2024年04月16日( 火 )

22年地価公示は「ららぽーと効果」顕著に(後)

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

住宅地

上昇率4位(県内)

「那珂1-8-25」(戸建)

那珂1-8-25に隣接する賃貸マンション
那珂1-8-25に隣接する賃貸マンション

 公示価格は同じく15.2万円/m2で、前年の13.4万円/m2から13.4%上昇(前年は7.2%上昇)した。周辺は戸建住宅が建ち並んでいるほか、西側には閉鎖が予定されている「アサヒビール博多工場」、さらに西にはJR竹下駅があり、駅までは徒歩10分という立地。アサヒビール博多工場は移転する予定だといい、跡地活用にも注目が集まる。現・アサヒビール博多工場の用途地域は準工業で容積率200%、建ぺい率60%。南側にはららぽーと福岡もあり、価格上昇はその影響も大きそうだ。

上昇率5位(県内)

「博多駅南5-1-10」(F・STAGE博多駅南)

博多駅南5-1-10
博多駅南5-1-10

 公示価格は31.3万円/m2で、前年の27.7万円/m2から13.0%上昇(前年は11.7%上昇)した。F・STAGE博多駅南(10階建)は広めの単身向け賃貸マンションで、山王公園から直線距離で西に500m弱に位置する。博多駅までも約500mにあり、博多エリアの拡張による価格上昇と見られる。周辺はマンションや病院、市立小学校などが集積する準工業地域。

上昇率6位(県内)

「谷1-9-21」(戸建)

谷1-9-21に隣接するクリニックビル
谷1-9-21に隣接するクリニックビル

 公示価格は30万円/m2で、前年の26.6万円/m2から12.8%上昇(前年は6.8%上昇)した。周辺の道路幅員は狭く、低層の戸建住宅が密集している。用途地域は第1種住居地域で容積率200%、建ぺい率60%。城南線を通って徒歩6分ほど歩けば、地下鉄七隈線・六本松駅があり、価格上昇は七隈線延伸による影響が大きいと見られる。

 このように、住宅地では六本松周辺、ららぽーと福岡周辺の上昇が引き続き目立つ。

ららぽーと福岡周辺ではマンション建設が続く
ららぽーと福岡周辺ではマンション建設が続く

【永上 隼人】

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

法人名

関連記事