2022年06月28日( 火 )
by データ・マックス

表向きの経済データは信用ならない

 先日、アジアのある王国が保有する23兆ドルに上る資金について言及した。誰もが眉唾物と疑う。それも仕方ないだろう。計算すると、その国のGDPの約30倍に相当する金額である。ところが、精査していくと、この23兆ドルの存在は真実であると言わざるを得ない。同国の国王がクーデターを恐れて、資金隠しの先手を打っていたのではないかという確信を持ち始めた。そうだとすると、さまざまな疑問が解け始めてくる。

 ある友人から、ユーロについて「ドイツから1兆ユーロを活用してくれ、という相談があった」と打ち明けられた。当初は「詐欺師まがいの話」と馬鹿にしたが、探りを入れたところ、根っこはバチカン資金であるという事実にたどり着いた。そこから視野を広げてみるに、「多方面で発表される経済データは本当に正しいのか」という疑念が生まれる。把握できる範囲には限界があるということだ。今後、ロシアのウクライナ侵略戦争後の復興資金用に秘匿されている膨大な資金が表に現れてくるであろう。

関連記事