2022年05月24日( 火 )
by データ・マックス

プラスはイオン九州GMSだけ 主要10社の11月既存店売上高

 主要10社の11月既存店売上高は、イオン九州の総合スーパー(GMS)を除き前年同月比マイナスになった。前月増収だったイオン九州の食品スーパー、ダイレックス、コスモス薬品、ミスターマックスHDが減収に転じた。コロナ感染者が減り外出が増え始めたとはいえ、ガソリンなどの物価上昇で消費の戻りが鈍いことを示す。

 ダイレックスは0.8%減だった。親会社のサンドラッグは4.2%減で、都心店の回復が遅れている。

※この記事は有料記事です。全文を読むには「流通メルマガ」の申し込みが必要です。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1週間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込みください。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

関連キーワード

関連記事