2022年07月06日( 水 )
by データ・マックス

経産省「J-Startup KYUSHU」に33社が選定

 経済産業省が推進するスタートアップ企業の育成支援プログラム「J-Startup KYUSHU」に、33社が選定された。うち、AI/ロボット技術を活用した構造物点検などを行うオングリットホールディングス(株)(福岡市博多区)、ブロックチェーンの研究などを行う(株)chaintope(飯塚市)など福岡県の企業が16社を占めた。

 また、福岡市の官民共働型スタートアップ支援施設「Fukuoka Growth Next」(以下、FGN)の入居企業・卒業企業から9社(現在FGNに拠点を置く企業は5社)が選定された。

 今回選定された企業は以下の通り。選定企業の概要などは経産省九州経済産業局HPを参照。

【福岡県】
HMS(株)、AUTHENTIC JAPAN(株)、オングリットホールディングス(株)、KAICO(株)、KiQ Robotics(株)、(株)CAVIN、(株)クアンド、(株)KOALA Tech、(株)しくみデザイン、(株)chaintope、(株)トイポ、(株)日本風洞製作所、neuet(株)、ニューワールド(株)、(株)RATEL、ワアク(株)
【佐賀県】
(株)DESSUN、(株)Retocos
【長崎県】
BugsWell (同)
【熊本県】
(株)AiCT、AMI(株)、トイメディカル(株)、ムーンムーン(株)、(株)利他フーズ、(株)ワイズ・リーディング
【大分県】
(株)大分大学先端医学研究所、(株)TMH
【宮崎県】
(株)ATOMica、(株)SUNAO製薬、(株)Smolt、(株)ワン・ステップ
【鹿児島県】
AMI(株)(再掲)、グローバル・オーシャン・ワークス(株)、Buddycare(株)

【茅野 雅弘】

関連キーワード

関連記事