2024年04月19日( 金 )

博多駅空中都市プロジェクト始動、2028年末竣工予定

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 九州旅客鉄道(株)(JR九州)が検討を進めていた「博多駅空中都市プロジェクト(以下、空中都市プロジェクト)」がいよいよ始動する。

俯瞰イメージ

 空中都市プロジェクトは、博多駅の線路上空を立体的に活用することで、博多駅の博多口と筑紫口の回遊性を向上させると同時に、国際ビジネス都市・観光都市に相応しい機能の拡充、新たな賑わいの創出を目指すもの。

 博多駅線路上空に新たな都市をつくろうという試みでもあり、博多駅から半径約500m、約80haを対象エリアに、容積率や高さ制限を緩和することでビルの建替えなどを促進する、博多コネクティッドを活用した取り組みでもある。

低層部イメージ

 空中都市プロジェクトの開発予定場所は、博多駅線路上空(在来線竹下側)。計画されているのは、オフィスやホテル、広場など。竣工は2028年末を予定している。

広場・通路イメージ

【代 源太朗】

関連記事