2024年06月19日( 水 )

老朽化マンションをヴィンテージマンションへ、「改修工事業」確立を目指す技術士団体(前)

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

(一社)マンション計画修繕施工協会
九州支部

MKSフォトコンテスト受賞作品「高所作業」伴野雄三
MKSフォトコンテスト受賞作品「高所作業」伴野雄三

 日本に分譲マンションが誕生して約70年になる。1962年の区分所有法制定以降、マンションブームを繰り返しながら建設され、マンションストックは増加の一途をたどっている。近年、中古住宅に関連する国の政策も増え始めているなか、今後はマンションの大規模修繕工事の需要がますます高まってくることが予想される。全国の改修専門工事業者らで組織され、マンション改修業という業種の確立に努める(一社)マンション計画修繕施工協会(MKS)の九州支部を取り上げる。

増加するマンションストック

 現在、日本のマンションストック総数は約685.9万戸で、国民の1割超がマンションに居住していると推計される(※1)(国土交通省資料・2021年末時点)。ストック戸数は年々増加しており、なかでも築40年超のマンションは115.6万戸、20年後には約4倍の425.4万戸に増加すると見込まれている(※2)。福岡県のマンションストック数は37.1万戸、そのうち築40年超のマンションは4.1万戸―今後はマンションの老朽化への対応がより求められていくこととなる。

 一般的に分譲マンションの大規模修繕工事は、12~15年に1度のペースで実施される。修繕は建物の耐久性を維持・向上させ、居住者の安全を確保する目的で実施されるが、時代とともに住宅の水準は上がっている。バリアフリー機能を追加したり、断熱塗料を使って断熱性を向上させたり、既存建物に新たな機能を追加し付加価値を高める改修工事も含まれる。また、2050年カーボンニュートラルの実現に向けた経済産業省と国交省、環境省の3省連携による省エネ対象の補助金も用意されている。

改修業の確立を目指す

 2008年に設立された(一社)マンション計画修繕施工協会(略称MKS、坂倉徹会長)は、マンション修繕工事を専業とする正会員164社(施工業者)と賛助会員(建材メーカー等)で構成される全国団体で、東京本部を中心に北海道、神奈川、中部、関西・中四国・九州の5支部を構えている。

 MKSのミッションは、区分所有者や管理組合に満足してもらえるような良質な工事を提供する仕組みを定着させ、マンションの長寿命化を図ること。そのために全国の経験豊かな改修専門工事業者が集まり、個々の職種団体では為し得ない新しい組織として、「マンション改修業」の確立に努めている。

MKS九州支部10周年祝賀会

 MKS九州支部は、今年設立12年目を迎える。コロナ禍で2年延期を余儀なくされたが、22年10月には10周年記念祝賀会を開催。祝賀会には、政府や国土交通省、福岡県からの来賓を迎え、正会員や賛助会員を含めた100名が参加した。

 開会の挨拶で尾関正敏・九州支部長は、「九州内での情報をとりまとめ、啓蒙活動を行いながら、居住者の皆さまに安心して使ってもらえるような業者、そして信頼できる業界の確立を目指す」と述べた後、住環境を整えていってほしいとの願いを込めた寄付金を福岡県へ贈呈した。MKS会長・坂倉徹氏からは、MKSの設立に至った経緯や、東京都心で進む太陽光パネルの取り付けや電気自動車の充電器の設置など、時代の要請を受けた普及活動への協力などの取り組みが語られた。

 来賓祝辞では、国交省九州地方整備局・藤巻浩之局長が登壇。「大規模修繕や改修のバックボーンがあるからこそマンションの価値が担保され、場合によっては購入時より価値が上がるものもある。協会として住宅リフォーム事業者団体登録制度の第1号を受けられ、協会の名の通り、計画的な修繕で日本全体を引っ張っておられる先導的な役割を担っている。業界全体がより活性化し、しっかりとした住宅ストックを残していってもらいたい」と祝意を表した。

 MKS九州地区理事の穂坂博史氏は閉宴の挨拶で、「鉄筋コンクリート造の耐用年数は50年弱といわれているが、適切なメンテナンスや大規模修繕を実施することでそれを超えても快適に暮らすことができる。100年以上持たせるような改修工事を普及させていく」と会を締めくくった。

MKS九州支部10周年祝賀会にて
(左から)福岡県議会議員・原口剣生氏、
MKS九州支部長・尾関正敏氏、参議院議員・大家敏志氏、
福岡県議会議長・桐明和久氏、
国土交通省九州地方整備局長・藤巻浩之氏

(つづく)

【松本 悠子】


<INFORMATION>
(一社)マンション計画修繕施工協会
(略称:MKS)
九州支部:福岡市南区寺塚1-10-3
     ((株)ダイニチ内)
東京本部:東京都港区西新橋2-18-2
     新橋NKKビル2F
URL :https://www.mks-as.net

(後)

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事