2021年12月08日( 水 )
by データ・マックス

大黒天物産、7年ぶり九州に新店 人材難で進まない九州戦略

 大黒天物産は来年5月、久留米市御井町に2015年7月の小倉沼店以来7年ぶりに九州に新店を出す。九州では5号店で久留米市では2号店。18年11月、マミーズ22店を買収し店舗網を一挙に拡張したが、本体との一体化が遅れ仕入れなどで相乗効果を発揮できていない。

 大黒天は子会社の業績を開示しておらず、マミーズの業績は不明だ。マミーズは福岡県魚市場が買収して以来15年間、一度も黒字を出したことがなく、大黒天グループ入りを機に急速に経営改善が進んだことは考えにくい。

※この記事は有料記事です。全文を読むには「流通メルマガ」の申し込みが必要です。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1週間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込みください。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

関連キーワード

関連記事