玄界灘の眼前、1万坪の敷地に誕生 16棟のドーム型グランピング施設
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年09月03日 06:00

玄界灘の眼前、1万坪の敷地に誕生 16棟のドーム型グランピング施設

九州シーサイドグランピング グランドーム福岡ふくつ

玄界灘を一望できる立地

 8月2日、福岡県福津市の玄界灘に面した約1万坪の広大な敷地に、「九州シーサイドグランピング グランドーム福岡ふくつ」がオープンした。

 グランドーム福岡ふくつは、大型ドームテント16棟を配置した総合型グランピング施設で、運営を手がけるのは、鮮魚卸をはじめ「海」を舞台にした事業経営を行うKOGAグループ(福岡県行橋市)。同社の古賀善敏社長が、玄界灘に面した土地に「惚れ込んで購入した」ところから始まり、コロナ禍でもお客さまに喜んでもらいたいと考え、たどり着いたのがグランピング事業・グランドーム福岡ふくつだった。

オーシャンフロントのドームテント室内
オーシャンフロントのドームテント室内

 最大の特徴は、玄界灘に面したロケーション―海に突き出した位置に立地しているため、水面に近い視線から、パノラマに広がる玄界灘を一望することができる。陽光きらめく青い海、月に照らされる夜の海など、玄界灘のさまざまな表情を楽しみながら、ゆったりとしたひとときを味わえる。

 宿泊テントには、半円形型の大型ドームテントを採用。断熱性の高い二重張り構造で、全室冷暖房を完備しており、オールシーズンに対応している。全16棟のうち14棟は定員4名用(最大6名)だが、8名用(最大10名)も2棟用意されており、水平線の広がるオーシャンフロントの部屋や、愛犬と一緒に過ごせる部屋、グループでの利用に最適な超大型テントなど、利用者のニーズに合った部屋を選ぶことができる。

 また、ドームテントは1つひとつが独立したウッドデッキの上に建てられ、トイレ・バスルーム付きの食事スペース(バーベキュースペース)も併設したプライベート空間となる。1万坪の敷地を生かし、隣のテントと一定の距離が保たれていることで、気兼ねなくくつろぐことができるうえ、コロナ禍の現状では、密集回避の観点からも安心感を得ることができる。

広場から見渡す限り広がるオーシャンビュー
広場から見渡す限り広がるオーシャンビュー

(つづく)

【松本 悠子】


<INFORMATION>
九州シーサイドグランピング グランドーム福岡ふくつ

所在地 :福岡県福津市津屋崎4-45
TEL :0120-929-145(受付時間:午前9時~午後7:00)
運営会社:KOGAグループ
公式サイト:https://fukuoka-glamping.com

九州シーサイドグランピング グランドーム福岡ふくつ

【関連記事】
「グランドーム福岡ふくつ」
 ~「MAX WORLD Channel(マックスワールドチャンネル)」8/28、29放映分

月刊誌 I・Bまちづくり 記者募集

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?
福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop