• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年08月20日 13:47

すらごと~「2つの銀行」(前)

(株)環境デザイン機構 代表取締役 佐藤 俊郎

 もう20年ほど前の話、中年男女の「すらごと会」という異業種交流会があった。まだ、寛容な時代だったと思うが、博多港にかかる「かもめ橋」の舗道上で、テーブルまでしつらえた食事会を行いパトカーが駆けつけたこともあった(もう時効でしょうか…)。「すらごと」――つまり根拠のない、たわけたこと、といった意味の博多弁だと理解している。

西日本シテイ銀行本店<

西日本シティ銀行博多本店別館

 福岡には、現代建築を代表する2つの建物が存在する。1つは博多駅の前にある磯崎新氏の設計による「福岡相互銀行本店」(竣工時。現・西日本シティ銀行本店)と、天神にある故・黒川紀章氏設計による「福岡銀行本店」(竣工時)である。ともに設計者が30~40歳代という若さで、デビュー作に近い傑作である。

 西日本シティ銀行本店は、数年前の博多駅開業時に周辺開発にともなって解体、再開発されるのでは、という「噂」が流れた。
 もともと、福岡相互銀行当時の頭取、故・四島司氏の思い入れでつくられた銀行は、関係者によると執務空間としては使いづらく、容積率もすべて使い切っているわけでもないという。銀行本店機能は大博通り沿いの本店で充分であり、解体の噂も信ぴょう性を帯びていた。

 時を同じくして、福岡県立美術館の将来をどのように位置づけるか、構想委員会なるものが発足して、美術館の将来像を模索していた。最近では、「大分県立美術館」(坂茂設計)や「長崎県立美術館」(隈研吾設計)、あるいは「佐賀県立美術館」改修など、「金沢21世紀美術館」の成功に触発されて、美術館が単に芸術家や美術愛好家のための施設ではなく、都市活性化の起爆剤としての意味合いを帯びて、次々と建設されている。
 ただ福岡県の場合、仮に箱(建築)ができてもその中核となる展示物が、ほぼ皆無という問題がある。九州の首都を自称する福岡の場合、どのような県立美術館をつくるか、相当な知恵が必要であろう。

 ここで「すらごと」である。

 もし、博多駅前のあまり機能していない銀行を福岡県が30年程度借り上げて「福岡県立現代美術館」として再利用されたらどうなるだろうか?
 当然、技術的な問題は生ずる。しかしながら、更地に、下手をすれば数百億円単位で新築の美術館を建てるより、改修費用、借地借家料を払っても、十分に魅力ある現代美術館に生まれ変わることができると思われるのである。

 また、銀行内部には、福岡を代表するグラフィックデザイナー、西島功氏の作品や高松次郎氏の作品等が壁に取り付けられ、はぎ取れないアートが多数存在する。内部はまさに現代美術のギャラリーとしては申し分ない空間なのである。1階の銀行カウンター周りは、観光情報センターとして九州一円の情報を集約すれば、海外からの観光客を含め、利便性が極めて高い施設となり得るだろう。博多駅前であれば、福岡県一円からの交通アクセスは便利であり、また、県の施設が福岡か!といった批判にも応えることができる。

(つづく)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年02月28日 07:00

DXで顧客・従業員満足を実現~食品シェア、まず10%に引き上げ(後)NEW!

 『食品スーパーの出店は、今後も行っていく予定です。業態としては、通常のマックスバリュに加えて、都市型小型のエクスプレス業態も積極的に出店をしていきます。コンビニとの...

2021年02月28日 07:00

本社売却、史上最大の赤字・・・大きく揺れる電通(5)NEW!

 電通グループはビジネスモデルの転換を図る。旧来型代理店ビジネスからの脱却だ。旧来型代理店ビジネスの海外子会社の統廃合を進める...

2021年02月27日 07:00

DXで顧客・従業員満足を実現~食品シェア、まず10%に引き上げ(前)

 おりからの新型コロナウイルス感染拡大で総合スーパーは大きな影響を受けている。新型コロナをどう乗り切り、新たな成長につなげていくか、新会社の方針を柴田祐司社長に書面イ...

2021年02月27日 07:00

本社売却、史上最大の赤字・・・大きく揺れる電通(4)

 電通は2013年3月、英大手広告代理店イージス・グループを約4,000億円で買収した。電通にとって過去最大の買収額だ。電通がイージスを買収したのは、12年2月に仏広...

産学官連携の事業に積極的に取り組み 地域の発展に大きく貢献する

 もうすぐ26周年を迎えるコンダクト(株)は、次の30年に向けた5カ年計画を策定した。その中身は九州大学大学院と共同研究する『まちのコミュニティ×防災・防犯セミナー』...

2021年02月26日 18:08

【総務省接待問題】東北新社 社長辞任、菅部長は異動

 総務省接待問題を受け、東北新社は本日、二宮清隆代表取締役社長の辞任を発表した。また、菅義偉首相の長男の菅正剛統括部長に対しては、就業規則に基づき懲戒処分を行い、メデ...

2021年02月26日 17:35

【新型コロナ変異株】自民党が新型コロナ対策本部感染症ガバナンス小委員会を開催

 自民党は2月24日、新型コロナウイルス対策本部感染症ガバナンス小委員会を党本部で開催した。厚生労働省から新型コロナウイルスの「変異株対策の現状について」の発表が行わ...

2021年02月26日 17:23

コロナ禍で台湾が世界への協力をアピール!~Taiwan Can Help, Taiwan is helping.(1)

 新型コロナウイルス感染症対策で、台湾は世界でトップクラスの優等生である。マスク着用やソーシャルディスタンスなどの衛生管理は徹底されているが、テレワーク、オンライン授...

2021年02月26日 16:53

コロナとトランプの先に潜む新たなデータ覇権争いと人体への影響(前)

 アメリカで行われたバイデン新大統領の就任式は前代未聞であった。なぜなら「影の主役はコロナ」といっても過言ではなく、何から何まで“異例づくめ”の展開となったからだ...

GoTo緊急事態繰り返す菅二階内閣

 菅内閣の基本原則は「後手後手、小出し、右往左往」である。コロナ対策の後手後手対応は安倍内閣から引き継いだもの。昨年1月にコロナ感染が重大視された時点から、対応は後手...

pagetop