2021年12月03日( 金 )
by データ・マックス

発達障がい者就労支援センター、10.8億円で岩崎JVが落札

 福岡市発注の「発達障がい者支援・障がい者就労支援センター(仮称)新築工事」を、岩崎建設(株)を代表とする岩崎・柿原・黒木建設JVが10億8,936万円(税別)で落札した。

 同工事を通じて発達障がい者支援センターと障がい者就労支援センターを集約し、研修の充実や待機時間の低減など、発達障がい児・者の多様なニーズに応える体制を整える。

 整備地は福岡市立舞鶴小・中学校側(敷地面積1,106.75m2)で、福岡市地下鉄空港線「天神駅」から約1km、同「赤坂駅」から約600mの好立地。

 建築物の概要はRC造7階建て、延床面積5,022.11m2。工期は2023年2月28日までを予定している。

ゾーニング図(イメージ)
ゾーニング図(イメージ)

【代 源太朗】

関連キーワード

関連記事