• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年09月13日 17:06

スーパーバリュー九州本部、産地開発を本格化

左:みのりちゃんのたまねぎドレッシング、右:みのりちゃんのれんこんドレッシング
左:みのりちゃんのたまねぎドレッシング
右:みのりちゃんのれんこんドレッシング
しろいしみのりちゃん
しろいしみのりちゃん

 ボランタリーチェーンスーパー本部の(株)スーパーバリュー九州本部は新商品のポン酢「博多にんにくまろやかポン酢」とドレッシング「みのりちゃんの玉ねぎドレッシング」「みのりちゃんのれんこんドレッシング(オリーブオイル入)」の販売を今月よりスタートさせた。

試食・販売会の様子
試食・販売会の様子

 11日(土)には同社に加盟するダイキョーバリュー弥永店(福岡市南区)の店頭で、「みのりちゃんの玉ねぎドレッシング」「みのりちゃんのレンコンドレッシング」の試食・販売会が行われた。
 試食・販売会は午前11時から同日正午まで行われ、多くの来店客が「みのりちゃんの玉ねぎドレッシング」、「みのりちゃんのれんこんドレッシング」をかけた豚しゃぶを食べ比べ、1時間で52本が購入されている。
両商品は、それぞれ佐賀県白石町産のたまねぎ、れんこんを使用しており、試食・販売会には白石町の特産物PRキャラクター「しろいしみのりちゃん」も訪れ、商品をPRしたほか、子どもたちとの記念撮影にも気軽に応じていた。

 スーパーバリュー九州本部の大道和彦会長は「今回試食・販売会に出した商品に『博多にんにくまろやかポン酢』を含めた3商品は、バリューグループが開発した自慢の逸品です。皆さん『このクオリティーでこの価格!』と驚かれるのではないでしょうか。幅広い料理に使用できますので、多くの方々に味わっていただけたら幸いです」と商品について語った。

 なお、今回発売の商品は、白石町のふるさと納税品にも加えられる予定だという。

 ダイキョーバリュー弥永店では7月31日に佐賀農業高校の生徒たちが開発した「冷凍しろたま」の販売会も行われている。同商品はコロナ禍による飲食店の休業や学校の休校による給食停止などの影響により、需要が大幅に縮小し、廃棄を余儀なくされてしまう佐賀県産の白石玉ねぎを活用しており、スーパーバリュー九州本部は今後も産地開発を推進していくものと思われる。

【新貝 竜也】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop