• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年08月24日 13:30

新庁舎建設費は高すぎませんかね藤田市長(前)

筑紫野市

進み出した新庁舎の建設計画

筑紫野市役所<

筑紫野市役所

 筑紫野市の新庁舎における建設基本方針(案)の骨子が発表された。現在の筑紫野市の庁舎は古く、近隣の自治体と比較しても古く狭い印象を受ける。また、本館のほか第一別館から第五別館まであり、さらに上下水道事務所と文化財担当事務所と分散している。そのため、初めてこの庁舎に訪れた人は迷うことは多いだろう。そういう筆者も、各事業担当窓口に行くに何度迷子になったことだろう。藤田市長が市長に就任後、すぐに庁舎玄関にわかりやすい庁舎の地図を設置し、壁などを外して庁舎内のレイアウトを変更したのは当然の措置と言える。

 また、来訪者用の駐車場は本管庁舎などから県道を挟んだ場所にあるうえ、庁舎の建物自体も耐震性やバリアフリーに優れているようには見えない。とにかく庁舎としてあまり機能的とは言えないのはたしかである。市長も市民へ建設へのアンケートなどを実施し、民意を反映しつつ意見を聞いてきた経緯がある。そして今回、庁舎建設の基本方針が案として発表された。

 新庁舎の建設予定地は、森永乳業跡地(筑紫野市石崎1丁目209-1ほか)が有望である。ほかに候補地として文化会館付近があるが、文化会館用地を含むために約25,899㎡の面積があるものの、事務所の延床面積3,000㎡という制限がネックとなっている。一方、森永乳業跡地は18,366㎡の広さがあり、交通などの利便性も良い。「大方の予想として、森永乳業跡地でしょう」と同職員もコメントする。これで「いよいよ周辺の自治体に劣らない庁舎ができるのか」と期待を抱く市民も多いと思われるのだが、案の概要をよく見ると・・。

20150824_013<

森永乳業跡地


(つづく)

【道山 憲一】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月16日 17:01

【中洲クライシス】中洲のクラスター発生店はキャバクラ「JOY CLUB」 入居階はすでに封鎖NEW!

 データ・マックスの調べで、感染が確認された7人のうち30代の女性2人が、福岡市・中洲のキャバクラ店「JOY CLUB」の従業員であることがわかった...

2020年07月16日 15:38

中国で大雨、洪水が続く。死者4,000人を出した1998年大洪水の再来か

 中国の大雨が続いている。中国政府の応急管理部(防災担当)によると、7月13日の時点での被災状況は以下の通り...

2020年07月16日 14:50

ポーゲンポールジャパン(株)(東京)/キッチンシステム販売

 同社は、6月1日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任。破産手続き申請の準備に入った...

感染拡大だけでないGoTo政策致命的欠陥

 国民の利益を第一に捉えて政策に変化が生じるのならやむを得ない。しかし、国民の利益ではなく、自分自身の個人的な利益を優先して政策がコロコロ変わることは許されない...

2020年07月16日 12:32

家賃保証サービスのジャパンレントアシストコーポレーションが解散へ

 家賃保証サービスを行う(株)ジャパンレントアシストコーポレーション(大阪府)は16日、代理店、取扱店、オーナーに向け「弊社解散のご通知書」を出した。

2020年07月16日 12:10

福大、福工大に爆破予告、本日「16日16時に建物4カ所を爆破」

 福岡大学は10日、インターネットの掲示板に「福岡大学の主要建造物4カ所を7月16日(木)16時に爆破し、その後キャンパス最寄り駅のどこか1カ所付近で人混みに向かって...

2020年07月16日 11:11

お仏壇のはせがわ中興の祖・長谷川裕一氏の経営者としての最終的総括(4)2000年公的経営活動においても信用失墜

 経営者として2000年3月期において特別損失14.8億円計上することで長谷川裕一氏の責任が浮上した。ここから社長辞任へのスタートが始まった。同じことが同時に進行した...

2020年07月16日 10:43

博多スターレーン跡地のオフィスビル着工~2022年7月開業目指す

 ボウリング場やプロレスの試合会場として人気を博した「博多スターレーン」跡地で計画されている「(仮称)博多駅東一丁目計画」が、15日、着工した...

2020年07月16日 09:43

大成建設、作業員15名が新型コロナウイルスに感染

 大成建設(株)は、15日、東京都内の作業所に従事する同社従業員15名(社員11名、派遣社員4名)が新型コロナウイルスの感染検査を受け、「陽性」だったことを発表した。

2020年07月16日 07:00

イオン、連日の被災地支援に注力

 イオングループによる7月の豪雨の被災地への支援が活発化している。「災害時における物資の調達支援協力に関する協定」を、700超の地方自治体・団体と締結していることが理...

pagetop