2024年03月05日( 火 )

【統一地方選2023】久留米市議選 森崎巨樹氏が3期目の当選

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 23日投開票の久留米市議選において、保守系無所属の森崎巨樹氏(35歳)の3期目の当選が確実となった。

 森崎氏は集まった多くの支援者に対し、「市民の皆さんのご支持を得て当選させていただきました。久留米市政については、正すべきところが多いですが、取り組んでまいります」と決意を語った。

 森崎氏は1987年福岡県久留米市城島町生まれ。県立三潴高校を卒業後、立命館大学政策科学部在学中より、佐藤正久参議院議員(自民党)の秘書や古賀誠自民党元幹事長の書生を務めた。卒業後、(株)リクルートキャリアコンサルティングなどに勤務。2015年久留米市議会議員に初当選した。現在、立命館福岡県校友会幹事、久留米市議会防衛議員連盟事務局長などを務める。

 旧統一教会問題では、久留米市議会に対する教団からの働きかけを民放各局で証言した。

 今回の久留米市議選では定数36に対して現職30名、元職1名、新人17名の計48名が立候補していた。

【近藤 将勝】

関連記事