2024年05月20日( 月 )

22年地価公示は「ららぽーと効果」顕著に(後)

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 3月22日、国土交通省は2022年の地価公示を発表した。1月1日時点の公示地価は、全国平均で住宅地・商業地ともに2年ぶりの上昇となった。三大都市圏は住宅地で東京圏、名古屋圏、大阪圏がいずれも上昇。商業地は東京圏、名古屋圏が上昇、大阪圏が横ばいとなった。地方四市(札幌市、仙台市、広島市、福岡市)では、住宅地・商業地いずれも上昇を継続し、上昇率が拡大した。地方四市を除くその他の地域では、住宅地・商業地いずれも下落が継続しているが、下落率は縮小した。

県内住宅地 変動率上位

住宅地

上昇率1位(県内)

「山王1-84(地番)」(セイワパーク山王1丁目2)

山王1-84(地番)
山王1-84(地番)

 公示価格は26.9万円/m2で、前年の23万円から17.0%上昇(前年は10.0%上昇)した。セイワパーク山王1丁目2は10台収容可能なコインパーキング。地下鉄空港線・東比恵駅からは徒歩13分と多少距離はあるが、桜の名所で野球場も備える市民憩いの場・山王公園に接しており、賃貸マンションも多いエリアである。商業地全国10位の川清ビルからも近く、上昇の主要因はやはり博多の拡張だろう。ららぽーと福岡の影響も多少はありそうだ。

山王公園
山王公園

上昇率2位(県内)

「三筑1-3-8」(サンコーポ三筑)

三筑1-3-8
三筑1-3-8

 公示価格は16.7万円/m2で、前年の14.6万円/m2から14.4%上昇(前年は9.0%上昇)した。サンコーポ三筑は、JR笹原駅から徒歩10分にある6階建のマンション。ららぽーと福岡までは若干距離があるものの、周辺にはJR笹原駅のほか、西鉄・井尻駅や都市高速入口などがあり、交通アクセスは比較的恵まれた環境にある。
 上昇の主な要因は堅調な住宅需要のほか、ららぽーと福岡の影響も無視できない。ららぽーと福岡効果が顕著なエリアを東が御笠川、西が那珂川、南が福岡都市高速環状線までとする「博多SOUTH」(命名:本誌編集部)からはわずかにはみ出るものの、その影響は受けていると見られる。

上昇率3位(県内)

「諸岡1-24-10」(クイーンビラGOTO)

諸岡1-24-10
諸岡1-24-10

 公示価格は15.2万円/m2で、前年の13.3万円/m2から14.3%上昇(前年は9.9%上昇)した。クイーンビラGOTOは、5階建てのファミリー向け賃貸マンションで、周辺には戸建住宅やマンション、店舗などが立地する郊外型の街並みが広がっている。幹線道路・筑紫通りを通れば、ららぽーと福岡には徒歩13分ほど。さらに商業施設「博多ミスト」にも近い。周辺には田畑も散見され、まだまだ開発余地はあるように見受けられる。筑紫通りを隔てた諸岡3丁目では、(株)LANDICが分譲マンション「ASSOCIA 博多 諸岡 TERRACE(仮称)」(100戸)の開発を進めている。

アソシア博多諸岡テラス 建設予定地
アソシア博多諸岡テラス 建設予定地

【永上 隼人】

(前)

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

法人名

関連記事