販売し始めたのは「はるやま」だ。また、主流となっているタイトなスーツを普及...

pagetop