2024年02月26日( 月 )

志摩前原線の芥屋1工区が開通 観光地へのアクセス向上へ

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 福岡県では、県民が普段利用する生活道路の安心・安全の確保、主要公共施設へのアクセスの向上、災害発生時の防災機能強化などを目的に、各地域でバイパス整備を行っている。

 糸島市においては、志摩岐志エリアで主要地方道福岡志摩前原線の芥屋1工区の整備が進められてきたが、ついに6月24日(土)午後4時、開通するはこびとなった(作業状況などにより、時間が前後する場合あり)。

 同バイパスは延長1.1km、道路幅員10.5m(片側1車線・片歩道)で整備されており、開通することで、芥屋の大門などの観光スポットへのアクセス性向上が期待されている。

 また、通過交通(ある地域を通過するだけで、その地域内には目的地をもたない交通のこと)が同バイパスへ転換されることで、現道沿線の地域住民の安全・安心にも寄与する。

糸島市HPより
左:起点側より前原方面を望む
右:終点側より福岡方面を望む

【代 源太朗】

法人名

関連記事