2021年12月08日( 水 )
by データ・マックス

コロナ禍で需要が拡大中! 高品質な動画制作・配信で存在感表す

(株)TMエンタープライズ 代表取締役 杉本 尚丈 氏

コロナ禍で注目されるウェブ動画とビデオ配信

(株)TMエンタープライズ 代表取締役 杉本 尚丈 氏
(株)TMエンタープライズ
代表取締役 杉本 尚丈 氏

 インターネット動画に今ほど世間の関心が高くなかった2011年に、動画を中心としたニュースサイト「QBC九州ビジネスチャンネル」を立ち上げた(株)TMエンタープライズ。端的にわかりやすく、短い映像を素早く制作する技術を最大のウリとし、動画を活用した広報PR事業も展開する、インターネット動画ビジネスの草分け的な存在だ。創業時に開設した同社のオフィシャルYouTubeには、現在までに約8,000本の動画が掲載されており、チャンネル登録者も3万人超を誇る。

 コロナ禍で多くの企業がリモートワークを導入、人がたくさん集まるイベントやセミナーなどもできなくなるなか、インターネット動画に俄然注目が集まっている。同社はそこに商機を見出し、事務所の移転とともに動画配信用のムービー撮影スタジオをつくった。最新のビデオ配信システムを導入したスタジオは、セミナーや講演などを業とする人たちが、配信やコンテンツの収録に利用している。ビデオ配信機材を充実させたことで、21年はクラシック音楽業界の人たちなどと人脈がつながり、ビデオ配信コンサートにも多数参画したという。

JCOMテレビ番組「マックスワールドチャンネル」を放送

マックスワールドチャンネルの収録風景
マックスワールドチャンネルの収録風景

 同社は現在、複数のテレビ番組の企画・プロデュースにも携わっている。代表の杉本尚丈氏は、在福放送局のジャーナリスト出身ということもあり、豊富な映像作品の制作経験を有する。その技術は、動画ニュースサイトに掲載する動画制作のみならず、最近注力しているテレビ番組の制作においても存分に発揮されている。「テレビ番組では、企画構成から撮影、編集やテロップの出し方に至るまで、ウェブ用動画とは比較にならないほど、すべての過程で高いクオリティが求められます。なかなか真似できない技術です」(杉本氏)。スマホ1つあれば、誰もが簡単に、しかも無料で動画を制作できる時代だからこそ、あえてテレビクオリティの映像制作に立ち返ったという。まさにプロフェッショナルの矜持がここにある。

 さらに、21年6月には社会派のニュース番組「マックスワールドチャンネル」の放送をスタート。JCOM福岡と北九州で毎週週末に放送され、(株)データ・マックスの各記者が最新の企業情報や社会情報を独自の切り口で掘り下げて報じる番組だ。同社のスタジオで、半年間にわたり、30コンテンツを制作・配信した。

 ウィズコロナ時代に入り、動画の需要はさらに高まることが予想される。高品質な動画制作技術を誇る同社のビジネスは、22年以降も期待できそうだ。


<COMPANY INFORMATION>
代 表:杉本 尚丈
所在地:福岡市中央区那の川2-7-2-504
設 立:2011年1月
資本金:500万円
TEL:092-775-2415
URL:http://qb-ch.com


<プロフィール>
杉本 尚丈
(すぎもと たかひろ)
1974年生まれ。96年九州大学農学部卒業後、(株)TVQ九州放送に入社。在籍14年間に主に経済ニュース番組の制作に携わる。2011年1月、(株)TMエンタープライズを設立。動画ニュースサイトを活用した、新しい広報PR戦略を提案し、質の高いコンテンツを制作している。

関連記事