2022年06月26日( 日 )
by データ・マックス

てら岡、和食と寿司の融合店「匠の道場」オープン

福岡の老舗料亭「日本料理てら岡」    福岡の老舗料亭「日本料理てら岡」は中洲本店4階フロアを改装し、長年構想を練ってきたという和食と寿司の融合店「匠の道場」を7月15日にグランドオープンする。

 「日本料理てら岡」を運営する(株)てら岡の寺岡直彦代表は、店名について「独立できる人材“夢追い人”を育てることが私の最後の使命だと強く思い、夢をもっている若い人たちに修行、修練、接遇の習得の場所をつくり、てら岡の集大成とすべく『匠の道場』と名付けました」としている。

 「匠の道場」のオープンにあたり、寺岡代表から(株)データ・マックス代表取締役・児玉直宛に挨拶状が届いたので、以下に掲載する。

日本料理 てら岡 寺岡代表からの挨拶状

【新貝 竜也】

関連キーワード

関連記事