• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年08月03日 10:46

新大牟田駅南側産業団地造成、4.4億円でセイシンJVが落札

 大牟田市発注の「大牟田市(仮称)新大牟田駅南側産業団地造成工事」をセイシン・東輝特定JVが4億4,412万4,000円(税別)で落札した。落札率は87.8%。同入札には大平・DFC特定JVも参加していた。

 同工事は、新大牟田駅南側の農用地(約8ha)を内陸型産業団地に整備する目的で実施される。これまでに市は勝立工業団地、中央工業団地、大牟田テクノパークなど複数の内陸型工業団地を整備し、すべて完売。しかし、進出を希望する企業は依然多く、そうした需要に応えるため、今回の整備を決定した。工期は2023年7月31日までを予定している。

【代 源太朗】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop