2022年06月29日( 水 )
by データ・マックス

福岡のまちは自転車通勤に優しいのか?

駐輪場の問題

駐輪場
駐輪場

 自転車通勤をするうえでは、当然ながら駐輪場の確保も必要だ。大事な自転車を路上駐輪して盗まれてしまったら、後で悔いても遅い。また、許可された箇所以外に違法駐輪するのも問題だ。大人として、最低限のルールは守らなければならない。

 博多駅周辺で駐輪場を調べてみると、想像以上に充実していた。また、1日利用して100円という破格値であった。これは、ほとんどが福岡市の運営だからで、駐輪中に盗まれる心配をするくらいならば、100円払って胸を張って使ったほうがいいだろう。幸い駐輪場が満車になることは、ほとんどないようだ。

 素人目にも1日100円では儲からないのはわかる。そのため、少し離れた博多駅南に行くと、このような市営の駐輪場はほとんどなくなってしまう。勤務先のビルに駐輪場があって使わせてもらえる場合は良いが、それ以外の場合は、駐輪場がそもそもないことが多いのだ。

 この件について、筆者の勤務先に近い「山王公園周辺に駐輪場を増やす計画はあるか」という質問を福岡市に投げかけてみた。すると、担当部署である「道路下水道局管理部自転車課」から、次のような回答をいただいた。

 「市営駐輪場につきましては、鉄道駅等の交通結節点において、放置自転車の状況などを踏まえ整備しておりますが、山王公園周辺におきましては、現時点で計画はございません。また、商業地域などでは、一定規模以上の建築物を新築・増築などする際は、条例に基づき、駐輪場の設置を義務づけており、民間にて整備していただいております」。

 たしかに、博多駅周辺のヨドバシカメラなどでは、大型駐輪場を完備している。それに対して、博多駅南に大型商業施設はなく、有料・無料駐輪場はまったくない。今回は「山王公園周辺」と限定したが、福岡市内にはこのように駐輪場がないエリアが数多くあるはずだ。

シェアサイクルが解決?

マンション1階のシェアサイクルポート
マンション1階のシェアサイクルポート

 福岡市として駐輪場を増やす計画はないが、シェアサイクルであればすでに「ポート」と呼ばれる貸出・返却所がたくさんある。同自転車課では現在、(株)neuteとシェアサイクル(チャリチャリ)の共同事業を行っており、これを活用してほしいとのことだった。

 たしかに山王公園周辺には、ポートが多数存在する。実際に同エリアでは、朝晩真っ赤なシェアサイクルに乗っている人を多く見かける。

 一方で、小笹・長丘・長尾・長住などのエリアでは、ほとんどポートはない。借りることはできても、返すためのポートがまだ少ないのが現状だ。博多駅周辺などの都心部で利用するのならば便利だが、上記のエリアから博多駅周辺への通勤手段としての選択肢としては、まだ課題がありそうだ。

 福岡市は今後もシェアサイクルを増やし続けていくというが、現状として福岡のまちは、自転車通勤者に優しいとはまだ言い難いようだ。

(了)

【外部ライター・奥野 晃一】

  • 1
  • 2

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、建設・不動産業界に関すること、再開発に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

記事の企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は別途ご相談。

現在、業界に身を置いている方や趣味で建築、土木、設計、再開発に興味がある方なども大歓迎です。

また、業界経験のある方や研究者の方であれば、例えば下記のような記事企画も募集しております。
・よりよい建物をつくるために不要な法令
・まちの景観を美しくするために必要な規制
・芸術と都市開発の歴史
・日本の土木工事の歴史(連載企画)

ご応募はこちら(nagaue@data-max.co.jp)まで。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事