2021年12月09日( 木 )
by データ・マックス

肥銀、熊本市と八代市で新たに7支店・出張所を統合 第3次中計の一環

肥後銀行本店
肥後銀行本店

 肥後銀行はこのほど、熊本市の6支店・出張所と八代市の1支店の計7支店・出張所を「店舗内店舗方式」により近隣の支店に統合すると発表した。2021年度中の20カ所程度の支店再編と機能見直しを盛り込んだ第3次中期経営計画(21年4月~24年3月)の一環で、6月と7月の公表分を合わせて15支店・出張所の削減となる。

 統合は、10月18日の熊本市と八代市の各1カ所の出張所を皮切りに、12月に熊本市の支店を1カ所、来年1月に八代市の支店2カ所と熊本市・山鹿市・天草市の支店各1カ所、2月に熊本市の支店2カ所と出張所1カ所、3月に熊本市の支店3カ所と八代市の支店1カ所を予定している。窓口機能を近隣の支店に移す。預金者の店番・店名・口座番号はそのまま。

 このうち熊本市・八代市・山鹿市・天草市の各1カ所の支店跡地は、対面のコンサルティング営業拠点に衣替え。専門のスタッフを配置して資産運用や信託、相続などの相談業務に対応する。

 その一方で、グループ会社の㈱肥銀コンピュータサービスを11月15日付で「九州デジタルソリューションズ㈱」に社名変更し、本社もJR熊本駅白川口近くの肥後銀行と鹿児島銀行の持ち株会社「九州フィナンシャルグループ」の本社ビル(KFGビル6階)に移転する。社名変更後は、九州フィナンシャルグループの“直系”となり、同グループ内のデジタル改革や取引先とのデジタルビジネスの軸となる。

 KFGビルは地上11階建て(延床面積1万6,670m2)。今月28日に竣工式を行う。熊本市の繁華街にある鹿児島銀行熊本支店も12月6日付で同ビル1階に移転する。

 九州フィナンシャルグループは、熊本県と鹿児島県のトップ地銀が15年10月に設立。熊本市の本社ビルを建てる前に福岡市での情報収集・発信機能を高めるとして、通称・大博通り沿いの博多区保健福祉センター隣接地に地上10階・地下2階建ての「九州フィナンシャルグループ福岡ビル」(KFG福岡ビル、延床面積約6,800m2)を建設、19年7月にオープンした。

【南里 秀之】

関連記事