2022年06月28日( 火 )
by データ・マックス

【6/3】福証ウェビナー「地方でIPOする意義」開催

 福岡証券取引所は6月3日、「IPOチャレンジアカデミー」の第1回オープンセミナー「地方でIPOする意義」をオンライン形式(ZOOM)で開催する。

 セミナーは、第1部「福岡証券取引所の活動について」、第2部「パネルディスカッション 地方でIPOする意義」の2部構成。第2部のパネルディスカッションは、パネリストとしてEY新日本有限責任監査法人・宮本義三氏、有限責任監査法人トーマツ・只隈洋一氏、(株)アイキューブドベンチャーズ代表取締役・山形修功氏、ファシリテーターとして九州産業大学商学部教授・船岡健太氏の計4名が登壇する。

 詳細は以下の通り。

■SEMINAR INFORMATION

<日時>
6月3日(金)午後3時~午後5時
(休憩10分を含む)

<参加費>
無料

<申込み方法>
Zoom ウェビナー登録にて申込み
別添QRコードでも上記サイトにアクセス可
6月2日締め切り、先着100名

<問い合わせ>
TEL:092-741-8233
(担当:福証営業部 三橋・加來・内田・白圡)

【立野 夏海】

▼関連記事
地元九州の活性化へ 上場企業誕生に向けた支援

関連記事