2022年08月18日( 木 )
by データ・マックス

【問い合わせ増加】店舗撤退が加速~お茶の山口園

 九州の商業施設やスーパーなどに多店舗展開していた(株)お茶の山口園だが、5月以降、店舗撤退が加速しており、今後の動向が注目されている。

 5月には佐賀大和、大村、中津、宮崎、長崎などの店舗を閉鎖した。また、メンテナンスを理由に自社サイトでの販売は同25日より停止されている。

メンテナンスのお知らせ(お茶の山口園ホームページより)
メンテナンスのお知らせ(お茶の山口園ホームページより)

 同社から今後の動向についてのコメントは得られていないが、6月に入り、一部長崎市内での閉鎖店舗には、7月中旬に別屋号に変更して営業開始すること、既存の商品引換券を新しい店舗でも利用できることが記されている。なお、6月6日付で本社同所にその屋号の法人が設立されているが、代表はじめ取締役は、お茶の山口園とは異なる。

 九州地区で高い知名度を有する同社の今後の動向が注目される。

【鹿島 譲二】


<COMPANY INFORMATION>
(株)お茶の山口園
 
代 表:山口正憲
所在地:長崎市文教町8-2
設 立:1971年3月
資本金:3,250万円
業 種:茶加工・販売
URL:https://www.ochano-yamaguchien.co.jp/

▼関連記事
【九州・山口】倒産情報:(株)お茶の山口園ほか1社(長崎)

関連記事