2024年05月19日( 日 )

HIS、純損失332億円 旅行事業、コロナ禍前の水準に戻らず

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 (株)エイチ・アイ・エス(東京都港区)は13日、2022年10月期第3四半期連結決算を発表した。それによると売上高は999億4,000万円、純損失は332億6,300万円だった。

 主力の旅行事業において、海外旅行事業については、海外旅行の需要喚起につとめ、5月にはハワイツアーを皮切りに自社主催ツアーを再開し、37の国と地域(7月末時点)で、ツアーを拡大したものの、本格的な回復には至っていない。また、国内旅行事業では、バスツアーや鉄道ツアーなどを通じて、各地域の魅力やマイクロツーリズムのニーズに対応した商品を企画したことで、前年同期と比較して大幅な回復をしたものの、コロナ禍前の水準には戻っていないという。

【新貝 竜也】

関連記事