• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年06月25日 14:00

ドキドキハラハラの全米OPゴルフ 信川竜太のゴルフ上達への道 

golf ジョーダン・スピースの優勝で幕を閉じた今年の全米OPゴルフ。会場となったチェンバーズベイのトリッキーなコースセッティングは選手には不評だったようですが、視聴者にとってはとてもエキサイティングな見どころが多い大会でした。とにかく最後の最後までハラハラドキドキの展開。さらにこれまでのゴルフ中継では見たことのないボールの動きに何度も「うわっ!!」「あぁー!!」と声が出てしまいました。グリーンに乗ったボールが、まるでピンボールの球のように転がるのですから。

 今回のコースは運に左右される要素が多すぎて馬鹿げているというコメントを出した選手もいました。しかし、今年のマスターズを制したジョーダン・スピースが優勝するのですから、どんなセッティングでも結局は実力のあるプレーヤーが勝つということだと思います。

 それにしても主催のUSGA(全米ゴルフ協会)はかなり思い切った運営をしましたね。歴史の浅いコースでしかも全面フェスキュー芝。500ヤードを超えるパー4も複数設定され、日によってティグランドを動かしてパー5をパー4に変えたりもしました。

 通常とは違うそれらの試み対して、歴史や伝統を重んじる人たちからは否定的な意見があがりました。しかし、年々競技人口が減少している中で、ゴルフの新たなファンを開拓していくためには新しい試みは必要です。ゴルフはもともと若い人には敷居が高く、お金持ちの娯楽とか、おじさんの趣味という印象の強いスポーツです。でも今年の大会を見てゴルフにそんな印象を抱いた人がいるでしょうか。
 鍛え抜かれた強靭な肉体から放たれる350ヤードを超えるロングドライブ。複雑にうねるグリーンを攻略する研ぎ澄まされた感性。そして運に見放されても必死に前を向こうとするタフな精神力。若者が憧れる超一流アスリートの姿がそこにはあったと思います。

 それからもう一つ感じたこと。それはゴルフコースのスタジアム化。ゴルフはお目当ての選手について行きながらプレーを観戦します。選手たちのショットを間近に見て、選手たちと同じ目線でコースを見ることができるのはゴルフ観戦の醍醐味の一つであることに違いありません。今大会はコースの設計上、ギャラリーが入れないホールもあったことが批判の対象になっています。
 一方で18番ホールのグリーンを囲むようにおよそ7,000人が座れる巨大なスタンドが設置されていました。その7,000人の歓声がとにかく凄かった。まるでMLBやNFLのスタジアムのような雰囲気でした。歓声は選手がプレーに入るとピタリと止んで、打った瞬間にまた地響きのように沸き起こる。中継を見ながら現場であの雰囲気を味わいたいと心から感じました。

 最近はインターネット放送も始まり、コース内にいてもタブレットやスマートフォンで中継を見ることが可能な環境になっています。アメリカツアーではフェニックスオープンの16番パー3がスタンドに囲まれたスタジアムホールとして名物となっていますが、今後このような大きなスタンドの設置が増え、ギャラリーの観戦の仕方が変っていくのではないでしょうか。優勝したスピースはマスターズに次いでメジャーを連覇し、年間グランドスラムの夢も膨らみます。僕の憧れタイガー・ウッズは初日に80の大叩き。でも、そのラウンド後にちゃんと報道陣の前に現れて丁寧に報道陣の質問に答えました。大叩きしてもやっぱり彼は一流です。

▼関連リンク
・NBFスポーツ塾

<PROFILE>
nobukawa_pr信川 竜太 (のぶかわ りゅうた)
1971年3月27日生まれ。(株)スリーバーズ代表取締役。スポーツキャスター、DJ、MC、リポーターとしてスポーツを中心にテレビ、ラジオなどで活躍中。その一方で、ゴルフコーチとしても活動している。信川氏がゴルフの道を志したのは福大大濠高校1学年時。卒業後、フロリダ州ブロワードジュニアカレッジに入学(のち、フロリダ・リン ユニバーシティーに編入)。在学中、トーナメントでタイガー・ウッズの上位に入る結果を残した。2006年1月に(社)日本プロゴルフ協会 PGAゴルフティーチングプロの資格を取得。10年10月、福岡市東区多の津にスポーツ塾を開講した。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月27日 17:16

【11/6】「九州プロモーションセンター in ハノイ」開設の記念講演(九経連主催)

 ベトナム・ハノイ市に「九州プロモーションセンター」が開設されることを記念し、11月6日に九経連主催による記念講演「九州プロモーションセンター in ハノイへの期待」...

2020年10月27日 16:44

自民党外国人等特別委員会でが外国人技能実習・特定技能、留学生の現状について議論

 自民党政務調査会外国人等特別委員会が10月16日に、外国人技能実習・特定技能、留学生の現状について議論を行った...

2020年10月27日 16:11

地域の市民主体による太陽光、風力などの再エネ発電所~全国の市民発電所は1,000カ所以上に

 東日本大震災の福島原発事故や度重なる台風・豪雨災害で甚大な被害を受けている昨今、使えることが当たり前と感じられてきた電気の問題は「他人事ではない」時代になっている...

2020年10月27日 15:16

バイオ企業・林原の元社長、林原健氏が死去~マスコミを利用した“バイオの寵児”の神話は砂上の楼閣(2)

 林原の創業は1883(明治16)年。初代の林原克太郎氏が岡山市で林原商店を掲げて、水あめの製造を始めた。地方の小さな水あめ屋であった林原商店を全国区の企業へと飛翔さ...

2020年10月27日 14:43

【凡学一生のやさしい法律学】元TOKIO山口達也氏の酒気帯び運転の疑い事件~冤罪の一類型

 刑罰法規に限らず、すべての法律は階級性をもつ。それは法律を制定する権力の価値観、意向に従っているという側面を有しているということだ。一方、権力者によって被治者が苛酷...

2020年10月27日 13:59

いわれなき批判を越えて 群を抜くパチンコホールの換気能力

 依然、世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。感染拡大防止の観点から、密閉・密集・密接のいわゆる「3密」回避が要請され、多くの商業施設が営業自粛を余儀なくされた。パ...

2020年10月27日 11:44

【ラスト50kmの攻防】長崎ルート全線開業の機運加速 両県関係者が意見交換会

 九州新幹線長崎ルートの整備方式で対立する国交省と佐賀県が、武雄温泉―長崎間の開業が2022年秋と決まった後、初めて新鳥栖―武雄温泉間の整備方式を協議した...

2020年10月27日 10:45

【大阪都構想=大阪市廃止】二重行政解消後も他府県より低い成長率 都構想の不都合な事実

 大阪都構想(大阪市廃止)の「住民投票」(11月1日投開票)が終盤戦に突入した10月26日、反対派の猛追を報じる新聞記事が相次いだ...

2020年10月27日 10:11

マークイズ、ホークスリーグ優勝でセールを実施

 Pay Payドームに隣接する大型商業施設「MARK IS 福岡ももち」は、福岡ソフトバンクホークスのリーグ優勝が決定した翌日から5日間、全館をあげて優勝セールを実...

2020年10月27日 09:25

糸田町の「統合文化施設建設」、17.3億円で早田組が落札

 福岡県糸田町発注の「町民体育館など統合文化施設(仮称)建設工事(1工区)」を、(株)早田組が落札した...

pagetop